老犬になると、おむつが必要になる時が来るんですよね。

 

うちの愛犬はなんと、オムツを買って1度だけ使ってその状態であくる日の朝亡くなってしまいました。

 

紙おむつが1枚だけ使い、後は残ってしまいました。

ちょうど孫に使うのにちょうど良かったので、無駄にはなりませんでした。

 

老犬をおむつを使うタイミング、時期って犬によって違いますが、時期的にいつ頃が良いのか身を持って知りました。

 

またオムツをすることによって、犬にストレスがないのかも気になりますよね。

 

老犬がオムツを使う時期いつ頃が良い?

<スポンサーリンク>

うちの愛犬は認知症もなかったと思いますが、かなり足が弱ってきてました。

 

そのせいで、今まではちゃんとトイレで用を済ませてたのに、そこまで到達できなくなったのです。

家のあらゆるところで犬のしたいタイミングでおしっこをするようになりました。

 

そのため、人間が歩いて濡れていることがわかり、あ、ここでもおしっこしてる!

あっちでもこっちでも!

 

本来のトイレの場所でおしっこが出来ないのは、体調が原因なんですよね。

 

もうこの際リビングのあちこちにトイレシートを敷きつめました。

トイレまで行くことがしんどくなった時期なんだなと思ったのです。

 

そんな状態の時は、オムツを当てるタイミングの時期ですね。

プラスワンちゃんの脚の弱った時期がまさしくオムツの必要なころだと判断してよいと思います。

 

おむつは人間用と犬用どっちがおススメ?

<スポンサーリンク>

うちの愛犬はポメラニアン。

お尻は小さいです。

 

いろいろと犬にするオムツを調べたら人間の赤ちゃんようので十分だということがわかってましたので人間の赤ちゃんのを買っていたのです。

 

 

「メリーズ」

有名ですよね。

 

尻尾のところを穴をあけて使えば、犬用のオムツを買わなくても代用が出来ます。

穴を開けたところにガムテープでぐるっと張りつける飼い主さんもいるようです。

 

私は穴を開けたままでした。

パンツタイプではなく、テープ式のものです。

後ろと前を反対に使ったほうが良いということもネット情報にはありました。

 

老犬に使うおむつは人間用のようで十分。

 

そして金額的にも、犬用のおむつは高いので人間用を使っている飼い主さんがとても多いと聞きました。

老犬にオムツをさせることは、ワンちゃんにストレスはないの?

<スポンサーリンク>

今までオムツなんかしていなかったのに、お部屋が犬のおしっこで汚れるからと犬にオムツをさせて可愛そう?

 

そう思う反面、かえてワンちゃんにオムツをさせてあげたほうが良いメリットもあります。

老犬はおしっこをするときに、体を浮かせてすることがあまりできなくなってしまってます。

 

脚のほうまでビチョビチョ。

若い時には、犬って綺麗好きなんだな。

 

自分のおしっこが身体にかからないように工夫して女の子でも、足を浮かせてるのでした。

でも年老いた愛犬にはその力がなくなってきているのです。

 

おしっこをすると、脚やおなかもおしっこで濡れてしまっていることも多くなっているのです。

 

そうなると、ワンちゃんについた濡れたおしっこの毛をきれいに拭きとってあげなければなりません。

 

そこら中におしっこをするから、犬の足もいつの間にかおしっこを踏んでしまって濡れていることもしょっちゅう。

 

犬は綺麗好きですから、自分の身体が濡れていたりすると不快なのです。

 

でも何も言えない・・・

 

脚さえまだまだ強く丈夫だったら、トイレに行けるのに。

 

 

人間も床の拭き掃除と、ワンちゃんの毛を綺麗にぬぐってあげたり大変です。

 

犬もふがいなさを犬なりに感じているでしょう。

そうなったらオムツのほうが飼い主さんにとっても、ワンちゃんにとてもストレスはないのです。

 

ワンちゃんも初めてのオムツに戸惑いますが、慣れればそのほうが楽です。

 

また老犬がオムツをするころは、寝たきり又はあまり遠くない時期に逝ってしまうことも覚悟しておくことも必要です。

 

とにもかくにも、ワンちゃんの脚を丈夫にさせておくことも寿命を延ばすのにかなり重要な部分であることは間違いありません。

➡毎日散歩は本当に犬の関節におススメなサプリなのか検証してみた!