老犬は体のどこかにだんだんと痛みを感じてきます。

 

でも痛みがあるのかわかんない!

 

もちろん痛みがあってもそれを見せないんですよね。ワンちゃん本来の習性で痛みを見せないんです。

 

もともとの野生動物としての弱みを見せたくないということ、痛みに対しての我慢強い面もあるということ。

 

でも老犬の痛みはどこかに隠れていることもあるんです。どこかに痛みがある場合のワンちゃんの行動とサインとはどんなものなのでしょうか?

 

うちの14歳のポメのぷぅちゃんは痛みに対してこんなサインがありました。

老犬の痛みのサイン、ぷぅちゃんの場合

ワンちゃんが体調が思わしくないときは、痛みの時に苦しい、嘔吐を伴うときなど気持ちが悪いなどがあります。

 

今までうちのぷぅちゃんが痛みらしい行動とサインを見せたのはやはり足でした。シニア期になって14歳のお誕生日を迎え半年が過ぎたころです。

 

足の様子がおかしい!歩き方も変。

 

これは痛いから普通に歩くことが出来ないのだろうと、即動物病へ行きました。足がおかしことを伝えると獣医師はぷぅちゃんの年齢でもう関節炎だとわかっていたようです。

 

レントゲンを撮りましたが、本人の口から痛いかどうか確認できないため?

 

ただ変形しているだけなのか、それとも痛みを伴った関節炎なのかわかりませんでした。

 

獣医師も犬が足の痛みがあるかどうかは見た目のレントゲンでもわからないのです。

 

消炎剤を1週間飲んで歩き方が良い方向に変化が出た場合は、今回は痛みがあったという判断になりますと。

 

消炎剤を飲み切っても足の変化はありませんでした。今も変ですが、そこまで悪化はしてません。

 

昨年よりも転びやすくなったのは、痛みが以前よりも出てきたのか足の変形がひどくなったのか、筋肉量が減ったのかわかりませんが。

 

急いで足の関節炎の情報を知りたくてネットで調べたものでした。

 

その結果マッサージや温湿布など自宅でできることをしつつ、関節炎で辛いワンちゃんのケアサポートにこれだと思ったサプリを飲ませるようにしたのです。

悪化していないぷぅちゃんの足はこのサプリのおかげだと感謝!

毎日散歩は本当に犬の関節におススメなサプリなのか検証してみた!

老犬の痛みの行動やサイン

どこかに痛みを感じている場合はいろんな行動やサインが表れます。

  • じっとして動かなかったり寝てばかりいる
  • 息が荒い
  • 瞳孔が怪しい、いつもの目つきと違う
  • お腹の痛みは祈りのーズをする
  • 震える
  • 舐める
  • 抱っこさせない

まとめ

愛犬が苦しい時、痛みを感じているサインを見せた時はなにか危機が迫っていることもあります。関節など骨の痛みもあれば、お腹がいたいという時もあります。

関節炎には飼い主さんのケアが大切

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

老犬になったらとにかく検査!

 

検査をすればそれにあった薬を処方してくれます。ただ薬を飲んだからと言って治る保証もありませんが長生きする秘訣でもあるんですよね。

 

そして検査をすれば必ずと言ってよいほど何か数値に異常が出ていて引っかかってしまう!

 

え~、またか!

どうしよう!

 

と思いますが、毎回こんな感じだと飼い主である私がくたばってしまいます。老犬だから色々と出てきてもしょうがないんだ!

そう思うようにしています。

 

こっちが不安になったら犬のほうも飼い主の心を読み取って悲しくなるそうですから。