老犬はどんな時に咳き込むのか、病気が原因?

最近大切な愛犬が咳き込む回数が増えてしまったり、咳き込んで苦しそうにしているのを見て「病気なのではないか」と不安になってしまっていませんか。

 

また、何度も咳き込んでしまう場合、どういった病気が考えられるのでしょうか。

 

そして、病気だとしたら何が原因として挙げられるのでしょうか。知らないと怖い老犬の咳き込む病気について解説します。

 

老犬はどんな時に咳き込むのか?

 

老犬になってからというもの、咳き込む回数が増えてしまった、咳き込んで苦しそうにしているのを度々目撃するという家庭も多いかと思いますが、そもそもどんな時に咳き込んでしまうのかご存知でしょうか。

 

老犬によっては突然咳き込んでしまう犬もいれば、運動をした直後に咳き込んでしまう老犬もいます。その他にもある特定の事をした後に咳き込んでしまうという老犬もいます。

 

咳き込んでしまう理由がはっきりとわかるものでしたら心配はないのですが、あまりにも咳き込んでいると老犬は体力も消耗してしまいます。この咳は一過性のもので心配がないのか、それとも何かの病気のせいなのでしょうか?

 

鼻詰まりも?アレルギーなどの病気かも!

犬が鼻づまりで苦しそうなのは病気が原因なのか、解消法を知りたい!

老犬が咳き込むのは病気が原因?

老犬が咳き込んでしまう事についてどんな病気が考えられるのでしょうか。

 

老犬が咳き込んでしまう事で考えられる病気としてケンネルコフ、アレルギー、寄生虫、心臓病、ジステンパー、インフルエンザ、肺炎、アレルギー、誤嚥、フィラリア症が挙げられます。

夏バテで咳が出る!

老犬の夏バテは5月も!乗り切るための対策や工夫の仕方

これらの見分け方については容易なものではないです。

 

咳き込む回数が多かったり、苦しそうにしているのを見たらすぐにでも動物病院へ。酸素不足でチアノーゼなどになったら大変です。

 

いずれにしても、早期発見が大切。一度でも苦しそうな咳をしたいたら獣医さんに伝えておきましょうね。

 

老犬が咳き込む危険な咳とは?

老犬が咳き込んでしまう事で考えられる病気の中でも咽頭炎、気管支炎は特に気をつけなければいけないと言われています。

 

早期発見に遅れ、放置をしてしまうと、命にかかわる病気で、呼吸困難に陥ったり、最悪の場合は命の危険性もあります。

 

咽頭炎の場合は重症になると痛みのために、食欲がない、よだれの量が増えるといった症状が見られます。そのため、少しでも苦しそうにしているのを見たら可能性として考えておく必要があります。

 

うちのぷぅちゃんは咳き込むということではありませんでしたが、一度息が苦しそうになったことがあります。見る見るうちに舌が青紫になってヒラヒラな薄いベロになったのです。

 

慌てて動物病院に行き、救急で診てもらってすぐに酸素室に入りその日は1泊しました。危ない危険な状態だったのです。原因は大人の大きな声に驚いて急に呼吸が出来なくなった!それだけなんです。

うちのぷぅちゃんは何かを訴えたい時や、ストレスがたまっている時にも咳のようなくしゃみをします。

・老犬はストレスを解消してあげないと早死にする?!その時どんな行動をとるの?

まとめ

 

人間も犬も咳き込んでしまう事はよくありますが、咳をするだけでも様々な病気が考えられます。

 

すぐに咳が収まったからといって安心してしまうのではなく、しっかりと定期検査を行い、異常がないかを確認してもらうことはとても大切なことです。

 

咳が出たということは何か理由があるはずなんですよね。ネットで情報を見てみると、何かを食べさせたり水を飲ませたりしてくださいとのことも書いてありましたが、何かを食べさせるのは危険です。

 

誤嚥になってしまう恐れもありますし、器官が詰まってしまうこともあります。水を飲ませるのは良いとしても、咳は心配ですので様子を見てよいかどうかの判断は難しいですね。

犬が鼻づまりで苦しそうなのは病気が原因なのか、解消法を知りたい!

“なんとなく愛犬の呼吸が苦しそう…。”

 

それってもしかしてアレルギー?風邪からくる鼻づまり?やはり老犬になると、老化現象で鼻づまりなる場合が多いですね。

 

実は犬も人間同様に鼻づまりを起こします!ワンちゃんは吸入も出来ないし、鼻がかめないから苦しいので、飼い主さんがそれに気が付いてあげないとかわいそうかもですね!

 

犬が鼻づまりを起こしている時の症状って、何か特徴があります。そして単に「あぁ、鼻がつまっちゃった!」ではなく鼻の病気だったりポリープが出来ていたり。

犬が鼻づまりをして苦しそうな時の症状とは?

 

大体人間が起こす鼻づまりと同じような症状が出ます。

 

主に「鼻水・いびき・くしゃみ」の3点が症状にです。この症状によって呼吸がしづらそうに見えることも。これが軽い症状だとしても、愛犬が苦しむ様子を見るのはつらいですよね。

 

単なる鼻づまりならいいですが、もしかするとこれが病気の初期段階のサインかもしれません。

 

鼻づまりの簡単な判断方法

①愛犬の鼻の前に鏡をもっていきます

(小さめの鏡の方が使いやすいです)

②鏡が鼻息で曇るか・曇らないのかをチェック

③曇れば鼻の通りは快調

   少しだけ曇った、もしくは曇らないようなら鼻づまりの可能性有り

上記の方法は単なる確認です。まずは”鼻づまりかもしれない”と感じたら獣医さんで診てもらうことを前提に行動しましょう。

ワンちゃんの鼻づまりや鼻水でカサカサになった皮膚にコレ!

アヴァンス犬用化粧水を皮膚疾患におススメする理由

犬の鼻づまりの原因と考えられる病気とは?

1.鼻炎による鼻づまり

犬が起こす鼻炎は主にアレルギー性鼻炎、ウイルス感染などの感染症が原因とされています。私は人間だけど、ハウスダストアレルギーです。これと同じ症状が出て、鼻がつまったり鼻水が出たりしますが、犬も同じなんですね!

 

アレルギー性鼻炎の場合、ダニや花粉、ハウスダストなど原因は様々。それらの有害な物質が体内に入り、それを身体の外に出そうと働きかけます。

 

その働きによって鼻の粘膜が炎症を起こり、鼻づまりになってしまうって鼻詰まりの原因は犬も人間も一緒だったんですね!

 

2.腫瘍による鼻づまり

鼻の膣内に腫瘍ができると、それが鼻の穴を塞ぎ鼻づまりが起こります。腫瘍の場合は鼻炎の症状に合わせて、鼻血や鼻や頬の腫れが症状として現れます。

 

症状が悪化すると、鼻血による貧血や全身に痙攣が起こる事態に。腫瘍は特に8歳以上の高齢犬やコリーなどの長頭種に発症しやすいとされています。

 

3.歯周病による鼻づまり

歯周病が進行すると、上あごの炎症が徐々に鼻にも炎症が及ぼし鼻づまりが起こります。歯周病が原因の場合は鼻炎の症状に合わせて、発熱や食欲不振はが起こります。

老犬が歯周病になった時の症状は?歯石取りの治療のリスクと費用について

歯周病は全身疾患にも係わってくるという理由もわかりますね。歯周病による鼻づまりは特にミニチュアダックスなどの小型犬に発症しやすいとされています。

 

その他の原因としては、年齢によるものだったり異物混入、ポリープなどが考えられます。

老犬になると、鼻づまりもさることながらいろんな不調が出てきます!

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

犬の鼻づまりの解消法

 

獣医さんのもとで適切な処置を受けたあと、少しでも症状を軽くするために以下の行動をおすすめします。

 

1.加湿器を利用し湿度を保つ

鼻づまりを起こしている時には部屋の乾燥は天敵です。加湿器を愛犬の側に持っていき、湿度を保ちましょう。主に冬ですね!

 

鼻づまりを起こした犬にとって快適な湿度は50〜60%です。加湿器がない場合は濡れたタオルを部屋に1枚干すだけでも加湿器の代用となります。

 

2.鼻周りを清潔に

鼻水が乾燥によって固まってしまえば鼻の穴が塞がり、呼吸が辛くなってしまいます。蒸しタオルや水で濡らしたガーゼやコットンで優しく拭き取ってあげてください。

 

さらに暖かい蒸しタオルを使用すると、血行も改善されて鼻づまりを一時的にも改善されます。アルコール用のウェットシートなど犬の嗅覚を刺激するようなものは使用するのはNGです。

 

さいごに、

犬の鼻づまりには様々な原因が考えられます。

 

鼻づまりも一過性のものでしたら心配ないのかもしれませんが怖い病気が原因で鼻づまりを起こしている子ももあります。気になったら獣医さんのもとで診察を受けてくださいね。

 

愛犬が深刻な病気を起こさないためにも飼い主さんが適切な対応をしましょう。愛犬のためにも少しでも症状を和らげることができたらいいですね。

血液検査でワンちゃんの体調チェック!

老犬の血液検査でわかること、基礎知識と料金について

犬の便が白くて薄い膜に覆われてるのって病気?原因は何?

愛犬の便が白くて薄い膜に覆われているのを見て驚いてしまった経験はありませんか。

 

病気なのかと疑ってしまったり、愛犬の体調が悪いのではないかと不安に感じてしまいますよね。

 

うちの15歳のポメのぷぅちゃんは今日も白い便でした。普通の便の最後のほうがポチッと白いんです。

 

こういった便が白くて薄い膜に覆われてる場合は病気なのでしょうか。また、原因は何なのか気になって調べてみました。

犬の便が白くて膜に覆われている原因は?

 

愛犬の便が白くて薄い膜に覆われてる場合、何か原因があるのでしょうか。

 

そこで、調べてみたところ便が白くて薄い膜に覆われてる原因としては「カルシウム」にあるようでした。。

 

カルシウムを多く含んだフードを食べたり、ミルクを飲んだりした場合、白い粘膜便が出る場合があります。そして手作りフードも気を付けないとカルシウムを過剰に摂取してしまいますよと獣医さんに言われました。

 

消化の悪いおやつやフードも良くないですね。またストレスがワンちゃんにある場合も腸には負担をかけますので、通常の便が出ないこともあります。

 

私も今回はいけないと思いながら、牛乳が原因だったのかもと思いました。

 

その他に考えられる点として腸に負担がかかり腸壁が剥がれ便が腸壁に包まれ排泄された可能性もあります。

 

その場合は粘膜便とも言われます。

 

これらを見分けるのは少し難しいのですが、いずれしても愛犬の様子を見て白い便も気になるし、体調が悪いようだったら改善する事が大切ですね。

犬の便が白くて心配な時とそうじゃない時

愛犬の便が白くて膜に覆われている場合、どうすればよいのでしょうか。放置で様子を見てても良いのか、何か心配な病気も考えられるのか悩むところですね。

 

通常、カルシウムが含まれたフードを食べたり、ミルクを飲んで便が白くてなってしまった場合は特に心配をする必要はないそうですよ。

 

おそらくうちのぷぅちゃんは牛乳が原因だったと思います。でもお腹もキュルキュルしているので、私としては少し反省しています。

 

愛犬の様子を見て、特に異常がなかったり、元気にしている場合はそのまま継続してドッグフードを与えることも良いのかもしれませんが、今までのドッグフードが老犬に安全なものかどうか確認することも大切ですね。

 

老犬に安全なドッグフードを考えて与えていますか?

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

 

しかし、下痢になってしまったり、健康状態に変化があった場合はすぐにでもフードの量を減らしたり、病院に連れていくことをオススメします。元気がなかったら腸に異変が起こっている可能性があります。

 

老犬の下痢の心配な症状とは?

老犬の心配な下痢、赤、黒、タールって怖い!?放置して良いの?

また、粘膜便の場合は腸に負担がかかり腸壁が剥がれ便が腸壁に包まれ排泄されている事が考えられるため、粘膜便が続く場合はすぐにでも病院に連れていくことが大切です。

 

その際も、しっかりと愛犬のその後の便の様子を見ておくことが大切です。

まとめ

愛犬の便を見ることで、ある程度の体調を知ることができたり、どのような事に気をつけたほうが良いのかを知ることができます。

 

少しでも違和感があったり疑問が思った場合は過信してしまうのではなく、病院に行って一度検査をしてもらうということで怖い病気だった場合も早期発見に繋がる場合があります。

 

ワンちゃんの健康のバロメーターは血液検査もさることながら尿と便でもいろいろ確認することが出来ますものね。

老犬の便秘の理由と解消法とは?なぜウンチが出ない?

 

老犬の抜け毛の原因と対策!15歳になったぷぅちゃんは急に毛が薄くなった

愛犬が老犬になり、抜け毛が気になったり、最近異常に毛が抜けてしまっているのを見て、大丈夫なのかと不安に感じてしまったことはありませんか。

 

愛犬の抜け毛は一見何もないように思えますが、実は抜け毛は隠された危険サインとも言われています。

 

うちのぷぅちゃんは先日15歳になったのですが、あれだけ毛量があたのに最近はとってもケガ薄くなりました。

 

実は毛が薄くなった原因は老化だけではないんです。

 

老犬が抜け毛になりやすい原因、それによって考えられる病気にどんなものがあるのか、そして毛が抜ける対策について触れてみたいと思います。

 

老犬が抜け毛になる考えられる心配な病気

 

愛犬が歳を取り、老犬になった際に抜け毛が増えたり、異常に毛が抜けてしまっているのを発見した際、どのような病気が考えられるのでしょうか。

 

通常、犬には換毛期と呼ばれるものがあり、被毛の抜け替わりがあります。うちのぷぅちゃんも生後40日で家族になった時は可愛かったけどその後毛が抜けて非常に貧相になりました。

 

春先や秋口になった際に換毛期が訪れると言われているため、春先や秋口に抜け毛が多くなった場合は換毛期の可能性が多いので心配する必要はないのです。

 

しかし、犬の体の一部の毛だけが異常に抜けている場合や、皮膚にブツブツのような炎症が起きている場合は病気の可能性があります。

 

その場合、アレルギーや脱毛症の疑いがあります。アレルギーだと、ドッグフードもアレルギー用のものを与えたり、おやつもやたらとあげると大変ですね。

犬の脱毛や皮膚の異常は膿皮症化もしれません!

犬によくみられる皮膚病!膿皮症の治療経過にかかった料金と再発について

老犬の抜け毛の対策はあるの?

老犬の抜け毛対策ですが、病気が原因の場合はまずは病気の治療により抜け毛が改善されるかどうかというところですね。

 

アヴァンス犬用化粧水を使って綺麗に毛が生えたワンちゃんの姿!

アヴァンス犬用化粧水を皮膚疾患におススメする理由

また普通に毛が抜けている場合の対策として、換毛期にはブラッシングを行ったり、こまめにお風呂に入れてあげたり、ドッグフードを変えてあげるといった対処をすることによって抜け毛を減らすことができます。

 

ブラッシングを行う際は強く行ってしまうと愛犬の皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

 

そのため、ブラッシングを行う際は時間をかけてでも優しく丁寧にしてあげて、愛犬の様子を見ながらブラッシングを行ってあげることが大切で、嫌がる場合は無理やり行わないようにすることも大切です。

 

また、アレルギーや脱毛症の他にアラカス症、クッシング症候群といった病気の可能性が考えられる場合は対処法が異なってくるため、愛犬の様子を見て、病院に連れて行くことをオススメします。

もしも愛犬がクッシングと診断されたら!

「犬心」ドッグフードの口コミとクッシングのワンちゃんの事

老犬になったうちのポメがクッシング症候群と言われた!寿命の覚悟と注意点とは?

うちのぷぅちゃんは14歳でクッシング症候群と言われ、そこまでひどくはありませんが毛が薄くなってきているます。うちの場合は老化だけが原因ではないんだなと思っています。

 

いずれしても適切な対処法を行わないと愛犬のストレスに繋がってしまったり、発見が遅れてしまうことによって取り返しのつかないことにもなりかねません。

 

まとめ

 

愛犬の抜け毛が多くなってくると何か悪い病気があるんじゃないかと心配しますよね。それが老化が原因なら仕方ないかと思います。

 

どうした方がよいのか、何か対処法は何があるのかと悩んでいた方も多いと思いますが、病気かの脱毛でないとわかれば安心ですよね。

 

でも細胞が衰えてこのような状況になっているのは確かなんです。通常の場合であれば説明した通りの方法で解決をすることができます。

 

血液検査で異常がないかどうか結論を知りたい場合は速やかに病院に連れて行って調べてあげると飼い主さんも安心ですね。

老犬が吐く原因について!病気との見極め法

愛犬が吐いている、老犬なので心配でどうしたらいいか戸惑う場合がありますね。老犬が吐くときは、単なる空腹や消化不良で吐く場合と病気で吐く場合があります。

 

まず、嘔吐物を見てください。

 

匂いはありますか。

 

苦しそうにしていますか。

 

それとも元気ですか。

 

その時の症状でこのままにいておいたらまずいかも!と思ったら獣医さんにかかってくださいね。

老犬が吐く原因や心配な病気とは?

 

我が家の老犬が吐いた!

老化により消化機能が弱くなって吐く場合と病気によって吐く場合があります。

 

老犬になると、体の様々な機能に老化が見られます。

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

老犬が吐く心配な病気とは?

  • 急性胃炎

胃の粘膜に炎症が起きて繰り返し吐く病気です。胃の中が空っぽになると、胃液まで吐くので体に負担がかかり、脱水症状をおこすこともあるので注意してくださいね。

 

  • 胃捻転

大型の老犬に多い病気で、食べすぎて胃の中にガスが溜まって吐きたくても吐けずに苦しんでいます。

 

吐いたときは、茶色の嘔吐物が出て、異臭がし、よだれもかなりでています。すぐに獣医さんの診察を受けましょう。

 

  • 慢性胃炎

消化の悪い物を長く食べさている場合や、急性胃炎になって放っておいた場合に慢性胃炎になることがあります。慢性胃炎になるとお水をたくさん飲んで、げっぷが出てきます。

 

  • 巨大食道炎

食べてすぐに噴き出すように吐くようなら、巨大食道炎が疑われます。食道が巨大なので、胃に食べ物がいかず食べるたびに吐くので、次第に衰弱してしまいます。

 

  • 胃潰瘍

腫瘍や腎不全が原因で胃潰瘍になります。吐いたものに血や異物が混じっていたら要注意です。度々嘔吐を繰り返すので、身体がすぐに衰弱します。

 

  • 胃拡張

食事をした後に、急に調子が悪くなって嘔吐します。

 

  • 溶血性貧血

身体を守る免疫が赤血球を攻撃して破壊する怖い病気です。元気がなくなり、食欲がなく急に吐きます。

 

  • フィラリア症

フィラリアという虫が住み着き嘔吐と咳を伴い、呼吸困難になります。

 

  • 気管支炎

急性の場合はウイルスなどの感染やアレルギー、ほこりなどが原因の気管支炎、寄生虫による気管支炎などがあります。慢性気管支炎になると、2カ月以上咳が出て嘔吐する場合もあります。

 

  • 肺炎

肺炎になると、咳が頻繁に出て嘔吐し、元気がなくなります。呼吸が早くなる場合は、肺炎かもしれません。

老犬が黄色いものを吐いたとき

 

白い泡と一緒につんとは何来る刺激臭があり、黄色い泡が出てくるときがあります。黄色い泡は胆汁です。

 

胆汁は肝臓で作られて普通は十二指腸へ出されますが、胆汁が胃液と混じって嘔吐する場合があるんですね。これは、正式には胆汁嘔吐症候群と呼ばれていて空腹のときにそうなります。

 

食べた後に吐く場合は消化不良で、胃液や胆汁と一緒に吐くことがあります。老犬になると、内臓の働きが悪くなるので吐くことが増えてくるのです。

老犬が白い泡を吐いたとき

 

空腹で胃に何も入ってなくて胃酸を吐く場合に白い泡となります。犬の胃は胃酸が多いので、空腹で胃酸過多の状態になると白い泡を吐き出します。

 

また高齢になると、人間でも食道と胃の境目の括約筋が衰えて逆流性食道炎が多いですが、老犬も一緒です。

 

あまり空腹すぎて、胃酸を吐いてしまうんですね。でも、そのときは、吐いた後もいつもと変わらない様子のことが多いです。

老犬が吐いても様子をみても大丈夫な場合とは?

散歩のときに、犬は草を食べたがります。

 

草を食べて草を食べて吐くときは心配はいりませんが、草には中毒性がある草や尿がかかった草があるので、雑草はあまり食べさせない方がいいですよ。

 

もし、食べたがる場合は市販の燕麦と言う犬用の草を食べさせてみて様子を見るのも良いですね。安全な草なので心配はないです。ペットショップやホームセンターに売ってますよ。

 

空腹のために吐く場合は、白い泡や黄色い泡が出る場合が良く見られ、その後は元気にしていることが多いです。

 

消化不良や食べ過ぎで吐く場合は、吐いてからまた食べたがります。そのときは様子を見て大丈夫です。

消化機能の衰えた老犬におススメのドッグフード!

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

ただ、異物を飲んでつまって吐くこともあります。何度も吐く場合は異物がまだ胃の中に詰まっている恐れがあります。

 

すぐに病院に行って、処置をしないと命取りになる場合もあるので注意が必要です。

老犬が吐いたときの対処法(食事の仕方や水など)

 

白い泡や黄色い泡を吐いたあと、元気で、すぐにフードを食べたがるときは空腹で吐いたものなので、いつもと変わらない食事で構わないです。

 

ただ、食べすぎると吐く可能性があるので、量を少し減らして与える方が胃に負担がかかりません。病院で胃酸の薬を処方してもらうと嘔吐がおさまりますよ。

 

食欲がない時は、老犬だと半日ほど水と食事を与えないで様子を見て、少しずつ水を飲ませます。水を吐かないようであれば消化の良いフードを少し与えてみます。

 

フードを与えて吐かないようであれば、数回に分けて与えます。食べすぎると吐く可能性があるので、量を加減しましょう。

 

数日、吐かなければ、いつもと変わらないようにフードを与えて大丈夫です。

普段から腸が弱くて、下痢や便秘をしているワンちゃんには乳酸菌を摂って善玉菌を増やしたいですよね!

「犬康食ワン」プレミアムをおすすめする理由!こんなワンちゃんにこそ飲んでもらいたいサプリ

嘔吐と同時に下痢の症状もあるなら、老犬は衰弱が早く、脱水になるといけないので水分を飲ませて、暴飲で獣医さんの診察を受けてくださいね。

 

衰弱してしまうと危険なので点滴で、水分補給と栄養補給をしないといけない場合もあります。

 

まとめ

老犬は内臓の働きや筋力が低下しているので吐きやすくなります。草を食べた場合や空腹の場合は白い泡や黄色い泡を吐きます。

 

吐いた後、元気にけろっとしているのなら心配はいりません。

 

でも、何回も吐いたり、下痢もしていたり、血が混じっている場合など苦しそうにしている場合は脱水を起こし、病気の可能性もあるので早めに獣医さんに診せてくださいね。

老犬の夜泣きの原因はなに?いったいいつまで続くのか!?

老犬の夜泣きに悩まされている飼い主さん。愛犬はかわいい。でもこんな毎日毎日夜泣きを

されると心身ともに参ってしまうし、ご近所さんの迷惑も考えてしまう!

 

老犬の夜泣きの原因がわかればいいのに・・・でもきっと老犬だから認知症が原因で夜泣きをするのかな?

 

毎日の夜泣きは一体いつまで続くのか、夜泣きに効く薬やサプリメントはないだろうか?って本気で思いますよね。

 

老犬の夜泣きの原因は認知症だけじゃない

 

老犬になると特有の夜泣きは認知症からくるものが多いのは事実です。神経の伝達が今までのようにスムーズに脳に行かないことが原因ですね。

老犬の衰えについての読まれている記事

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

そのほか、精神的なものからくることもあります。人間と同じように薬で対処することが出来るので多少の夜泣きは減るかもしれませんね。うつ症状が出ているワンちゃんには抗うつ剤、神経が高ぶって眠れていないワンちゃんには睡眠薬で落ち着くこともあります。

老化による精神的ストレス

老犬になって、今までのようにいろんなことが少しずつ出来なくなっていることに対しての精神的ストレスが夜泣きの大きな原因でもあります。

悲しい、辛い、なんで歩けなくなったの?

耳が聞こえない、目も見えなくなった!

不安だから飼い主さんのそばにずっといたい。

そんな気持ちからくる老犬の夜泣き。

飼い主さんも辛いです。

体の痛みによる夜泣き

 

関節の痛みが辛く夜鳴きをする老犬は本当にかわいそうです。老犬になると変形性関節炎と診断されることがありますが、痛みでびっこをひいている場合などは夜中も痛みがある可能性が!

 

この痛みを何とか解消してあげなくてはいつまでも夜鳴きは続くかもしれません。動物病院では消炎剤を処方してくれることもあります。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

うちの14歳のぷぅちゃんは変形性関節炎と言われました。夜鳴きも今のところはなくじっとしている分には痛みはなさそうなんですが・・・

 

夜鳴きが始まったら本当にかわいそう!そう思ってドッグフードにも神経を使っています。

夜泣きはいったいいつまで続くの?

痴呆が始まったワンちゃんの夜泣きは中々治らないかもしれません。精神的なものからくる夜泣きは薬やサプリメントで対応できることもあるので獣医さんに相談するのが良いですね。

 

関節炎の痛みによる夜泣きは痛みを取ってあげる消炎剤やサプリメントも有効的です。老犬になった夜泣きは超高齢期に入ったともいえます。

 

関節炎にも痴呆にもwで嬉しいサプリ

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

老犬の夜泣き対策

老犬の夜泣きの原因は年齢からくるもの、ストレスなどで深い眠りにつけない、関節などの痛みのほかに昼夜逆転している場合があります。

 

日中にぐっすり眠ってしまうと、夜中に眠れなくなり夜泣きをすることがあります。体内時計がずれてしまってきてるんですよね。日中は散歩に行くなどしてあまり寝すぎないよう時々起こしてくださいね。

 

夜泣きをしているワンちゃんの原因を知り、残り少ない老犬の寿命と考えてそばにいてあげたいですね。