老犬の無駄吠え対策とは?鳴き止まない犬をやめさせることはできるの?

老犬になると、無駄吠えが増えて困るという飼い主さんの声が増えます。

その原因は、認知症からの無駄吠えが増えてくるから。

 

寝たきりになっても一日中泣き止まない老犬。

これでは飼い主さんもストレスがたまります。

ご近所さんへの迷惑も気になってしまいます。

 

老犬になった愛犬の無駄吠えをやめさせる対策は何かあるのでしょうか?

 

老犬になると認知症が理由で無駄吠えが増えるの?

犬の老化現象で認知症により寝たきりになっても、1日中鳴き止まない愛犬で疲れ果てている飼い主さん。

 

これには疲れ果てて、相当ストレスがたまってしまうと悩んでいる

飼い主さんも少なくありません。

 

老犬になっても無駄吠えをしない対策はないのか、

相当悩んでいろいろと考えますよね。

 

では、どんな対策があるでしょうか?

 

寂しくさせないこと

 

認知症になり、寂しくて今まで以上に無駄吠えをして

しょうがないワンちゃんもいます。

 

そんなワンちゃんには寝床の工夫を。

 

飼い主さんのそばに一緒に寝てあげることで寂しくさせないのことができます!

 

それでワンちゃんは少し心が落ち着きます。

 

眠れないから無駄吠えをする老犬への対策

 

老犬になると眠れないワンちゃんも増えてきます。

 

認知症が入っているとなおさら眠れなかったりするんですよね。

 

そうなると、無駄吠えをしてしまう。

飼い主さんは眠いのに。

 

そんな時に、獣医さんに相談すると「睡眠薬」を処方されることもあります。

ただし、寿命がやや短くなるとかネットの書き込みがありましたのでそのあたりは慎重に。

 

老犬に痛みやストレスはないか?

犬はしゃべれないので、痛みやストレスを無駄吠えで表現するしかない場合があります。

 

獣医さんに相談してください。

そして検査をすると、どこか異常が見つかることもあります。

 

痛みや、だるさの原因が血液検査やエコー、レントゲンでわかることもあります。

まずは無駄吠えの原因をいろんな角度からみてみると良いですね。

 

老犬の無駄吠えの対策

色んな検査をした結果、無駄吠えの異常が見つからなかった場合もあります。

 

ストレス、甘え、寂しさなど等は犬の気持ちからくるものなので

飼い主さんが何とかしてあげるしかありません。

 

もしそれが原因で無駄吠えをするのであれば、対策はいくつか方法はあります。

 

吠えたら「無視」

静かにしてたら「褒める」

荒療治➡吠えたら犬にとって嫌な大きな音を出し、驚かせる

 

老犬は自分の老化が辛いので、納得がいかなく寂しくなり

甘えたい気持ちになり無駄吠えをします。

 

老犬の命はそんな長くありません。

 

無駄吠えをしてしまって、ご近所に迷惑をかけてしまう部分はなんとか

対策を練ってそれ以外は甘えさせてあげてください。

 

老犬になって、認知症から無駄吠えをするワンちゃんばかりではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください