ペットロスになるのが怖い!亡くなる前から辛い症状が出ているのは鬱?

ペットロスになる人が最近とても多く、朝日新聞の一面にもペットロス特集が出たほどです。

 

飼うときは、愛くるしいワンちゃんが病気になったり老犬になってやがて弱ってなくなるなんて思いません。

 

でも、生き物を飼うと必ずいつか亡くなるのです。

飼い主さんよりも早く亡くなって幸せなのです。

 

そう思うことが、自分に納得する一番の答えなのです。

 

ペットが亡くなる前からペットロスになる飼い主

まだ生きているうちから、ペットロス状態になっている飼い主さんも多いの知ってますか?

亡くなる前から、飼い主さんがペットロスになり鬱状態になってしまうのです。

 

ペットロスになってしまうんじゃないかと怖いのです。

➡老犬になった愛犬を看取る覚悟はいつ頃からしてますか?

 

私もそうでした。

老犬になり、脚は弱くなり臓器もいろいろと問題が出てきます。

 

老衰で亡くなるというワンちゃんがいるというけど、老衰と言うことは細胞が衰えて様々な臓器が生きていくのに耐えられなくなってきた証拠。

 

色んな薬を飲んで、4か月に人間でいえば1歳年とっていく老犬。

見ていてたまりません。

 

あんなに元気よく走り回って、大好きだった散歩。

道に愛犬を置いて散歩させようとしても歩こうとしません。

 

しんどいのかな?

脚が痛いのかな?

 

そこからはもう抱っこで散歩。

 

それだけでもワンちゃんは気がまぎれます。

でも飼い主さんは、覚悟をするころ。

 

そうなると、愛犬が生きていても亡くなっていないのにペットロス状態。

本当に亡くなってしまったら、私は耐えられるだろうか?

 

そう思っていました。

 

老犬が亡くなる兆候と、覚悟は半年前くらいから

うちのわんちゃんは14歳ちょっと前位までものすごく元気でした。

でも、動物ってわからないですよね。

 

保険に入らなくて良かったわぁと思ったのもつかの間。

14歳を過ぎ、半年たったころからいろんな変化が出てきていたのです。

 

健康診断で、臓器の数値がわかります。

目に見えて飼い主さんはわからなくても数値には悪い変化はもう出ていたのです。

 

そこで、「クッシング症候群」という病気が判明しました。

余命を告げられました。

 

  • 何もしなければ1年。
  • 薬を飲んで2年。
  • 腫瘍もあるので、手術を併用すれば3年。(ただし、手術の成功率は半分以下)

 

もうすでに14歳です。

どちらにしても寿命の年齢に行きつく年になります。

 

だからと言って何もしないことは飼い主としてほっておけません。

薬を飲ませる選択をしました。

 

ほかのワンちゃんも亡くなる半年前からいろんな病気が出てきたと聞いてます。

 

ペットが亡くなって、ペットロスになる飼い主の心境

私の愛犬は、15歳と3ヶ月で愛犬は虹の橋へと逝ってしまいました。

ちょうどその半年前から、1週間に1~3回くらい動物病院へ通ってました。

 

辛い状態で、亡くなるまで半年頑張ってくれたんです。

ある日の朝、リビングで亡くなってました。

 

まだ温かい。

愛くるしい顔をしてました。

 

まだ鮮明に覚えています。

亡くなる時期はそろそろだなと覚悟はしてても、相当辛いです。

 

15歳と言えば、人間でいえば高校3年生です。

ずっと一緒にいて、意思疎通も出来て自分のこと人間だと思って・・・

 

こんなに私を信頼しきって、目を見てまるでいつも笑っているようでした。

それがプツリと途切れてしまたのです。

 

その日から私は、食欲なしです。

あれから1年と3ヶ月。

 

忘れたことは一度もありません。

 

もう一度フワフワで柔らかい体を抱きしめてあげたい!

 

夢で見ました。

うちのワンちゃんが目の前にいたのです。

 

良かった!

死んでなかったんだ!

 

目が覚めました。

現実に戻り、私の目は真っ赤っか。

 

毎日食欲がない状態になった私。

可愛かった愛犬がいなくなってしまった!

 

耐えることが辛すぎて、朝から何も食べれません。

これでは、倒れてしまうと思い無理に口に物を入れてました。

 

もはや食事を楽しんだというものではありません。

1年3ヶ月で10キロ痩せた私。

朝目覚めると、心臓がドキドキ。

 

悲しみのあまり、自分が死んでしまうんじゃないかなと思うくらい。

これじゃダメだと思い、心療内科に行きました。

 

朝方、どきどきして夕方良くなるのは「鬱症状」になっている可能性があります。

と言われました。

 

あれから1年以上、少しずつ最近は体重が増えてきました。

食事も普通に食べられるようになってきたからです。

 

よくここまで、克服で来たなという感じです。

とは言っても、食欲が戻ったというだけで愛犬のいなくなった悲しみは変わりません。

 

ペットロスの克服法なんてないです。

時間と共に、自分の気持ちの変化が少しずつ上向きになるのを待つだけです。

 

可愛いかったね!

今でも大好きだよ!

忘れないよずっと!

 

ペットロスは自分で、時間と共に克服していくものだと思いました。

同じペットロスを経験した人と話すのも、気持ちが楽になると言います。

➡ペットロス寂しい気持ちはいつ克服するの?うつ病になりそう!

 

それはいっときだけ。

ペットロスは飼い主さんの心の変化を時間が解決するものだと、思いました。

老犬オムツの時期いつからがタイミングが良いの?犬にストレスは?

老犬になると、おむつが必要になる時が来るんですよね。

 

うちの愛犬はなんと、オムツを買って1度だけ使ってその状態であくる日の朝亡くなってしまいました。

 

紙おむつが1枚だけ使い、後は残ってしまいました。

ちょうど孫に使うのにちょうど良かったので、無駄にはなりませんでした。

 

老犬をおむつを使うタイミング、時期って犬によって違いますが、時期的にいつ頃が良いのか身を持って知りました。

 

またオムツをすることによって、犬にストレスがないのかも気になりますよね。

 

老犬がオムツを使う時期いつ頃が良い?

うちの愛犬は認知症もなかったと思いますが、かなり足が弱ってきてました。

 

そのせいで、今まではちゃんとトイレで用を済ませてたのに、そこまで到達できなくなったのです。

家のあらゆるところで犬のしたいタイミングでおしっこをするようになりました。

 

そのため、人間が歩いて濡れていることがわかり、あ、ここでもおしっこしてる!

あっちでもこっちでも!

 

本来のトイレの場所でおしっこが出来ないのは、体調が原因なんですよね。

 

もうこの際リビングのあちこちにトイレシートを敷きつめました。

トイレまで行くことがしんどくなった時期なんだなと思ったのです。

 

そんな状態の時は、オムツを当てるタイミングの時期ですね。

プラスワンちゃんの脚の弱った時期がまさしくオムツの必要なころだと判断してよいと思います。

 

おむつは人間用と犬用どっちがおススメ?

うちの愛犬はポメラニアン。

お尻は小さいです。

 

いろいろと犬にするオムツを調べたら人間の赤ちゃんようので十分だということがわかってましたので人間の赤ちゃんのを買っていたのです。

 

 

「メリーズ」

有名ですよね。

 

尻尾のところを穴をあけて使えば、犬用のオムツを買わなくても代用が出来ます。

穴を開けたところにガムテープでぐるっと張りつける飼い主さんもいるようです。

 

私は穴を開けたままでした。

パンツタイプではなく、テープ式のものです。

後ろと前を反対に使ったほうが良いということもネット情報にはありました。

 

老犬に使うおむつは人間用のようで十分。

 

そして金額的にも、犬用のおむつは高いので人間用を使っている飼い主さんがとても多いと聞きました。

老犬にオムツをさせることは、ワンちゃんにストレスはないの?

今までオムツなんかしていなかったのに、お部屋が犬のおしっこで汚れるからと犬にオムツをさせて可愛そう?

 

そう思う反面、かえてワンちゃんにオムツをさせてあげたほうが良いメリットもあります。

老犬はおしっこをするときに、体を浮かせてすることがあまりできなくなってしまってます。

 

脚のほうまでビチョビチョ。

若い時には、犬って綺麗好きなんだな。

 

自分のおしっこが身体にかからないように工夫して女の子でも、足を浮かせてるのでした。

でも年老いた愛犬にはその力がなくなってきているのです。

 

おしっこをすると、脚やおなかもおしっこで濡れてしまっていることも多くなっているのです。

 

そうなると、ワンちゃんについた濡れたおしっこの毛をきれいに拭きとってあげなければなりません。

 

そこら中におしっこをするから、犬の足もいつの間にかおしっこを踏んでしまって濡れていることもしょっちゅう。

 

犬は綺麗好きですから、自分の身体が濡れていたりすると不快なのです。

 

でも何も言えない・・・

 

脚さえまだまだ強く丈夫だったら、トイレに行けるのに。

 

 

人間も床の拭き掃除と、ワンちゃんの毛を綺麗にぬぐってあげたり大変です。

 

犬もふがいなさを犬なりに感じているでしょう。

そうなったらオムツのほうが飼い主さんにとっても、ワンちゃんにとてもストレスはないのです。

 

ワンちゃんも初めてのオムツに戸惑いますが、慣れればそのほうが楽です。

 

また老犬がオムツをするころは、寝たきり又はあまり遠くない時期に逝ってしまうことも覚悟しておくことも必要です。

 

とにもかくにも、ワンちゃんの脚を丈夫にさせておくことも寿命を延ばすのにかなり重要な部分であることは間違いありません。

➡毎日散歩は本当に犬の関節におススメなサプリなのか検証してみた!