いつも一緒にいる愛犬に大量のフケが付着していたり、

最近特に普段フケが多くなったと困ってしまっていませんか。

 

人間にもあるだろうと特に心配もしないという人もいますが、

実はフケは老犬になればなるほど多くなってしまいます。

 

そして、フケがあるのに放置をしてしまうと病気を

見逃してしまう事もあります。

 

そこで、老犬とフケの関係性や対処法についてご説明します。

 

老犬のフケは多い?フケが出来る原因のメカニズムとは?

 

トリミングサロンから帰ってきたときはフケは大丈夫なのに、

すぐにまた出てきて困っている飼い主さんも少なくないですよね。

 

抜け毛も困るけど、それよりも犬のフケが皮膚病が原因だったら心配です。

 

そもそもどうしてフケが出来てしまうのでしょうか。

 

フケは新陳代謝の一つとして古い皮膚が剥がれ落ちたものです。

要らない角質が取れてスッキリですが、

それは何か原因があるかもしれないのです。。

 

異常なフケの多さは何か?

 

  • 免疫力低下による皮膚の異常
  • 栄養状態が良くない
  • シャンプーのすすぎ残し
  • シャンプーが合ってない
  • ストレス
  • フードが合っていない

といった様々な原因によってフケが多くなってしまいます。

 

老犬のフケがすごいのは病気が理由の場合がある

<スポンサーリンク>

フケがすごく多い、はらったのにまたすぐにフケが出てしまう

という場合は病気が考えられます。

 

フケの出る病気

ツメダニ症

脂漏症

疥癬

 

そのほか、内臓疾患が原因でフケが出ることもあります。

 

クッシング症候群でよく見られる膿皮症がそうですね!

 

数か月前うちのポメラニアンのぷぅちゃんがかさぶたと

フケが頭や首に突然いくつも現れました。

 

その時は大きなフケが頭の上にいくつもありました。

皮膚疾患の中でもポピュラーな病気の膿皮症になるワンちゃんはとても多いそうです。

 

動物病院から出してもらう抗生物質とアガリクスペット用 の併用で皮膚が元のようにきれいになったという口コミもあります。

 

また愛犬が何度も体を掻いていたり、背中をこすりつける行為を

していた場合は皮膚の病気が考えられます。

 

万が一放置をしてしまうと、中々治らない皮膚病に発症

してしまうこともあります。

 

犬の皮膚病は完治するまで意外と時間もお金もかかります。

 

フケも皮膚病の一種と考えて、いちおう動物病院

で診てもらうと安心ですね。

 

老犬のフケの対処法とは?

老犬のフケが多く出てしまう、すぐにまた新しいフケが出ているようだ!

そう言った場合にはどのような対処法があるのでしょうか。

 

フケの対策として最も大切な事は生活環境の改善です。

 

フケが出ないようにする生活環境の改善

シャンプーは愛犬に低刺激で保湿効果のあるもの

 

ブラシや私も助かっている犬用化粧水アヴァンスでこまめにケアをする

アヴァンス犬用化粧水を皮膚疾患におススメする理由

 

カビが繁殖しない清潔な生活環境を整える

 

ストレスを与えることもいろんな不調を起こすと言われてますね。

 

まとめ

 

老犬になるとどうしても代謝が落ちてしまい、

フケが大量に発生してしまうことがあります。

 

フケを放置は思わぬ皮膚病に悪化しないようにしたいですね。

 

脱毛もフケも皮膚病の一つです。

 

やはり早めに対処することですね。

 

免疫が落ち代謝が落ちることがダブルとなって、

フケや脱毛など困ったちゃんにならないようにする

には飼い主さんの愛情ですね。

<スポンサーリンク>