老犬は尻尾が下がるし、お尻も小さくなってきたのは完全老化現象それとも病気?

老犬になると身体への影響も徐々に出てきますよね。

 

見た目がやはり年寄っぽくなるんですよね。その一つが尻尾。しっぽが下がってる!

そしてお尻も心なしか小さくなっているような?

 

これは老犬になればそういった見た目の身体の変化は出てきて当然なんですよね。

 

ただ体のどこかに異常があるせいで尻尾が下がっていたり、そのせいでお尻も小さくなったりすることもあるんです。

 

これらの見た目の変化は老化以外に心配な病気なないのでしょうか?

老犬の尻尾が下がり、お尻が小さくなるのは老化?

しっぽが下がってお尻が小さくなるのは、主に老化が原因と考えられます。犬は歳をとるにつれて腰が自然と低くなり、その低くなった腰とのバランスをとるために頭と尻尾を下がります。

 

そしてお尻が小さくなるのは、腰回りの肉が落ちていき、徐々に足がもたれてくるんですよね。腰が曲がったおじいさんやおばぁさんのよう!!

 

しっぽやお尻などの見た目の変化に伴って呼んでもすぐに反応しない、食欲不振など身体のあちこちにも変化が起きます。

 

しかしそれは老化が原因ではなく、病気が原因かもしれません。では、病気の場合はどういった症状の違いがあるのでしょうか。

 

老犬の尻尾が下がる病気とは?

犬は身体のどの部分でも異常が起きた場合は尻尾を下げる傾向にあります。

 

今回は、尻尾周辺を痛がる原因を上げてみました。この原因は大きく分けて2つあります。

 

1つ目は”肛門周辺の病気”です。

 

今まで尻尾を上げていたのに、急に尻尾が下がる状態が続き、肛門付近を舐め始めるようなことがあれば「肛門周囲炎」や「肛門嚢炎」などの肛門周辺のトラブルを起こしている可能性があります。速やかに獣医さんの元で症状を診てもらいましょう。

 

2つ目は”外傷”です。

脱臼や骨折などの症状が起きていると、痛みを感じ尻尾を下げる状態が続きます。そして尻尾には多くの神経が通じているため、神経損傷に繋がり、併用して病気を発症する可能性もあります。(→排尿や排便困難など)

 

他にも外傷による痛みや、ストレスによって尻尾が下がる現象が起こると言われています。尻尾が下がり続ける状態が続いたら、まずは獣医さんの元で診てもらいましょう。

 

ワンちゃんのストレス解消をしてあげないと、短命?

老犬はストレスを解消してあげないと早死にする?!その時どんな行動をとるの?

老犬の足腰の変形を遅らせるために飼い主さんがやってあげられること

 

老化が進み、足腰が変形してからでは手遅れになります。今回は、愛犬が元気なうちからしておくべき老後の対策をご紹介します。

 

・足腰を鍛える

散歩を日頃から習慣化します。筋肉をつけていれば、老後になってからも足腰の変形の進みが遅くなります。

 

・マッサージ

血行をよくするためにマッサージはおすすめです。特に散歩後など、体温が高い時に行うと効果が出やすいです。散歩を嫌がるようなってしまっても、少しでも身体を動かすためにマッサージは続けるとワンちゃんは幸せな気持ちになります。

 

・食事管理

老犬になると消化器官が弱まるため、消化活動が悪く仔犬の頃と同じようなご飯ではよくないんですよね。

 

太ってしまうと弱くなった関節への負担が強くなりますので、肥満を予防した食べ方も大事ですね。

 

良質なタンパク質が入ったドッグフードは筋肉を強化します。寝たきりになる状態を少しでも遅らせたいですよね。

うちの15歳のぷぅちゃんも食べているモグワンの口コミをチェック!

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

愛犬との人生をより長く楽しい生活を過ごすには、飼い主さんの愛情と日頃からのケアが必要になります。これからも大事な愛犬との思い出をたくさん残してください。

 

散歩の時も尻尾が下がってるのは老化現象?

うちの愛犬のように15歳ともなれば、見た目は老犬です。

尻尾も下がって歩いてます。

 

頭も下がってます。

なんだか、かわいそうで見ていられない時があります。

 

病気だから、尻尾が下がっている場合もありますが、ある程度の年齢になれば歩くだけでも尻尾は下がってくるんです。

 

その姿を見ればだいたい何歳かな、けっこう老犬なんだろうなってわかります。

少しでもその老化を止めたいと飼い主さんは切実に思いますよね。

そんな時、飼い主さんも安心のサプリの力を頼ってみませんか?

➡ワンドリアをおすすめする理由!こんなワンちゃんにこそ飲んでもらいたいサプリ

老犬に衰えを感じる症状とは?そんなときの飼い主さんの対応策

老犬に衰えを感じる症状いろいろありますが、うちの14歳のポメのぷぅちゃんはまずは足でした。ほとんどのわんちゃんはシニア期になると足から老化を感じます。

 

そのほかにも老犬に衰えを感じる症状はいくつかあります。おかしいなと持ったら早めの飼い主さんの対応策が大事です。

 

早めにワンちゃんの老化に気を付けてあげるほど、症状は抑えられますから。老犬に衰えを感じた時、こんな症状がというものがありますのでぜひチェックしてくださいね。

 

老犬に衰えのチェック度

 

飼い主さんによって、愛犬の老化の衰えを感じる部分は様々です。

シニア犬は何歳位から?老化現象はどこから始まる?

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

  1. 後ろ足
  2. 耳の聞こえ
  3. 嗅覚

この順番に老犬の衰えが始まってきます。

 

またいつの間にか皮膚の状態が老化現象に!

脱毛や、毛の質が悪くなったりしてませんか?

 

老犬になると見た目もお年寄りになります。

皮膚や毛質ひとつでなおさら年老いた犬に見られちゃうんですよね!

肉球だってカッサカサ。

 

こんな皮膚疾患やトラブルにはアヴァンス犬用化粧水がおすすめ。

この化粧水でワンちゃんの見た目の若さを保てますね。

アヴァンス犬用化粧水を皮膚疾患におススメする理由

後ろ足の老化現象

後ろ足の変化に驚く飼い主さんはこれからもっとうちの子の足弱くなってしまうんだろうかと心配ですよね。

 

うちのポメのぷぅちゃんもそうです。気のせいか、日に日に足が弱くなってきているような気がしてならないのです。

 

散歩に行っても途中で立ち止まったり、座り込んだり。しんどいのかな。どこか痛みがあるのかな。

 

足に変化を感じたら即動物病院へ。14歳なので全身検査もしました。足はレントゲンを撮りました。そこで変形性関節炎だと診断されたのです。

 

もしもも老犬だからしょうがないか!と動物病院に行かなかったらその後の対応もしてなかったかもしれません。

 

今のところ痛みはなさそうなのですが、そのままだと筋肉は固くなっているでしょうね。骨も変形してますから歩きにくいと思います。

 

1週間分消炎剤を飲ませましたが、特に変わらなかったのでその後の治療らしきものはしてません。

今はこれ(関節サプリ毎日散歩)なしで元気に散歩してます。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

耳が聞こえない

  1. 玄関のチャイムの音に気が付かない
  2. 飼い主が外出から帰ってきたのに気配に気が付かない
  3. 名前を読んでも聞こえていないようだ

老犬の耳の衰えは治るものではないようです。

目が見えない/白内障

老犬の見た目ではっきりわかるのが目。白内障の子もいるし、一歩手前の子もいます。老犬になると犬は特にわかりますね。

 

全くこの子、目が見えないのよと話している飼い主さんとも動物病院では時々遭遇します。

 

犬の白内障の手術もありますが、獣医さんもあまりすすめていません。全身麻酔をしてのリスクを考えると老犬の寿命との割合が合わない。

 

あとどのくらい生きるかわからないのに、全身麻酔でもしものことがあったら後悔しますものね。

食べ物の匂いがわからなくなる

老犬の衰えを感じる最後は嗅覚です。好きな食べ物のはずなのに食べようとしない!

 

そんなときは今までのようなおいしい匂いを感じることが出来なくなっているんです。

歯周病と歯石

これまた飼い主さんの悩みの種です。歯周病で悩んでいる飼い主さんはたくさんいます。またひどくなると手術になるほど。

老犬の怖い歯周病と歯石

老犬が歯周病になった時の症状は?歯石取りの治療のリスクと費用について

老犬の衰えを感じた時の飼い主さんの対応策

 

足の衰え

獣医さんから言われたことは、足に負担をかけに事。部屋の中では障害物を置かないように?滑るフローリングは工夫をして滑らないようにしてください。

 

そんな感じでした。あとは弱った老犬の足の対応策は飼い主が解決しなくてはいけない問題なのです。

 

部屋や散歩の工夫、食事とサプリの併用でうちのぷぅちゃんの足の衰え対策をしています。

耳が聞こえない

聞こえないからと言って大きな声は出さず、そっと体に触れてアイコンタクトをしています。

 

耳の衰えも治るものではないですが、免疫を高めるサプリやドッグフードなど栄養面で補ってあげるということでも何もしないよりずっといいです。

目が見えない

目が見えていないので部屋と散歩のサポートをします。全く見えなくなった老犬や白内障は手術でしか見えるようにはならないのですが、寿命を長く頑張っている証拠だと受け入れることにします。

嗅覚の衰え

冷えているものは特にいい匂いは感じにくいので、少し温めてあげると食いつきは良くなります。またお水を飲まなかったら少しヨーグルトを混ぜてあげると飲むことがあります。

口臭・歯周病

歯石がたまって老犬は歯周病のリスクが高いんです。歯茎の炎症によって口臭がする老犬も多いんですよね。

 

老犬になる前に歯石を一度しっかりと動物病院で取ることもおすすめです。ぷぅちゃんは5歳の時に全身麻酔での避妊手術のついでに歯石取りをしました。

まとめ

うちのポメのぷぅちゃんはその他にも老化を感じた部分がありました。クッシング症候群と診断されたせいか、膿皮症にかかったこと。

 

どうやらクッシングのワンちゃんは膿皮症にかかりやすいそうです。抗生物質と、シャンプーで綺麗に治りました。3か月かかりましたが(*’▽’)

 

そして目やにが増えたこと

 

おならが増えたこと

 

肛門の形の変形などなど。

 

もっといろいろと出てくるのは覚悟しています。その都度飼い主としての対応策を頭をひねって考えようと思います。

老犬(シニア犬)の衰えてふらつく後ろ足にマッサージを!

老犬(シニア犬)の衰えた足にマッサージをしてあげるといろんな効果があるのを知ってましたか?

 

人間もマッサージは気持ちいいですよね。犬も気持ち良いんです。それだけで免疫は高まりますし固くなった筋肉もほぐれます。弱った老犬の足だけではなく顔や首・肉球にもマッサージ!

 

老犬へのマッサージはどんな良いことがあるのでしょうか?またどのようなやり方がワンちゃんにとって心地よいのでしょうか?

 

老犬のふらついた後ろ足にマッサージをしよう!

 

なぜマッサージが良いかと言うと、血行が良くなって血の巡りも良くなり固くなった筋肉もほぐれ足に柔軟性が出るためです。

温湿布やストレッチも老犬にはおすすめです

老犬の弱った脚にはマッサージと温湿布とストレッチで悪化させない

マッサージの仕方は難しいんじゃない?

 

犬のマッサージの本が売っているようですが、買うほどのこともないのでは?とにかく、ワンちゃんを気持ちよくマッサージすること。

 

マッサージをして筋肉が柔らかくなれば、ワンちゃんも心地いいんですよね。

 

手足を屈伸させたり凝っていそうな部分をクルクルまわすイメージでOKです。マッサージをして筋肉が固まらないようにすることが大事ですね。

 

何となくイメージができますよね。特に難しく考えなくていいと思います。さする、圧をかける、マッサージをするイメージですね。強すぎない圧をかけて行うと良いようです。

老犬の足がふらついたら自宅ケアは大事です。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

いつマッサージをしたら良いの?

 

マッサージは気が付いたときでも良いのですが、特に朝や寝起きは筋肉や関節が固くなりがち。ですので一日の始まりにワンちゃんにマッサージをしてあげると良い一日の始まりになりそうですね。

マッサージのついでにストレッチも

ストレッチをすると、柔軟性も高まります。うちのぷぅちゃんには後ろ足を特に気にかけてやってます。関節の可動域も狭くなっている老犬にとってストレッチはとてもいいですね。伸ばしたり縮めたり簡単なことしかやってません。

 

マッサージやストレッチの場所

後ろ足のほかに、肉球のあたりもやると良いのだそうです。足の指もすべて軽くつかんで伸ばしたり元に戻したりして屈伸させます。

 

肉球をぷにゅぷにゅするのがうちのぷぅちゃんは大好き。朝一の散歩から帰ってくると、まずは手足を洗い綺麗に水分を拭き取った後ワセリンを塗ります。

 

ワセリンを塗るときについでに肉球マッサージとストレッチ。

 

そのほか老犬はお尻も小さくなって来ます。これは筋肉量が減ったためですね。のの字を描くようにさすってあげるだけでもいいと思います。

 

首も垂れてきます。いつの間にか下を向いて歩くようになってませんか?頭の位置がもう少し高い位置にあったはずなのに。

 

首の筋肉も減って肩・首こりも老犬には出てきます。そのあたりも優しくマッサージをして筋肉をほぐしてあげるとワンちゃんはきっと気持ちいですよ。

 

顔の筋肉も凝ってます。人間も老化により顔の筋肉が凝ります。疲れても顔の筋肉はぎゅっと固くなります。見た目はわからないのですが、首・肩・顔・耳周りも優しくマッサージをして血行促進してあげると老化は遅らせることができます。

老犬へのマッサージの効果

老犬のクリニックでもリハビリの一つにマッサージをするところもあります。マッサージによって筋肉が緩み体を動かしやすくなる効果があるのだそうです。筋肉が硬縮してしまうと足腰に自由が利かなくなり、だんだんとワンちゃんも歩きたがらなくなります。

 

そうならないためには筋肉をいつも柔らかい状態でいることが大切なんです。筋肉は固くなり疲れているのでマッサージやストレッチで少しでも老化を遅らせてあげたいですね。