最近大切な愛犬が咳き込む回数が増えてしまったり、咳き込んで苦しそうにしているのを見て「病気なのではないか」と不安になってしまっていませんか。

 

また、何度も咳き込んでしまう場合、どういった病気が考えられるのでしょうか。

 

そして、病気だとしたら何が原因として挙げられるのでしょうか。知らないと怖い老犬の咳き込む病気について解説します。

 

老犬はどんな時に咳き込むのか?

老犬になってからというもの、咳き込む回数が増えてしまった、咳き込んで苦しそうにしているのを度々目撃するという家庭も多いかと思いますが、そもそもどんな時に咳き込んでしまうのかご存知でしょうか。

 

老犬によっては突然咳き込んでしまう犬もいれば、運動をした直後に咳き込んでしまう老犬もいます。その他にもある特定の事をした後に咳き込んでしまうという老犬もいます。

 

咳き込んでしまう理由がはっきりとわかるものでしたら心配はないのですが、あまりにも咳き込んでいると老犬は体力も消耗してしまいます。この咳は一過性のもので心配がないのか、それとも何かの病気のせいなのでしょうか?

 

鼻詰まりも?アレルギーなどの病気かも!

犬が鼻づまりで苦しそうなのは病気が原因なのか、解消法を知りたい!

老犬が咳き込むのは病気が原因?

<スポンサーリンク>

老犬が咳き込んでしまう事についてどんな病気が考えられるのでしょうか。

 

老犬が咳き込んでしまう事で考えられる病気としてケンネルコフ、アレルギー、寄生虫、心臓病、ジステンパー、インフルエンザ、肺炎、アレルギー、誤嚥、フィラリア症が挙げられます。

夏バテで咳が出る!

老犬の夏バテは5月も!乗り切るための対策や工夫の仕方

これらの見分け方については容易なものではないです。

 

咳き込む回数が多かったり、苦しそうにしているのを見たらすぐにでも動物病院へ。酸素不足でチアノーゼなどになったら大変です。

 

いずれにしても、早期発見が大切。一度でも苦しそうな咳をしたいたら獣医さんに伝えておきましょうね。

 

老犬が咳き込む危険な咳とは?

老犬が咳き込んでしまう事で考えられる病気の中でも咽頭炎、気管支炎は特に気をつけなければいけないと言われています。

 

早期発見に遅れ、放置をしてしまうと、命にかかわる病気で、呼吸困難に陥ったり、最悪の場合は命の危険性もあります。

 

咽頭炎の場合は重症になると痛みのために、食欲がない、よだれの量が増えるといった症状が見られます。そのため、少しでも苦しそうにしているのを見たら可能性として考えておく必要があります。

 

うちのぷぅちゃんは咳き込むということではありませんでしたが、一度息が苦しそうになったことがあります。見る見るうちに舌が青紫になってヒラヒラな薄いベロになったのです。

 

慌てて動物病院に行き、救急で診てもらってすぐに酸素室に入りその日は1泊しました。危ない危険な状態だったのです。原因は大人の大きな声に驚いて急に呼吸が出来なくなった!それだけなんです。

うちのぷぅちゃんは何かを訴えたい時や、ストレスがたまっている時にも咳のようなくしゃみをします。

老犬はストレスを解消してあげないと早死にする?!その時どんな行動をとるの?

まとめ

 

人間も犬も咳き込んでしまう事はよくありますが、咳をするだけでも様々な病気が考えられます。

 

すぐに咳が収まったからといって安心してしまうのではなく、しっかりと定期検査を行い、異常がないかを確認してもらうことはとても大切なことです。

 

咳が出たということは何か理由があるはずなんですよね。ネットで情報を見てみると、何かを食べさせたり水を飲ませたりしてくださいとのことも書いてありましたが、何かを食べさせるのは危険です。

 

誤嚥になってしまう恐れもありますし、器官が詰まってしまうこともあります。水を飲ませるのは良いとしても、咳は心配ですので様子を見てよいかどうかの判断は難しいですね。

<スポンサーリンク>