老犬になると身体への影響も徐々に出てきますよね。

 

見た目がやはり年寄っぽくなるんですよね。その一つが尻尾。しっぽが下がってる!

そしてお尻も心なしか小さくなっているような?

 

これは老犬になればそういった見た目の身体の変化は出てきて当然なんですよね。

 

ただ体のどこかに異常があるせいで尻尾が下がっていたり、そのせいでお尻も小さくなったりすることもあるんです。

 

これらの見た目の変化は老化以外に心配な病気なないのでしょうか?

老犬の尻尾が下がり、お尻が小さくなるのは老化?

しっぽが下がってお尻が小さくなるのは、主に老化が原因と考えられます。犬は歳をとるにつれて腰が自然と低くなり、その低くなった腰とのバランスをとるために頭と尻尾を下がります。

 

そしてお尻が小さくなるのは、腰回りの肉が落ちていき、徐々に足がもたれてくるんですよね。腰が曲がったおじいさんやおばぁさんのよう!!

 

しっぽやお尻などの見た目の変化に伴って呼んでもすぐに反応しない、食欲不振など身体のあちこちにも変化が起きます。

 

しかしそれは老化が原因ではなく、病気が原因かもしれません。では、病気の場合はどういった症状の違いがあるのでしょうか。

 

老犬の尻尾が下がる病気とは?

犬は身体のどの部分でも異常が起きた場合は尻尾を下げる傾向にあります。

 

今回は、尻尾周辺を痛がる原因を上げてみました。この原因は大きく分けて2つあります。

 

1つ目は”肛門周辺の病気”です。

 

今まで尻尾を上げていたのに、急に尻尾が下がる状態が続き、肛門付近を舐め始めるようなことがあれば「肛門周囲炎」や「肛門嚢炎」などの肛門周辺のトラブルを起こしている可能性があります。速やかに獣医さんの元で症状を診てもらいましょう。

 

2つ目は”外傷”です。

脱臼や骨折などの症状が起きていると、痛みを感じ尻尾を下げる状態が続きます。そして尻尾には多くの神経が通じているため、神経損傷に繋がり、併用して病気を発症する可能性もあります。(→排尿や排便困難など)

 

他にも外傷による痛みや、ストレスによって尻尾が下がる現象が起こると言われています。尻尾が下がり続ける状態が続いたら、まずは獣医さんの元で診てもらいましょう。

 

ワンちゃんのストレス解消をしてあげないと、短命?

老犬はストレスを解消してあげないと早死にする?!その時どんな行動をとるの?

老犬の足腰の変形を遅らせるために飼い主さんがやってあげられること

 

老化が進み、足腰が変形してからでは手遅れになります。今回は、愛犬が元気なうちからしておくべき老後の対策をご紹介します。

 

・足腰を鍛える

散歩を日頃から習慣化します。筋肉をつけていれば、老後になってからも足腰の変形の進みが遅くなります。

 

・マッサージ

血行をよくするためにマッサージはおすすめです。特に散歩後など、体温が高い時に行うと効果が出やすいです。散歩を嫌がるようなってしまっても、少しでも身体を動かすためにマッサージは続けるとワンちゃんは幸せな気持ちになります。

 

・食事管理

老犬になると消化器官が弱まるため、消化活動が悪く仔犬の頃と同じようなご飯ではよくないんですよね。

 

太ってしまうと弱くなった関節への負担が強くなりますので、肥満を予防した食べ方も大事ですね。

 

良質なタンパク質が入ったドッグフードは筋肉を強化します。寝たきりになる状態を少しでも遅らせたいですよね。

うちの15歳のぷぅちゃんも食べているモグワンの口コミをチェック!

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

愛犬との人生をより長く楽しい生活を過ごすには、飼い主さんの愛情と日頃からのケアが必要になります。これからも大事な愛犬との思い出をたくさん残してください。

 

散歩の時も尻尾が下がってるのは老化現象?

うちの愛犬のように15歳ともなれば、見た目は老犬です。

尻尾も下がって歩いてます。

 

頭も下がってます。

なんだか、かわいそうで見ていられない時があります。

 

病気だから、尻尾が下がっている場合もありますが、ある程度の年齢になれば歩くだけでも尻尾は下がってくるんです。

 

その姿を見ればだいたい何歳かな、けっこう老犬なんだろうなってわかります。

少しでもその老化を止めたいと飼い主さんは切実に思いますよね。

そんな時、飼い主さんも安心のサプリの力を頼ってみませんか?

➡ワンドリアをおすすめする理由!こんなワンちゃんにこそ飲んでもらいたいサプリ