可愛い愛犬が便秘になったら、とても心配になりますね。1日だけならともかく、数日続いたら、どこかに異常が起きている可能性もあります。

 

うちの14歳のポメラニアンのぷぅちゃんも今まで何回か便秘になって心配したことがありました。

 

きっと水分不足かなと思い、水分を考えて食べ物を工夫したら速攻便秘解消しましたよ。ちょっとした飼い主さんの工夫で便秘が解消する場合があります。

 

便秘の中には怖い病気もあります。2日間以上は放置は危険です。元気がない場合も脱水症状や衰弱していて危険なこともあります。

 

いろんな老犬の便秘の理由がありますが、心配な場合とそうではない場合の見極め方法と解消法について考えましょう。

 

老犬が便秘をする理由とは?

犬のウンチが出ないのは、病気肉体的な衰えやストレス、食事が関係している場合が多いです。

まず、考えられるのは、次のようなものです。

 

  •  前立腺肥大・肛門周囲腺腫・腸閉塞など
  •  筋力の低下
  •  消化機能の低下
  •  運動量の減少
  •  飲水量の減少

 

病気の場合は動物病院に行かなければなりませんが、老犬の場合の便秘は老化による肉体的な衰えが、一番の原因となっています。

 

老犬になると体全体の筋力が衰えますよね。筋力の低下は自力での排便を困難にしますし、運動量が少なくなる原因でもあります。

 

これが、腸の蠕動運動を衰えさせてしまうんです。

 

また、老犬は喉の渇きを感じにくくなり、水をあまり飲まなくなります。これも、便秘につながります。

 

老犬の便秘の解消法

老犬の便秘解消で飼い主さんがやってあげられることは?

①マッサージ

老犬の便秘には、マッサージも効果があります。便秘解消のため、背中やお腹をマッサージしてあげてください。

 

正確なツボの位置がわからなくても、ゆっくりと優しくマッサージしてあげるだけでも十分です。

 

背中は背骨と骨盤が交差するところの少し上、左右両側にあります。また、そこから少し下ったところの左右両側もツボになります。

 

お腹はおへその周囲にツボが集中しているので、まずはおへそを確認しましょう。お腹の中央あたりをかき分けると毛のないところがあり、それがおへそです。

 

少し盛り上がっています。  おへそを中心にして、手のひらでお腹を時計回りになでてあげます。反時計回りは逆効果になりますから注意しながら行うと良いですよ。

 

②綿棒で刺激

綿棒での刺激は最終手段であることを忘れないでください。私は怖いからやったことはありません。

 

それをするくらいなら、獣医さんに浣腸をやってもらったほうが安心です。綿棒は、乾いたままではする恐れがあります。

 

ぬるま湯やベビーオイル、オリーブオイルを含ませて柔らかくします。その綿棒を肛門に少しだけいれて、軽く回すなどで、その刺激で排便が促進されます。

 

綿棒を使うのは、やむを得ない場合に限ります。想像するには、少しウンチが出かかってるとか?

 

老犬の便秘におススメな食事  

消化機能が低下している老犬には、無理なく消化できる食事を与えることに限りますね。消化吸収がよく、カロリーも控えめなドッグフードに切り替えることは老犬にとて大切なことです。

ヒューマングレードと言って、人間が食べられるドッグフードを老犬に与えることが良いと思います。消化吸収も良く栄養価は高いのに低カロリーなので少々値段が高くなっても動物病院にかかる回数が少なくなれば断然良いですよね。

うちの老犬ポメのぷぅちゃんも体を考えてモグワンを与えています。

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

美味しそうに食べてても多く与えすぎるのは厳禁です。ドライフードの場合は、水やぬるま湯で柔らかくしてあげると水分補給にもなります。

 

腸を改善する作用のある食べ物をドッグフードに上乗せしてあげるのも良い方法です。のどの食べ物も、初めは少量からにして、アレルギーに注意します。

 

喉に詰まらせないように、また消 化しやすくするように、細かく刻むことも忘れないでください。老犬の進み具合で、細かく刻むからムース状へ、その後はペースト状へ。

 

バナナ、リンゴ、キャベツ、サツマイモ、大根、プレーンヨーグルトなどは、犬に与えても心配ありません。

 

バナナとリンゴは皮を向いて生であげます。ただ、バナナは筋を取り、リンゴは芯を取るのを忘れないでください。

 

キャベツと皮を向いた大根は、生か加熱してからあげましょう。サツマイモは茹でたり蒸したりして加熱したものです。

 

ヨーグルトは、無糖のものに限ります。ただし、与え過ぎは禁物です。軟便や下痢の原因になりますから。

まとめ

 

愛犬は、家族と同じです。犬は人間より速く歳をとります。愛犬が老いたとき、さまざまな病気になることも人間と同じです。

 

老犬が便秘で苦しんでいるときは、大きな病気になる前に、できるだけのことをしてあげましょう。 人間にも便秘はありますが、犬の場合は2日排便がないとたいへんなことになります。

 

普段から腸が弱い、便秘や下痢をするなど心配な飼い主さんはサプリメントを利用して老化した愛犬の免疫を高めることも良い方法ですね。

「犬康食ワン」プレミアムをおすすめする理由!こんなワンちゃんにこそ飲んでもらいたいサプリ

老犬が安心して生活できるよう、いつまでも優しく見守ってあげることが、飼い主の責任です。

あなたの飼っている老犬の健やかな生活を心から願っています。