老犬のストレス解消のために何をしたあげたら長生きするの?

犬も人間もストレスが寿命に大きく係わって来ます。

ガンだって、ストレスによって免疫が落ちかかりやすいと言われてます。

 

大切な犬はストレスがかかっているかどうか、飼い主さんも中々判断は付きにくいですよね。

 

吠えている?

寝てばかり?

おしっこをいつものところでしない?

歩かない?

 

ストレスかなと思った症状やサインに気が付いたら、飼い主さんのすることとは?

 

これってストレスから来ているの?

後ろ足から徐々に前足も弱ってくる老犬

なんでこんなに急に足が思うように前に出なくなったり、滑るようになったんだろう?

 

ワンちゃんはそう思っているのです。

人間と違うので、原因はわからない。

ただただ、おかしいな今まではちゃんと前に進んで歩けていたのに。

 

そんな思いで歯がゆさを犬なりに感じています。

悲しい気持ちで涙しているかもしれません。

 

 

そんな時はマッサージをしてくださいね!

人間でもさすってくれると、なぜか安心感を覚えます。

 

 

そっとマッサージをするだけでもワンちゃんは安堵感を感じるんです。

ちょっとしたことでストレスも解消します。

 

何と言っても飼い主さんの愛情はストレスの軽減に大いに関係あります。

愛犬が不調を抱えていても・・・

 

例えば、まずは後ろ足から滑りだしてきます。

トイレシートの上でさえ、やがては滑ってしまいます。

 

さらにはトイレまでいけなくなり、途中で粗相をしてしまいます。

歩けるならまだ良い。

 

そのうち、前足が弱って来ます。

そうなってくると寝たきりも早いのです。

 

マッサージとともに内面から!!

 

私の場合は、後ろ足がおかしいなと思った時にネットで調べ「これだ!」

と思うサプリに出会うことが出来ました。

↓↓↓

➡毎日散歩の口コミは信用できる?老犬の関節サプリの評判は?

 

たぶんこのサプリに出会うことがなかったら、前足もとっくに弱っていたと思います。

 

案の定、変形性関節炎でした。

ずっと毎日散歩を飲んでたから酷くはならなかたのだと思います。

 

散歩で歩けなくなった老犬はストレスが貯まっている?

散歩に行くと、後ろ足がおかしいことに気が付きました。

痛そうなのか、あまり歩きたくないのか?

 

今までだったら、一目散に走って行ったのに・・・

これは明らかに足の問題アリだと思いました。

 

脚を触ってみると、広がりが悪いのがわかりました。

股関節が固まっているような気がしたのです。

 

これは足の骨か、筋肉が老化している証拠だと思い、動物病院に近々行かなくてはと思ったものです。

 

とは言うものの、散歩することは気分転換になります。

全く外に連れ出さないのはストレスが貯まります。

 

最初から散歩に行かないワンちゃんは慣れているので、かえって外に行くことを恐れているそうです。

 

うちの場合は一日1回又は2回は散歩に行ってたので、外の景色を見るのがとても気分が良いといぬなりに思っていると思います。

 

あまり歩くのが辛そうになってからは、途中から抱っこになりました。

 

抱っこしてでも外に連れ出してみるだけでストレスは軽減!

そして、老犬のせいか体も思うように仰向けになれないこともわかりました。

全体的に体が固くなっているのです。

 

散歩もあまり長時間は歩けなくなりました。

走って散歩も以前よりもかなり少なくなりました。

 

疲れているのか、脚に負担を感じているのか・・・

 

同じような月齢のワンちゃんの飼い主さんに聞くと、やはり後ろ足から弱ってきているそうです。

 

ネットで検索しても後ろ足から弱り、だんだんと全体的に弱っていくんですよね。

飼い主としてはとても辛いです。

 

少しでも楽になるには、筋肉強化と骨の強化が大切です。

そして、お散歩も無理しない程度に歩かせることも必要です。

 

帰って来たら、必ず肉球のお手入れは忘れずに。

私はワセリン。

エヴァンス。

老犬になったら目やにもすごいので、目薬で綺麗にしてました。

 

こちらの記事も、ワンちゃんの足が心配になったら是非お読みくださいね!↓

➡老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

大型犬ラブラドール・レトリーバーが股関節形成不全と診断されて!毎日の過ごし方や対策について

比較的まだ若いワンちゃんがなる股関節形成不全。大型犬に発症しやすいこの病気はちょっとした愛犬の歩き方の変化でおかしいことに気が付きはじめます。

 

愛犬のこゆきちゃんはラブラドール・レトリーバーの女の子。 遊ぶ事が大好きで、週に何度かはドッグランへ連れて行っては楽しそうに走り回っていました。

 

しかしある日、左の後ろ足をはうように、ひょこひょこと歩くようになったことから不安になり動物病院へ行って検査した結果、股関節形成不全と診断されたのです。

 

今回はそんな股関節形成不全と診断されたラブラドール・レトリーバーの女の子のお話をもとに今後の治療法やこれからの過ごし方について触れてみます。

 

股関節形成不全と診断・治療方法は?

少し捻ったのかな?とも思いましたが、運動後には毎回のように足を庇うようになったので病院へと連れていくことにしました。

こゆきちゃんは、股関節形成不全でした。

 

以下、小雪ちゃんの飼い主さんの体験談をもとに文章を書こうと思います。

 

股関節形成不全は、遺伝的なものが多く、さらには大型犬に発症することが多いそうです。
症状が出始めるのは骨格形成が終わる2歳頃の場合が多く、こゆきはその時1歳半になった頃でした。

症状が重度でお薬の効果が見られないような場合には手術をする必要があるとのこと。
こゆきは痛みを緩和するための鎮痛剤を処方していただきました。

 

ただ一度この病気を発症すると、変形は治るものではありませんのでひどくなった場合はどうしても外科的手術が避けられないこともあるんです。

 

ひどくなり変形性骨関節症になってしまうと、根治的治療が望ましいので全股関節置換術で人口の関節に取り替える手術を勧められることがあります。

 

でも合併症も10%あるので、デメリットもあるということなんですよね。

股関節形成不全を悪化させないための過ごし方と対策

足を痛めてもこゆき自身は今まで通り走りたがるし、階段を嫌がるなんて事は無いし、全然気にしていないのです。

 

だからといって股関節形成不全であることは事実です。

 

まず階段を使う事、過度な運動をさせることをやめました。完全に運動をさせないとなると、それが大きなストレスとなってしまいます。

 

精神的にも負荷をかけてしまう事になりますし、それに筋肉が固まってしまうので返って良くないのだそうです。

 

なので今は短時間(30分以内)のお散歩を1日に2回程度、ドッグランでは今までのように走り回るのではなく、飼い主と一緒にゆっくりジョギングをするようなペースで走らせるようにしています。

 

特に、「ジャンプをさせる」「後ろ足2本だけで立つような姿勢」は、股関節に負担がかかりやすいので当然させないようにしています。

 

ご飯の際にピョンピョンと跳ねて喜ぶワンちゃんは多いと思いますが、やめさせた方が良いかもしれませんね。

 

次に、フローリングなど硬い場所で寝かせないようになりました。ハウスにはクッションを敷き、できる限り足に負担がかからないようにしています。

股関節形成不全になった犬へのおすすめサプリ

股関節形成不全 になったワンちゃんに出来る対策はいくつかありますが、まずは体重管理です。

 

こゆきが足を痛めてからは体重管理にとても気を使うようになりました。当然ですが、体重が重ければ重いほど、足にかかる負担は増えていきます。

 

ラブラドール・レトリーバーはとても食いしん坊な子が多いですし、更には今までよりも運動量を減らしているので今まで以上に体重管理をしっかりしてあげなければいけません。

 

肥満は足だけではなく心臓や色々な臓器への負担となるので、どのワンちゃんでも気をつけるべきですね。

 

そんなとき見つけたのが、獣医師がすすめるワンちゃん用サプリメントです。

 

こゆきは股関節形成不全と診断され、今までのように走り回ったりする事は出来なくなってしまいました。

 

当然ショックは受けましたが、そこまで重く受け止めることは無いのかなと思います。
たとえ走り回れなくても、ワンちゃんの日常を楽しいものにしてあげることはじゅうぶん可能です。

 

あまり深刻に悩んでしまうと、それはワンちゃんにも伝わってしまいます。
獣医さんや、プロのトレーナーさんに相談するのも良いですね。

 

明るく前向きに、足を悪くしてしまったワンちゃんでも楽しめる事を見つけてあげる事が大切だと思います。

 

愛犬の歩き方や元気がないなどの症状に気が付き、早めの対策で重症化しないよう事が大事なことですね。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

老犬になると筋肉が衰えてきて、足腰が弱くなってきます。まず、後ろ足から弱ってきて、たちあがることがむずかしくなってきますね。

 

人間と同じように老犬にも最期まで質の高い生活を送らせてあげたいです。足腰には関節サポートのサプリが有効だと私は実感です。

 

足腰が弱っているワンちゃんには毎日のケアで寝たきりにならない生活を送らせてあげましょうね。

老犬の弱った足腰にサプリメントを上手に活用しよう

 

老犬の弱った足腰には散歩が大事

 

老犬は後ろ足から弱ってくる犬が80%以上です。犬の立ち上がりは、まず前足を出すとともに後ろ足も踏ん張って4本で立ち上がります。

 

でも、後ろ足が弱るとどうなるでしょう。前足を出しても後ろ足が立ち上がらなければお尻をあげることが出来ません。

 

老犬は何とか立ち上がろうとします。お尻が上がらないときは、お尻を支えて立ち上がる助けをしてあげると、立ち上がりやすくなります。

 

ふらふらしながらも、毎日の散歩は寝たきりを防ぎ足腰を丈夫にします。長時間の散歩は負担がかかりますが、少しの時間の散歩で弱っていた足の筋力を強め、立ち上がりが出来るようになります。

 

また、食欲も出てきて食事量も増えてきます。疲れるので、夜と昼が逆転せずに、夜にぐっすりと眠れるようになります。

 

ただ、関節炎の場合は痛みがあるので、散歩をすることを嫌がります。無理のないように散歩をしてあげたいですね。

 

足腰の弱った老犬にはサプリが有効

 

足腰が弱り、立ち上がりが悪くなると、散歩に行くことや動くことを嫌がります。動かないと、ますます筋力が弱り、関節軟骨が減り歩けなくなるという悪循環に陥ります。動かないのでますます肥満気味になる老犬もいます。

 

サプリには栄養を摂取できるものやダイエットサプリ、関節の痛みをとり、老化現象を改善するサプリなど色々なサプリがあります。

 

足腰が弱った老犬には関節をサポートするようなサプリが有効です。まず、犬の食いつきがいいサプリで、関節の軟骨成分が含まれているものを選ぶといいですよ。

うちの愛犬ぷぅちゃんが毎日散歩を飲んだ結果♡

毎日散歩は本当に犬の関節におススメなサプリなのか検証してみた!

高齢になる前から予防のためにサプリを毎日飲ませてあげていると、元気に動けるようになったという例を何件もあります。

 

関節ケアにおすすめのサプリ「毎日散歩」

 

「毎日散歩」は、筋肉成分やコンドロイチンやコラーゲンなどの軟骨成分、グルコサミンという関節成分などが含まれていて、獣医さんも推奨しているんですね。

 

食いつきを良くするために豚肉や鶏肉を混ぜてあるので、犬好みの味にしてあります。

 

美味しそうに毎日サプリを口にするぷぅちゃん。なんだか美味しそう過ぎてもっと食べたそうです。

 

「毎日散歩」を食べだしてから、立つのがやっとだった犬が元気にジャンプできるようになったという声も聞かれます。

 

元気に動けるようになれば、散歩を喜んでするようになり、筋肉がつき、前のようにしっかりと歩けるようになります。

 

毎日散歩は愛犬が関節炎で辛い症状を抱えている飼い主さんに人気のあるサプリです。

もしも食べなかった時のお試しもできるので安心ですよ!
詳しくは公式サイトでチェックしてくださいね!
 
愛犬の関節炎に悩んだら!
 

→毎日散歩公式サイトこちら・・・ 愛犬用関節サプリメント【毎日散歩】

老犬の弱った足腰に自宅ケアも大事

 

足腰の弱った老犬には自宅ケアが大事です。自宅ケアは関節成分の栄養素をとることや体重をコントロールすること、適度な運動をすることです。

 

関節成分の入った栄養素をとる

 

関節成分の入った栄養素は手軽に摂取できるのは紹介した「毎日散歩」というサプリメントです。

 

食事では、サメの軟骨や手羽先、鶏がらスープ、豚骨スープなどで、コラーゲンはスープに多量に溶け出しているので、煮汁も一緒に食べさせてあげると成分をたくさんとることができますよ。

 

療養食のフードには、コンドロイチンやグルコサミンが含まれたフードがありますので、成分表示をチェックしてくださいね。

 

体重コントロールすること

 

肥満になると、足の関節や腰に負担がかかります。特に、関節炎になると、痛みや腫れで運動を嫌がります。そのため、寝ていることが多くなり肥満になりやすいですね。

 

ダイエットフードなどで体重コントロールして療養食と併用すると関節炎の改善プラスダイエット効果があります。

 

適度な運動をする

あまり長く散歩をすると関節炎の足に負担がかかるので、適度な運動をして筋力をつけることで足腰が弱らず、老犬になっても長く歩けるようになります。

 

まとめ

老犬は関節炎になりやすく、痛みや腫れでますます動かなくなり、筋力が弱り、足腰が立たなくなるというケースが多いです。

 

そんなぷぅちゃんは可愛そうで見ていられない!

 

老犬で動けなくなる前から関節サポートをするサプリメントを食べさせてあげたいですね。適度な散歩をして療養食や体重コントロールなどをすることで、一日でも長く元気でいてほしいです。

老犬の関節炎の初期症状と変形性関節炎についての治療法と診断とは?

老犬の関節炎の初期症状は飼い主さんがある日、

「あれ?後ろ足なんだかおかしい」「引きづっているようだ」

そんなところから症状として表れてきます。

 

そのほかにもいろんな症状が出てきて、やがて何もしないと痛みも出てきて重症化してしまいます。

 

うちのポメのぷぅちゃんも関節炎と思われる初期症状はちょっとした変化でした。おそるおそる動物病院に行くと、変形性関節炎の診断を受けたのでした。

 

老犬の老化の一つである関節炎の治療法はあるのでしょうか?

老犬の関節炎初期症状とは?

 

飼い主さんによって、愛犬の足の老化現象に気づく内容は違うかもしれません。

うちのぷぅちゃんは歩き方がトボトボからの始まりでした。

関節炎の初期症状

  • 散歩に行っても座り込んだり、立ち止まったりするようになった
  • 歩き方がおかしい
  • 今までソファなどピョンと乗ってたのが急に出来なくなった
  • 寝ている時間が多くなった
  • ごはんを食べるのに、座って食べるようになった

関節炎の老犬ポメラニアンのぷぅちゃんにはマッサージと温湿布の毎日

老犬の弱った脚にはマッサージと温湿布とストレッチで悪化させない

変形性関節炎について

うちのぷぅちゃんは変形性関節炎と診断されましたが、この子の場合は老化からのものですと言われました。

 

そのほか変形性関節炎は様々な関節に起こることがあるそうです。また一概に老化現象ともいえないようです。

 

レントゲンで一目瞭然でした・・・

 

痛みがあるかどうかわかりませんが、

獣医師からの処方はこうでした。

消炎剤を1週間出します。

もしもその消炎剤を飲んで歩き方に良い変化が表れたのなら、痛みがあったということですね。

そうなった場合、しばらく消炎剤を飲んで様子を見ましょう。

 

ところが、1週間消炎剤を飲んでも足のフラフラは変わりませんでした。

変形性関節炎は治らないとはっきりと獣医師に言われました。

関節炎を治すための方法

 

犬の15歳近くは人間でいうと80歳くらいなので、足の関節炎が起こっても不思議ではないですよと言われて安心してよいものだかどうなんだか。

 

でもこれ以上関節炎は悪くならないで欲しいですよね。ドッグフードやサプリメントで関節炎の症状を抑えるのも一つですよと言われました。

 

ここまで来たらわらをもつかむ思いです。煮干しを食べさせ、筋肉を増やすために手作りフードにお肉を入れタンパク質強化です。

 

それと、今回は初めてうちの愛犬に犬のサプリを買ってみました。

このサプリがなかったら今頃もっと足の様態は悪くなってたかもしれません。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

やっぱり年をとると人間も犬も体の形成や不調にサプリは必要になってくるんですね。また、関節炎がひどくならないよう股関節を柔らかくするようにマッサージは欠かせないようにしています。

 

老犬の夜泣きの原因はなに?いったいいつまで続くのか!?

老犬の夜泣きに悩まされている飼い主さん。愛犬はかわいい。でもこんな毎日毎日夜泣きを

されると心身ともに参ってしまうし、ご近所さんの迷惑も考えてしまう!

 

老犬の夜泣きの原因がわかればいいのに・・・でもきっと老犬だから認知症が原因で夜泣きをするのかな?

 

毎日の夜泣きは一体いつまで続くのか、夜泣きに効く薬やサプリメントはないだろうか?って本気で思いますよね。

 

老犬の夜泣きの原因は認知症だけじゃない

 

老犬になると特有の夜泣きは認知症からくるものが多いのは事実です。神経の伝達が今までのようにスムーズに脳に行かないことが原因ですね。

老犬の衰えについての読まれている記事

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

そのほか、精神的なものからくることもあります。人間と同じように薬で対処することが出来るので多少の夜泣きは減るかもしれませんね。うつ症状が出ているワンちゃんには抗うつ剤、神経が高ぶって眠れていないワンちゃんには睡眠薬で落ち着くこともあります。

老化による精神的ストレス

老犬になって、今までのようにいろんなことが少しずつ出来なくなっていることに対しての精神的ストレスが夜泣きの大きな原因でもあります。

悲しい、辛い、なんで歩けなくなったの?

耳が聞こえない、目も見えなくなった!

不安だから飼い主さんのそばにずっといたい。

そんな気持ちからくる老犬の夜泣き。

飼い主さんも辛いです。

体の痛みによる夜泣き

 

関節の痛みが辛く夜鳴きをする老犬は本当にかわいそうです。老犬になると変形性関節炎と診断されることがありますが、痛みでびっこをひいている場合などは夜中も痛みがある可能性が!

 

この痛みを何とか解消してあげなくてはいつまでも夜鳴きは続くかもしれません。動物病院では消炎剤を処方してくれることもあります。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

うちの14歳のぷぅちゃんは変形性関節炎と言われました。夜鳴きも今のところはなくじっとしている分には痛みはなさそうなんですが・・・

 

夜鳴きが始まったら本当にかわいそう!そう思ってドッグフードにも神経を使っています。

夜泣きはいったいいつまで続くの?

痴呆が始まったワンちゃんの夜泣きは中々治らないかもしれません。精神的なものからくる夜泣きは薬やサプリメントで対応できることもあるので獣医さんに相談するのが良いですね。

 

関節炎の痛みによる夜泣きは痛みを取ってあげる消炎剤やサプリメントも有効的です。老犬になった夜泣きは超高齢期に入ったともいえます。

 

関節炎にも痴呆にもwで嬉しいサプリ

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

老犬の夜泣き対策

老犬の夜泣きの原因は年齢からくるもの、ストレスなどで深い眠りにつけない、関節などの痛みのほかに昼夜逆転している場合があります。

 

日中にぐっすり眠ってしまうと、夜中に眠れなくなり夜泣きをすることがあります。体内時計がずれてしまってきてるんですよね。日中は散歩に行くなどしてあまり寝すぎないよう時々起こしてくださいね。

 

夜泣きをしているワンちゃんの原因を知り、残り少ない老犬の寿命と考えてそばにいてあげたいですね。

 

 

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

老犬になると衰えはまず足に出ます。

 

後ろ足がおかしい!

 

散歩の時にはゆっくり歩いたり、途中で立ち止まったりするようになり飼い主さんはそんな愛犬を見て老化を感じるようになります。

 

後ろ足に変化が出たら、加齢による関節炎と診断される場合が多いです。

何とかして関節炎の進行を遅らせたい!

 

飼い主さんがワンちゃんにしてあげられることは?

高齢犬になって衰えた後ろ足の関節炎に何か良いサプリはあるのでしょうか?

後ろ足が関節炎になった時のおススメサプリメント

 

老犬の後ろ足が関節炎と診断されたとき、または獣医さんにまだ診せてなくても、「あ~、きっと加齢で骨が変形したのかな、筋肉が弱ったのかな?」

 

と飼い主さんはきっと感じると思います。

 

動物病院に行く前に、骨を強化するサプリメントはないだろうか、どんなサプリメントがうちの子に合うんだろうか?

 

市販でもサプリや骨強化のドッグフードは売っているようだけど、どれを選んでよいかわからない!きっとそう思って言う飼い主さんは多いと思います。

関節炎のおススメサプリメントのポイント

  • 軟骨をサポートする成分が入っているかどうか
  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • アミノ酸、ミネラル、ビタミン類
  • ある程度名前が知られている
  • 公式ページに信用できる内容が書いてあるかどうか
  • 続けられる金額である
愛犬の関節炎に悩んだら!
 

→毎日散歩公式サイトを見てみる・・・愛犬用関節サプリメント【毎日散歩】

老犬の後ろ足がフラフラになったら?

愛犬がシニア期に入ったと感じるのが、後ろ足の衰えです。

老犬の後ろ足の変化に気が付いたら、食事以外にも健康管理は大切です。

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

飼い主としてはどうしたら良いか・・・このまま悪化していくのだろうか?動物病院にとりあえずは行ってください。

 

レントゲンを撮って診断を仰ぐようになると思います。「あ、やっぱり変形性関節炎になっているね」と言われることがほとんどだと思います。

 

うちの老犬はもうぐ15歳のポメラニアン。やはり後ろ足がフラフラしてきました。どうしたら良いのか、悪化させないためには?うちの子は数か月前クッシングと診断されています。

 

ついでに?弱った足の事をと聞くと、「ターミナルケアに入るということです」私はそういわれました。ターミナルケアと言うと、人生の終末期ですよね。悲しいけど受け止めなくてはなりません。

 

そして家では滑らないように床を工夫してくださいとも言われると思います。そんなこと言われなくても、もう床の工夫はやってますが。

 

コルクだったり、ゴムのようなものだったり1枚が50センチ四方のものを部屋中、ワン子が歩くところへ敷き詰めています。

関節炎の老犬の散歩はどうする?

 

 

歩けるのであれば散歩は行ったほうが良いのです。

 

筋肉は付けないとどんどん減っていきます。座り込んだり、立ち止まったら無理はさせないでいいのです!

 

またナックリングと言って足の甲で歩くことがあります。足の骨や筋肉が若いころのように丈夫ではなくなっているので、どうして足の甲を使って歩くようになります。

 

足の甲が汚れてたり擦れていたり毛が薄くなったら、足の老化はかなり来ているということかもしれないです。

まとめ

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になっても散歩は筋肉を弱らせないため、そして外の景色を見せて刺激を与えるためにも散歩は無理のない程度に連れていってください。

 

後ろ足が今以上に弱くなって歩けなくなって来たら、胴衣付きのハーネスで補助してあげることも良いですね。

 

サプリも愛犬の関節の強化のためにも必要かなと思います。また免疫を強くすることも老犬にとっては必要です。ドッグフードにも良質のタンパク質が入ったものをぜひ選んでくださいね。