老犬が歯周病になった時の症状は?歯石取りの治療のリスクと費用について

老犬が歯周病になったらそのまま放置?歯周病の原因である歯石を取ってあげたいですよね。でも歯周病は飼い主さんは治してあげることはできないんですよね。

 

老犬が歯周病になったら非常に困ったことになります。ひどいと顎まで腫れてきて緊急手術が必要になったワンちゃんもいます。

 

その後化膿して命を落とした院所のワンちゃんを知ってます。歯周病は人間よりも犬のほうが治療は大変になるのです。歯石取りさえも全身麻酔だと命をかけることになるんです。

 

老犬が歯周病にならないために飼い主さんが出来ることとは?また老犬が歯周病になった時の治療法と歯石取りのリスクと費用とは?

老犬が歯周病になった時の症状とは?

 

だいたいワンちゃんが口が臭いということはある程度歯周病があるということなのかもしれませんね。よくワンちゃんの散歩仲間と話すことのひとつが、

「うちの子口臭いのよ。歯周病だと思うわ。年だし」そんな話も老犬同士の飼い主の話に出てきます。

歯周病は老犬の衰えの一つ

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

口の中の臭いが歯周病の症状のひとつですが、そのほか老犬になると固いものを食べなくなったということもあります。歯周病で化膿していたり、抜けていたり固いものを噛めなくなった時など歯周病が症状として表れます。

 

老犬では飼い主さんが一生懸命歯のケアをやってあげない限り歯石はついています。高齢なので歯周病も歯石も気になりますよね。

 

歯周病の症状の一つにくしゃみをするということもあるのだそうです。犬はストレスがあるとくしゃみをしますが、わんちゃんにとって歯の痛みなどが不快感を感じているのかもしれません。

老犬の歯石取りは何歳まで?

さて、うちの老犬の歯石取り果たしてできるのだろうか?何歳まで歯石取りは可能なのか気になるところですよね。

 

歯石取りと言ったら全身麻酔が主になっていることを考えると、全身麻酔に耐えられるか、リスクを考えてやるべきかどうなのかと言ったところです。

 

全身麻酔に耐えられるかどうかは何歳なのか体力がどうなのかと言うことになるわけですが、小型犬や中型犬は10歳、大型犬は8歳くらいがシニア期に突入するので全身麻酔は非常にリスクが高くなります。

 

年齢だけの判断ではない部分を考慮しながら獣医師の診断によって歯石を取るべきかどうか判断してくれると思います。

 

犬の歯石取りはおとなしい犬で、軽度だったら麻酔なしで可能だと言われています。また最近増えたのが麻酔なしで歯石を取ってくれる専門店があります。

 

うちの近所にもありましたが、オープン記念で歯石取りは5000円でした。うちのぷぅちゃんはそのうちお願いするかも入れないなと思ってますが・・・

全身麻酔での老犬の歯石取りのリスク

うちのポメのぷぅちゃんは1度だけ全身麻酔による歯石取りをやりました。と言っても不妊手術のついでです。歯石取りだけで全身麻酔をしてという判断はおそらくしなかったと思います。

 

全身麻酔はそれだけで命を落としてしまう不幸もあります。確率的には0.3~0.1%ですので非常に少ないのですが、ゼロではないんですよね。

 

高齢犬になるほどそのリスくは高くなりますし、もともと持病を持っているワンちゃんはさらにリスクは高いものなんです。

全身麻酔のリスクが高い病気

心臓病などの循環器系

呼吸器疾患

肥満

腎臓、肝臓の疾患

そのほかにショック症状など精神的なことからショック死してしまうワンちゃんもいるのだそうです。

 

歯石取りの費用

全身麻酔による犬の歯石取りの費用は、おおむね2万円から5万円です。

 

内訳はやはり全身麻酔前の検査の費用がほとんどですね。全身麻酔に耐えていけるか、何か感染症など感染していないか、血液検査が必須でとはレントゲンなどですね。

無麻酔の歯石取りのメリットとデメリット

犬の歯石取りは全身麻酔がほとんどですが、軽度の場合とおとなしいワンちゃんに限って無麻酔で歯石を取ることができます。

 

無麻酔だったら獣医師の免許なしでできるの動物病院だけでなく、ペットサロンや専門のお店などでも最近無麻酔で歯石を取っているようです。

 

無麻酔の歯石取りのメリット

無麻酔による歯石取りのメリットはもちろんあるので、人気もあるようです。

  • 麻酔の全身によるリスクがない
  • 全身麻酔よりも安価

無麻酔での歯石取りのデメリット

  • おとなしいワンちゃんじゃないと無麻酔での歯石取りはむり
  • 無麻酔なので、深い歯周ポケットまでの歯石取りは難しい
  • 無麻酔と言えども、口の中を開けての歯石取りはワンちゃんにとって苦痛でストレスがたまる
  • 獣医師の資格がないので、大丈夫なのかと言う不安がある

老犬の歯周病対策

老犬が歯周病になってからの治療はとてもやっかいです。子犬のうちから歯磨きに慣れさせるのが一番ですね。人間同様、歯周病は歯磨き次第。

 

もしも老犬になって歯周病になって全身麻酔での歯石取りは難しいのでこれ以上歯石が付かないように悪化しないようにすることが一番です。

歯のみならず、体全身の健康を考えたドッグフードに老犬になったら見直すことも大事。

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

老犬の滑り止めマットの工夫の仕方!おしっこシートでも滑ってしまうから

老犬の滑り止めマットを探してる飼い主さんはとても多いようです。老犬が滑らないようにするためならヨガマットが良いいとか、コルクが良いとか、吸水性マットやタイルマットが良いなどネットでは書かれています。

 

私は吸水性マットで犬の滑り止めにも良いと書いてあった部分敷きや同じ大きさのコルクを何十枚も使用しています。

 

また老犬になって足の関節が弱くなって今までのトイレシートでは滑ってしまうため、いろんなところでおしっこウンチをするようになってしまっているのも最近の悩みの種です。

 

ついこの前までちゃんとトイレシートにおしっこをしていたのに老犬になってからあっちこっちにおしっこして困ってしまうという飼い主さんの悩みが出てきます。

 

その原因はトイレシートが滑って怖くてトイレシートの上に行けないから・・・そうなったら老犬の滑り止めマットなどの工夫が必要ですね。

老犬になるとトイレシートも滑る

 

うちの14歳のぷぅちゃんは普通にトイレシートでは滑ることもなくおしっこやウンチを必ずしていたのに、最近あっちこっちにおしっこやウンチをするようになってしまっているんです。

 

ぷぅちゃんのおしっこをしている姿を見ると、足から滑っている・・・やっぱり関節炎のせいで骨や筋肉が弱っているから体を支えることが出来なくなったんだと思いました。

関節炎を悪化させないためには?

老犬の弱った脚にはマッサージと温湿布とストレッチで悪化させない

トイレシートから降りる時も、3センチくらいのマットの高さがあるためうまく降りられずに転びそうになることもあります。

 

そんな思いをしているのでトイレシートの上に行くのが怖くなっているようです。フラットな状態の場所じゃないとトイレは無理かもしれない・・・

 

そう思った私はいろいろと考えました。50センチ四方のコルクの上にトイレシートを敷いたり部屋中小さなカーペットを敷き詰め、トイレシートもたくさんの場所に敷いたり。

 

フラットな状態だから、トイレシートが敷いてあるどこかでおしっこウンチをしてくれるか?な!ってね。

 

でもトイレのマットの問題ではなく、トイレシートそのものの上に行くことを恐れてきたんですよね。滑るからトイレシートの上には行けない・・・

 

だからカーペットのあっちこっちにしてあるんです。ダメだこりゃでした。何か手立てを打たないと!

老犬のおもらしはどうしたら良いの?

老犬のおもらしが始まった原因と対策とは?!トイレシートでしなくなったのはなぜ?

老犬の滑り止めマットの工夫の仕方

老犬が滑らないようにいろんなことを試しているか飼い主さん。この老犬の記事の部分冒頭にも触れた吸水性の滑り止めマット、ヨガマットなどを敷き詰めてあげると良いですね。

 

でも愛犬はもう怖いのか、トイレマットの上でもトイレシートの上でも滑ってしまうためしない!粗相の毎日。

 

老犬の滑り止めマットを工夫して何とか、カーペットを何とか汚さないでいてほしい。今私はペットショップに行ったり、ホームセンターに行ったりして愛犬が滑らないような模索をしている最中です。

 

とりあえず今は、50センチ四方のカーペットを何十枚も部屋中敷いてます。おしっこウンチはされちゃうけど、汚れた枚数だけの洗濯で済みます。

 

部屋の中で滑り始めたワンちゃんはかなり足が弱ってきてます。

私は筋肉サポートや骨の強化はサプリで補ってます。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

老犬の夜泣きの原因はなに?いったいいつまで続くのか!?

老犬の夜泣きに悩まされている飼い主さん。愛犬はかわいい。でもこんな毎日毎日夜泣きを

されると心身ともに参ってしまうし、ご近所さんの迷惑も考えてしまう!

 

老犬の夜泣きの原因がわかればいいのに・・・でもきっと老犬だから認知症が原因で夜泣きをするのかな?

 

毎日の夜泣きは一体いつまで続くのか、夜泣きに効く薬やサプリメントはないだろうか?って本気で思いますよね。

 

老犬の夜泣きの原因は認知症だけじゃない

 

老犬になると特有の夜泣きは認知症からくるものが多いのは事実です。神経の伝達が今までのようにスムーズに脳に行かないことが原因ですね。

老犬の衰えについての読まれている記事

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

そのほか、精神的なものからくることもあります。人間と同じように薬で対処することが出来るので多少の夜泣きは減るかもしれませんね。うつ症状が出ているワンちゃんには抗うつ剤、神経が高ぶって眠れていないワンちゃんには睡眠薬で落ち着くこともあります。

老化による精神的ストレス

老犬になって、今までのようにいろんなことが少しずつ出来なくなっていることに対しての精神的ストレスが夜泣きの大きな原因でもあります。

悲しい、辛い、なんで歩けなくなったの?

耳が聞こえない、目も見えなくなった!

不安だから飼い主さんのそばにずっといたい。

そんな気持ちからくる老犬の夜泣き。

飼い主さんも辛いです。

体の痛みによる夜泣き

 

関節の痛みが辛く夜鳴きをする老犬は本当にかわいそうです。老犬になると変形性関節炎と診断されることがありますが、痛みでびっこをひいている場合などは夜中も痛みがある可能性が!

 

この痛みを何とか解消してあげなくてはいつまでも夜鳴きは続くかもしれません。動物病院では消炎剤を処方してくれることもあります。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

うちの14歳のぷぅちゃんは変形性関節炎と言われました。夜鳴きも今のところはなくじっとしている分には痛みはなさそうなんですが・・・

 

夜鳴きが始まったら本当にかわいそう!そう思ってドッグフードにも神経を使っています。

夜泣きはいったいいつまで続くの?

痴呆が始まったワンちゃんの夜泣きは中々治らないかもしれません。精神的なものからくる夜泣きは薬やサプリメントで対応できることもあるので獣医さんに相談するのが良いですね。

 

関節炎の痛みによる夜泣きは痛みを取ってあげる消炎剤やサプリメントも有効的です。老犬になった夜泣きは超高齢期に入ったともいえます。

 

関節炎にも痴呆にもwで嬉しいサプリ

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

老犬の夜泣き対策

老犬の夜泣きの原因は年齢からくるもの、ストレスなどで深い眠りにつけない、関節などの痛みのほかに昼夜逆転している場合があります。

 

日中にぐっすり眠ってしまうと、夜中に眠れなくなり夜泣きをすることがあります。体内時計がずれてしまってきてるんですよね。日中は散歩に行くなどしてあまり寝すぎないよう時々起こしてくださいね。

 

夜泣きをしているワンちゃんの原因を知り、残り少ない老犬の寿命と考えてそばにいてあげたいですね。

 

 

老犬の弱った脚にはマッサージと温湿布とストレッチで悪化させない

老犬の弱った脚を何とかしたい!急に衰えた後ろ足。筋肉が減ったのか、骨がもろくなったのか飼い主さんは不安が募りますよね。

 

老化現象だと診断されたけど、このままだとますますひどくなってしまいそう!

 

実はシニア期に入った老犬の弱った脚や関節炎と診断されたワンちゃんにはマッサージをしたり、温湿布やストレッチをしてあげると足周辺の柔軟性が出てとても良いんです。

 

また筋力アップには散歩が欠かせません。散歩ができないワンちゃんはマッサージや温湿布、ストレッチをぜひ試してみてくださいね。

老犬の弱った脚にマッサージがおススメ

 

たかがマッサージ、されどマッサージで老犬の弱った脚にはマッサージがとても良いんです。人間でいえば、股関節が固くなると転びやすくなったり足腰が弱ります。

 

人間も犬も体は固いと良いことないんですよね。人間は股関節をグルグル回して、体を柔らかくすると良いと言われています。

 

ワンちゃんもそうで、固くなった筋肉をほぐしてあげるイメージでマッサージをしてください。ただ老犬にはあまりグルグルはぜずに、優しくほぐすイメージが良いですね。

 

後でご紹介する温湿布の後に軽く圧をかけるのも気持ちよさそうです。

私はもうすぐ15歳のポメのぷぅちゃんに自宅ケアと一緒にサプリを併用しています。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

足の弱った老犬には温湿布で血行を促す

 

マッサージだけでもいいのですが、余裕があれば温湿布はとてもおススメです。

 

私は電子レンジで濡れたタオルをチンしてちょうどいい温度かどうか確かめた後、うちのワンちゃんの身体に乗せます。

 

もちろんお湯の中にタオルを入れて絞ってちょうどいい温度にしてから温湿布してもOK!

 

きっと気持ち良いんでしょうね。温湿布をすると血行も良くなりますし体が温まりワンちゃんなりにリラックスします。体が温まったところでマッサージやストレッチをします。

温湿布の場所

気になるのはやはり弱った足ですが、そのほかもついでに温湿布してあげましょう。

後ろ足から1本ずつタオルが冷めないように温湿布で温めてください。出来れば足の本数だけ適度な大きさのタオルがあったほうが良いですね。

首の筋肉も老犬になるとかなり使ってますし、弱くなってますので首にも温湿布。

お腹

お腹にも温湿布

背中

背中は大きめなタオルで温湿布

温湿布の時に精油は使っていいの?

ワンちゃんにもアロマがおすすめと聞いたことがありますが、私はやめてます。うちのぷぅちゃんはどうやらアロマの香りが嫌いらしのです。

 

アロマの香りがする場所にいると、くしゃみをするのでストレスもたまるのではないかと思いアロマオイルは使用してません。

 

乾燥ハーブを不織布の中に入れて温湿布の時に利用する方法もあります。ワンちゃんは好き嫌いがありますので注意しながら使用するほうが良いかもしれませんね。

温湿布のお湯におススメなハーブ

  • ラベンダー
  • ローズマリー
  • マリーゴールド
  • カミツレ

老犬におススメストレッチ

温湿布の後は、マッサージやストレッチがおすすめ。温湿布だけじゃもったいないですね。

 

せっかく体が温まって、柔軟性が出てるときなのでそのままマッサージやストレッチをぜひ愛犬にしてあげてください。

ストレッチの場所

・肉球周り

・後ろ足前足

軽く伸ばしたり、曲げたりするだけでワンちゃんは心地よいですよ。

まとめ

固くなった老犬の足は柔軟性を持たせることで、悪化を少しでも遅らせることができます。またワンちゃん自身もマッサージ、ストレッチ、温湿布のどれをとってもリラックスしますよね。

その時間は飼い主さんとの愛情深まるスキンシップの時間になりそうですね。

老犬のおもらしが始まった原因と対策とは?!トイレシートでしなくなったのはなぜ?

うちの老犬ポメのぷぅちゃんはもうすぐ15歳。もしかしたら平均寿命ちょうど位、下手したら超えてます。

 

いろんな体の不調が出て気て不思議ではないですよね。そこで今困ったことが!

 

それは老犬のおもらし。

 

いいえ、老衰の始まり。

うちのぷぅちゃんは今まで、ちゃんとトイレにおしっこをしてました。

老犬がおしっこシートでしなくなった原因は老衰?

うちの愛犬ポメラニアンはある日を境に、部屋のあっちこっちにするようになったのです。

 

  • 原因は、トイレシートまで間に合わないから?
  • 床が滑ってしまうから、そこらへんにしたほうが楽だから?
  • 歩くのがだるいから?

 

全てです。

長生きゆえの病気もあります。

 

クッシングと言う病気もあり、肝臓の数値も高い。

そして副腎に2センチの腫瘍があるとなれば、相当体はだるいと思いますよ!

 

と、獣医師に言われました。

トイレシートまで到達できないのも、そんな体調も原因なんですよね。

 

老犬になるとおもらしをするのはなぜ?

 

今までのようにいつもと同じ場所でおしっこをしなくなって粗相が増えたこと。トイレシートを敷いてある決まった場所でおしっこをしなくなったのは老化のせいでしょうか?

 

認知症が始まったのでしょうか?

 

以前飼っていた猫も高齢になった時に同じ粗相をしてました。部屋のあっちこっちに。そのほか老犬のおもらしの原因は?

 

これまた人間と同じで、年をとると膀胱や尿道の筋肉の力が弱くなって来ます。決まったトイレにいくまで間に合わなくて漏らしてしまうんですよね。

 

そして老犬になると頻尿になることも多いです。尿取パッドを人間でも付けるようになりますが、たくさんの量のおしっこをためておくことができないから漏らしてしまう・・・

 

トイレまで行けないうちにおしっこ出ちゃう!

足の関節が弱くなってるから、楽な姿勢でその辺に出しちゃう!

 

老犬の足が弱ってきているのを見るのは飼い主として、辛いです。

私はこちらのサプリ「毎日散歩」を3カ月コースで頼んでました。

後ろ足が衰えてきたら?

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

 

飼い主としては参ってしまいます。トイレシートを交換するだけで今までは済んでいたのに、あっちこっちに粗相をするからもう大変です。

 

でも叱らない。叱ったってわからないから。むしろ、ワンちゃん自身も頻尿が辛いんですよね。トイレまでも行くのがしんどい。

老犬のおもらしが始まった時の対策

おもらしもどこにしているかによって対策も違います。寝ていてもその場でおしっこをしてしまう場合は、完全におもらしの始まり。おむつを履く時期がやってきたかもしれないですね。

 

そうしないと飼い主さんはかなり大変です。犬とは言えおしっこまみれの寝床の交換は非常に大変。

 

うちの14歳のポメのぷぅちゃんは決まったところでおしっこをする時と、困ったちゃんの時があります。

 

まだ寝床で寝ながらおしっこをもらすところまで行ってませんが、対策はしないと部屋中おしっこの臭いが充満してしまいます。

 

もうしょうがないから朝一番で散歩です。散歩に行くと、必ずおしっこをします。少しずつ何回もするので、夜中のだいぶ膀胱にたまったおしっこは排出できているんじゃないかなと思います。

老犬のおもらしが病気の場合の症状

 

大量に水を飲む病気もありますので、そこでワンちゃんに何か病気を疑うことも出てくると思います。水をたくさん飲めばその分おしっこはたくさんたまってますし、老犬であればおもらしもあり得ますよね。

 

水をたくさん飲む病気にはクッシング症候群や糖尿病があります。うちの14歳のポメのぷぅちゃんもそうです。

 

クッシング症候群のワンちゃんはたくさんの水を欲しがり、おしっこもたくさんでています。

老犬のおもらしの考えられる病気

膀胱炎

前立腺肥大

腫瘍

結石

神経の圧迫

その他、老犬になると精神的ストレスでおもらしをすることもあります。老犬のおもらしは飼い主さんは大変だけど、なかなか治るものではないですよね。

 

うちの場合はおもらしおどこにしても良いようにあっちこっちにトイレシートを敷いてみたのですが、足が弱っているので滑ってしまうのでまたほかに対策を考えなくてはと思っています。

 

各家庭、シニア期に入った老犬のおもらし対策はそれぞれですが、叱らないで高齢期に入った愛犬にたくさんの愛情を与えてあげたいですよね。

 

老犬が寝てばかりで心配な場合とは?実はたくさん寝る犬は長生き!?

老犬が寝てばかりいると、心配ですよね。もう寿命が近いのか、虹の橋を渡るのもそろそろなのかって飼い主さんは悲しくなります。

 

老犬が寝てばかり。

これって本当に大丈夫なのでしょうか?

 

寝てばかりいて食事も食べないとなると栄養不足になりますから、その点は考えなくてはなりません。でもシニア気になったワンちゃんはたくさん寝るのは普通なんです。

 

むしろたくさんねる老犬のほうが長生きをするとまで言われています。しかしいつも寝てばかりの老犬でも当たり前だと思ったら、病気のせいで体調が悪くて寝てばかりの場合もあるんですよね。

 

老犬は高齢になったから寝てばかりなのか、ほかに心配な時とはどんな時なのでしょうか?

老犬が寝てばかりは本当に心配ないのか?

老犬ってたくさん寝るのはあたり前と言うけれど、本当にそう思っていて大丈夫?

 

人間もお年寄りになるとたくさん寝ます。しょうがないと言えば、しょうがないんです。だんだんと老衰に近づいてきます。

 

身体は人間も犬も年をとれば、しんどいから起きているよりも寝ていたほうが楽なんです。と言うよりも、臓器が少しずつ弱ってきているんです。

 

細胞の一つ一つが寿命に向け、消え入りそうになってきているんです。寂しいですが、免疫が確実に落ちていってます。犬の1か月は普通に4か月経過しているそうです。

 

半年すれば、2年間生きたことになります。老犬の半年はあっという間です。

大事にしてあげたいですね。

 

老犬はあっという間に免疫が落ちます。それを補ってあげるにはサプリが心強いですね。

「犬康食ワン」プレミアムをおすすめする理由!こんなワンちゃんにこそ飲んでもらいたいサプリ

 

老犬の睡眠時間

 

健康な成犬の睡眠時間は10~15時間です。老犬になったら、18時間前後と言われています。

個人差?ありますが、老犬になるとだいぶ寝ている時間は増えますね。

 

寝ているようでも実は脳は起きていたりするのだそうですよ。レム睡眠、ノンレム睡眠の時が犬にもあるのだそうでじっと寝ているようでも実は深い眠りについてるわけではないということです。

 

人間がちょっと調子悪いな、少し横になってれば楽かな?!

みたいな感じかもです。

 

病気のせいでしんどいこともあり、しっかりと眠ってはいないけど飼い主から見たら寝てばかりだなぁと感じることもあります。

たくさん寝る老犬は長生き?

老犬がたくさん寝るということは長生きできるということなのでしょうか?深く眠っていれば、それだけワンちゃんにとっても疲労が回復しているということですね。眠りが深ければストレスも解消します。

 

深くよく寝るのは人間でも若さと健康を保てるといいます。健康であればの話ですが、老犬のワンちゃんがどこか調子が悪くなっている場合は決して眠りは深くありません。

 

その元凶となるものを取り除かないといくらたくさん寝ても疲れは取れないし、病気が悪化することもあります。

 

起きている時間があまりなく、元気がなかったら検査をしておいたほうが良いですね。

寝ている犬を起こしても良い?

 

気持ちよさそうに寝ている老犬。ムリに起こすのはかわいそうだから、散歩も行かせず起こさない!

 

高齢ではあるけど、まだ元気で歩けるのであれば寝ているワンちゃんでも起こしてあげてください。

 

加齢により老犬は日に日に筋肉が落ちてきます。散歩に行かず、足を使わなければなおおっそう筋肉は減ってきて歩けなくなる日は早くやってきます。

 

関節炎などで足が痛がっている場合は散歩よりもまずは動物病院へ。痛いのを無理するのは良くはないので、消炎剤などで対応することも大事です。

老犬の後ろ足がフラフラになったら?

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

そうではない場合は寝てばかりの老犬でも起こしてあげてくださいね。

起こしても起きない老犬はどうしたら良い?

ごはんも食べずに、寝てばかりの老犬で心配。そんな場合でも寝てて起きない場合は起こさないで良いの?それはまずいですね。

 

加齢により反応や刺激に弱くなってますが、何をしても起きない場合は様子を見るのもほどほどにしないととても心配です。動物病院で血液検査などをすると、どこかの臓器の数値に異常が見られていることもあります。

 

シニア期に入った老犬はいろんな病気にかかりやすいので、寝てばかりが心配なものなのか加齢によるものなのか検査をしておくと飼い主さんも安心ですね。

 

老化や病気が原因で寝てばかりのワンちゃんになってくると介護を考える時期です。

老犬が寝たきりになった時の介護の工夫と床ずれ対策

病気が原因でたくさん寝る

うちのぷぅちゃんは去年クッシング症候群と言われました。クッシング症候群のワンちゃんはたくさんねるのだそうです。

 

甲状腺機能低下症、変形性関節炎などの場合も体調不良になり寝てばかりということもあります・・・

 

よく寝て、よく食べ、元気だったらたくさん寝ても心配ないかなと思います。ただし、高齢犬は免疫が弱って何かしらの病気になることも多いのです。寝すぎているなと感じたら獣医さんに相談を!

老犬は手作りごはんだけでいいの?14歳のぷぅちゃんはこれを食べて元気!

老犬になってくると、手作りごはんに切り替える飼い主さんが多いですね。カリカリを食べなくなってきたし。

 

周りのシニア期に入ったワンちゃんも手作りフードに変えてきているから!でも老犬に手作りのごはんだけで本当に大丈夫なのでしょうか?

 

手作りごはんで老犬に栄養は足りているのでしょうか?

 

カリカリは全く食べなくなったけど、手作りごはんなら食べてくれるという老犬はけっこういますね。

 

ただ心配なのは、万能栄養食であるカリカリから手作りフードに替えて栄養のバランスがどうなのか悩むところでもあります。

 

そこでうちのもうすぐ15歳になるポメラニアンのぷぅちゃんの栄養を考えた手作りごはんのご紹介をします。

老犬は手作りごはんだけでいいの?

 

うちの子、カリカリ食べなくなったのよ。

一度手作りごはんを作ったら、味をしめたらしくカリカリのドッグフードは食べなくなったのよ。

でも喜んでいるし、手作りのほうが安心だしと思ってもうドッグフードはあげてないわ。

そんな飼い主さんが多いんです。

 

カリカリを食べなくなった老犬に手作りごはんを与えてるけどそれだけで栄養のバランスは良いのか心配ですよね。

 

手作りごはんは良いのですが、それだけじゃ犬に大切な栄養素が足りません。

それを補ってくれる栄養バランスの整ったのがモグワンドッグフード。

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

老犬の手作りごはんのデメリット

老犬に手作りごはんをあげると、喜んで食べてくれるしそこそこの栄養を考えてご飯を作っているし。。。

 

栄養を考えた手作りごはんなら安心ですよね。でも万能どうか?シニア気になると、免疫が落ちてきます。いろんな臓器に支障が出てきます。

 

消化の良い材料を使っているかどうか?免疫強化の材料が手作りごはんに入っているかどうか?高齢犬になって悩みの種が足腰の関節炎。筋肉や骨も弱くなって来ます。

手作りごはんでは補えない栄養がある

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

これらは手作りごはんだけで補って行くのは至難の業です。寝たきりになる前に、体の強化はかなり大切ですね。

 

優秀なカリカリは免疫強化や骨を丈夫にしたり消化の良い材料を使っているので、できれば食べさせてあげたい!

 

カリカリをお湯にふやかしたり工夫をして、手作りごはん以外のものも与えるとワンちゃんの体調管理に安心ですね。

14歳のぷぅちゃんの手作りごはんレシピ

 

老犬になった愛犬に手作りごはんを頑張っている飼い主さんはたくさんいると思います。手作りごはんは作るのが大変でも、愛犬がおいしそうに食いついて食べてくれるのを見ると作ったかいがありますよね。

 

でも毎日となると、忙しい飼い主さんは老犬に手作りごはんを作るのも大変。カリカリだけだったときは何て楽だったんだろうてね。

 

だから私は老犬になった14歳のポメのぷぅちゃんにはシンプルな手作りごはんを作ってます。

老犬の簡単手作りごはん

14歳、もうすぐ15歳の老犬ポメのぷぅちゃんはこれを食べて元気!野菜とお肉をゆでるだけ簡単メニュー。

野菜はその時の気分で品を変えます。前回と1種類野菜の種類を変えてみるとかね。

野菜

大根

ニンジン

白菜

キャベツ

ブロッコリー

サツマイモ

かぼちゃ

大体これらをローテーションします。

その中で必ず入れるのがニンジンです。

豚肉

鶏肉

肉の種類

細切れ

バラ肉

ひき肉

これらもローテーション。時々、豆腐を入れたりしています。毎日の豆腐はあまりよろしくないから。

タンパク質がないなと思ったときは、買い置きのツナ缶。水煮がよろしいかと思います。オイル漬けの場合はお湯で洗います。お豆腐とツナはほかのタンパク質がない時だけの補充

魚は結構注意が必要な場合があるようでして、面倒なので思いっきりはあげてません。タラの煮たもの、焼いたものはあげてます。青魚はちょっと難しい面もあるようなので、与えるとしても少しだけ。

 

魚と言ったら、ペット用の煮干しをあげてます。大好きなので、おやつに常備してます。

老犬がごはんを食べないときの工夫

カリカリは食べなくなった老犬。飼い主さんは困ります。とても心配。だから手作りごはんを作ってみると、食べるんですよね。

それでも食べない?

少し温めると匂いにつられて食べてくれます。今まで好きだった食べ物も食べなくなった場合は、加齢だけではなく病気かもしれないですね。

高齢犬はすぐに栄養失調になりますので、動物病院へ。

まとめ

老犬がカリカリを食べなくなったら手作りごはんで工夫してとにかく食べてもらうこと。でもカリカリは栄養があるのでお湯にふやかすなどの工夫もして食べてくれたら飼い主さんも安心ですよね。

カリカリのドッグフードも負担がなく、消化吸収が良いものを選んであげたい!

完全に寝たきりになるのを少しでも遅らせるために。

 

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

シニア犬は何歳から?

犬種、ワンちゃんの大きさによってシニア犬になる年齢が違います。小型犬と中型犬は大体7歳くらいから。大型犬は5歳くらいからシニア犬と呼んでいます。

 

でも実際はそこまで老犬には見えないですよね。でも着実に年々衰えていくんです。老犬になったかなと思う兆候は必ずやってきます。

 

シニア犬、高齢犬の健康管理次第でワンちゃんの健康にも差が出てきます。

老犬になった時の兆候と見た目

 

シニア犬と言われる年齢になると、見た目でわかるようになって来ます。

何もしなくても「あ、このワンちゃんけっこう高齢かも!」

そう感じるのは、毛、目、体系。

 

毛は薄くなっていき、白髪もわかるワンちゃんもいますね。フサフサだった毛量が貧弱になって、かなり毛が抜け落ちたのを感じ取れます。

老犬のもう一つの悩み、皮膚疾患どうしてますか?

アヴァンス犬用化粧水を皮膚疾患におススメする理由

目は白くなり、白内障になっていきます。

体形は前かがみ、頭、首が垂れてきます。

歩くと、トボトボ。

歯周病が進んで歯石がたまっている

老犬が歯周病になったら?

老犬が歯周病になった時の症状は?歯石取りの治療のリスクと費用について

老犬の兆候

老犬の兆候は見た目以外でもわかっています。

  • 散歩の時の歩き方
  • 後ろ足の衰え
  • 食欲
  • 寝てばかり
  • チャイムの音に反応しない
  • 粗相が多くなる

飼い主さんもショックなら、ワンちゃんもなんで今までのように出来なくなったんだろうと悲しいんですよね。

 

もしも粗相をしたり、食べ散らかしても叱らないでください。内臓機能も衰えていますので、食欲もなくなって来ます。

老犬の健康管理

シニア犬になり、老犬の兆候が表れたら今まで以上に愛犬の健康管理をしなくてはどんどん衰えていきます。

 

食欲がなくなって今までよりもドッグフードを食べなくなったら栄養が足りなくなりますね。そうなると、体重も減り筋肉も落ち骨も弱くなります。

愛犬がご飯を食べなくなった?

老犬は手作りごはんだけでいいの?14歳のぷぅちゃんはこれを食べて元気!

そして身体全体の臓器の機能も衰え始めてきます。ここで免疫を高めてあげないと、一気に体調が悪くなってくるんですよね。

 

昨日まで元気だったのに、急に立てなくなった!

急の下痢や寝たきりに・・・

 

老犬だからしょうがないと開き直るのか、まだ元気でいてもらいたいと思うのか?シニア期には飼い主さんの心がけ一つでワンちゃんの健康管理もうまくいきますよね。

  • 食欲がなくなったら、食欲が出る工夫をする
  • 今までのドッグフードの見直しも大事を与える
  • ワンちゃんの体調に応じたサプリメント

老犬の兆候が見られたら

 

今よりも来年は4歳もまた年をとるワンちゃん。来年の今頃も元気でいてほしいですよね。頻尿になっているワンちゃんは、加齢だけではないかもしれないので動物病院へ。

 

腎臓、肝臓、心臓の各臓器の機能も弱っている高齢犬は飼い主さんが見て愛犬が元気であっても半年に1回は動物病院で定期健診をおすすめします。

 

糖尿、血圧、ホルモン過多など目に見えていない老化や病気が隠れているかもしれません。早めの発見で投薬などの治療をすれば重要にならなくてすむこともあります。

シニア犬の愛犬がこんな症状が表れたら?

シニア犬になり、老犬ならではのいろんな症状が見られたら飼い主さんはできることはしてあげたいですよね。

 

足が弱くなり散歩がおぼつかなくなったワンちゃんの工夫

滑らないように部屋の床を工夫

 

寝たきりになったらまたその都度対処する必要もありますが、シニア犬の兆候が見られたら愛犬の今後のことなど健康管理はとても大事ですね。

 

抗酸化作用など健康を考えたドッグフードは老犬にこそ与えたい!

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

老犬になると衰えはまず足に出ます。

 

後ろ足がおかしい!

 

散歩の時にはゆっくり歩いたり、途中で立ち止まったりするようになり飼い主さんはそんな愛犬を見て老化を感じるようになります。

 

後ろ足に変化が出たら、加齢による関節炎と診断される場合が多いです。

何とかして関節炎の進行を遅らせたい!

 

飼い主さんがワンちゃんにしてあげられることは?

高齢犬になって衰えた後ろ足の関節炎に何か良いサプリはあるのでしょうか?

後ろ足が関節炎になった時のおススメサプリメント

 

老犬の後ろ足が関節炎と診断されたとき、または獣医さんにまだ診せてなくても、「あ~、きっと加齢で骨が変形したのかな、筋肉が弱ったのかな?」

 

と飼い主さんはきっと感じると思います。

 

動物病院に行く前に、骨を強化するサプリメントはないだろうか、どんなサプリメントがうちの子に合うんだろうか?

 

市販でもサプリや骨強化のドッグフードは売っているようだけど、どれを選んでよいかわからない!きっとそう思って言う飼い主さんは多いと思います。

関節炎のおススメサプリメントのポイント

  • 軟骨をサポートする成分が入っているかどうか
  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • アミノ酸、ミネラル、ビタミン類
  • ある程度名前が知られている
  • 公式ページに信用できる内容が書いてあるかどうか
  • 続けられる金額である
愛犬の関節炎に悩んだら!
 

→毎日散歩公式サイトを見てみる・・・愛犬用関節サプリメント【毎日散歩】

老犬の後ろ足がフラフラになったら?

愛犬がシニア期に入ったと感じるのが、後ろ足の衰えです。

老犬の後ろ足の変化に気が付いたら、食事以外にも健康管理は大切です。

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

飼い主としてはどうしたら良いか・・・このまま悪化していくのだろうか?動物病院にとりあえずは行ってください。

 

レントゲンを撮って診断を仰ぐようになると思います。「あ、やっぱり変形性関節炎になっているね」と言われることがほとんどだと思います。

 

うちの老犬はもうぐ15歳のポメラニアン。やはり後ろ足がフラフラしてきました。どうしたら良いのか、悪化させないためには?うちの子は数か月前クッシングと診断されています。

 

ついでに?弱った足の事をと聞くと、「ターミナルケアに入るということです」私はそういわれました。ターミナルケアと言うと、人生の終末期ですよね。悲しいけど受け止めなくてはなりません。

 

そして家では滑らないように床を工夫してくださいとも言われると思います。そんなこと言われなくても、もう床の工夫はやってますが。

 

コルクだったり、ゴムのようなものだったり1枚が50センチ四方のものを部屋中、ワン子が歩くところへ敷き詰めています。

関節炎の老犬の散歩はどうする?

 

 

歩けるのであれば散歩は行ったほうが良いのです。

 

筋肉は付けないとどんどん減っていきます。座り込んだり、立ち止まったら無理はさせないでいいのです!

 

またナックリングと言って足の甲で歩くことがあります。足の骨や筋肉が若いころのように丈夫ではなくなっているので、どうして足の甲を使って歩くようになります。

 

足の甲が汚れてたり擦れていたり毛が薄くなったら、足の老化はかなり来ているということかもしれないです。

まとめ

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になっても散歩は筋肉を弱らせないため、そして外の景色を見せて刺激を与えるためにも散歩は無理のない程度に連れていってください。

 

後ろ足が今以上に弱くなって歩けなくなって来たら、胴衣付きのハーネスで補助してあげることも良いですね。

 

サプリも愛犬の関節の強化のためにも必要かなと思います。また免疫を強くすることも老犬にとっては必要です。ドッグフードにも良質のタンパク質が入ったものをぜひ選んでくださいね。