関節炎以外に様々な病気による症状を同時に患った老犬!ワンコの介護体験とは?

 

いつも元気な愛犬と一緒に何年もいても中々ワンちゃんの老いには気付かないものです。今回は15歳で子宮蓄膿症になったあるワンちゃんの体験談をまとめてみました。

 

今回この記事をまとめながら、飼い主さんから貴重な経験を話してくれてとても感謝しました。きっと涙を流しこの記事を読んでくれる方もいるのではないかと!

犬がシニア気になるとちょっと白髪が増えた、目が少し濁ってきた、歩くのがゆっくりになった、前より吠えなくなってきたとは感じてはきますよね。

 

歳だし仕方ないか?と特に気にしない飼い主さんが多いと思います。ところがこのワンちゃんは15歳で子宮蓄膿症になってから老いによる様々な症状や病気が怒涛のように現れてきたのです。

 

老犬になった足の異常や他の様々な病気や症状に気付いたきっかけ

 

今迄は普通に走り回っても滑ったり転ぶことはなかったのですが急に滑ったり転んだりし起き上がれない、また餌を食べる時や水を飲むときにふらつくようになり、関節炎と診断されました。

 

 

以前のレントゲンで変形性脊椎症になってることは聞かされていたのですが、今まで目立った症状なかったのでビックリしました。

 

まずは消炎剤を処方され足に負担が掛からないよう太らせないようにとの事で様子見となりました。

 

 

その後3か月ほどしたある日、突然クルクルと回りだし転ぶの連続で立ち上がるのも大変な状態になり、首も傾いており直ぐに病院へと行ったところ突発性前庭疾患との診断でした。

 

 

内服薬を処方してもらい症状も落ち着きましたが、後遺症としてバランス感覚が完全に治らなかったため真っすぐ歩けなくなりました。

 

 

そしてしばらくして散歩に行くと溝に落ちたり側溝のふたの隙間に足を挟んだり、家の中でも壁や家具に頭をぶつけるようになってきました。

 

 

また呼んでも全く反応しなくなり、難聴と白内障の悪化による失明と診断され、血液検査で肝臓や腎臓も弱ってきており手術に耐えれる保証がないとのことで何もしないことになりました。

 

 

その後、目を開けることが出来ず目ヤニも沢山出ており緑内障と角膜炎との事で点眼薬と内服薬での治療となりました。

 

眼圧が異常に高いことで頭や顔をぶつけて眼球破裂になる可能性があるためとのこと。そして1年が過ぎた頃に発作を起こしグッタリし病院へ直行。

 

発作の原因はCTやMRIでないと分からないとのこと、その検査のための麻酔に耐えれる状態ではないとのことで検査を諦め、肝臓と腎臓がかなり悪いため投薬もしない方針となりました。

 

以前から年齢と老化具合を考えると何時いつ体調を崩してもおかしくないと言われており覚悟はしていたのですが、とうとうその時期が近づいてきた事を認めざる得ない何とも言えない気持ちになりました。

 

 

その後は寝たきり状態になり約20日後に、いつもと同じ眠った時の表情でのままで苦しむこともなく穏やかに旅立っていきました。

老犬になったワンコのために行った介護の工夫

 

・床で滑ったりこけるのを防ぐためタイルカーペットをフローリングの上に敷き詰める。

 

*失明したワンコの場合は目が見えていた時の家具の位置の感覚を覚えており、家具の位置を変えると位置がわからなくなりパニックを起こし危険です。

 

 

・散歩をさせないと筋肉が落ちたり肥満の原因にるためバスタオルを介護用ハーネスの代わりに使って少しでも散歩。

 

出来るだけ平らな所を歩いたり公園まで車で行き公園で歩かせたり、障害物のない所を選んで歩くことを気にかけてあげてました。

 

 

・ふらついて頭や顔をぶつけた時の衝撃を少しでも軽くするために角がある家具や椅子の足や部屋の壁、ゲージの柵など良くぶつかる場所や危険だと感じる所に梱包に使うエアクッションやタオルを貼りました。

 

 

・毎日1~2回手足の肉球マッサージとツボ刺激。(肉球やツボ刺激で歩いてるような感覚を得ることが出来るため)

 

 

・ごはんはダイエット用で年齢にあったものに変更(ドライフードとウェットフード両方とメーカーの違うものも用意し食欲が無くなった時に代えて与える)

 

 *ドライフードとウェットフードを混ぜ水を加えフードプロセッサーでペースト状にして与えることもありました。

 

 

・餌入れや水入れを床に置くと手足に負担がかかり食べにくいのでワンコの食べやすい高さになるような台を作りその上に餌入れと水入れを置く。

 

 

・介護用オムツを用意。(ペット用の物ではなく赤ちゃん用のオムツに尻尾の穴をあけて使用)

・元気になるサプリを飲ませた!

 

 老犬になった今こそ犬の免疫を高めたい!そんなサプリです。

ワンドリアをおすすめする理由!こんなワンちゃんにこそ飲んでもらいたいサプリ

  老犬の介護経験から感じたこと

 

残念ながらうちのワンコは昨年夏に老衰により18歳で亡くなりました。

 

ここまで長生きできたのは飼い主さんの努力と気持ちと食欲だけは亡くなる2日前まであったからだと先生に言われ少しは救われた気持ちです。

 

ただ半年以上たった今も良く思い出し涙がでます、正直に言いますと、これを書きながらも涙止まらなくなり途中で書けなくなることが度々ありました。

 

 

自分より早く老いてしまうという現実を改めて気付かされ、老いが来た後にどうやって一緒に過ごしていけるか?

 

最初のころは心配で、やっていける自信や覚悟があるか不安でしたが、介護専門のペット用品を自分で作ったり、インターネットで様々な情報を見て実践したりと、今思えば今後も役立つ貴重な体験と自信をワンコが与えてくれたと感謝しています。

 

 

今回はこのワンちゃんの貴重な体験談を記事にまとめたのですが、頑張って18歳まで生きた証とともに飼い主さんの精神的な苦悩も同時に感じました。

 

飼い主さんに愛されていたのが良く分かる内容で、胸が詰まる思いでした。

 

老犬の関節炎の初期症状と変形性関節炎についての治療法と診断とは?

老犬の関節炎の初期症状は飼い主さんがある日、

「あれ?後ろ足なんだかおかしい」「引きづっているようだ」

そんなところから症状として表れてきます。

 

そのほかにもいろんな症状が出てきて、やがて何もしないと痛みも出てきて重症化してしまいます。

 

うちのポメのぷぅちゃんも関節炎と思われる初期症状はちょっとした変化でした。おそるおそる動物病院に行くと、変形性関節炎の診断を受けたのでした。

 

老犬の老化の一つである関節炎の治療法はあるのでしょうか?

老犬の関節炎初期症状とは?

 

飼い主さんによって、愛犬の足の老化現象に気づく内容は違うかもしれません。

うちのぷぅちゃんは歩き方がトボトボからの始まりでした。

関節炎の初期症状

  • 散歩に行っても座り込んだり、立ち止まったりするようになった
  • 歩き方がおかしい
  • 今までソファなどピョンと乗ってたのが急に出来なくなった
  • 寝ている時間が多くなった
  • ごはんを食べるのに、座って食べるようになった

関節炎の老犬ポメラニアンのぷぅちゃんにはマッサージと温湿布の毎日

老犬の弱った脚にはマッサージと温湿布とストレッチで悪化させない

変形性関節炎について

うちのぷぅちゃんは変形性関節炎と診断されましたが、この子の場合は老化からのものですと言われました。

 

そのほか変形性関節炎は様々な関節に起こることがあるそうです。また一概に老化現象ともいえないようです。

 

レントゲンで一目瞭然でした・・・

 

痛みがあるかどうかわかりませんが、

獣医師からの処方はこうでした。

消炎剤を1週間出します。

もしもその消炎剤を飲んで歩き方に良い変化が表れたのなら、痛みがあったということですね。

そうなった場合、しばらく消炎剤を飲んで様子を見ましょう。

 

ところが、1週間消炎剤を飲んでも足のフラフラは変わりませんでした。

変形性関節炎は治らないとはっきりと獣医師に言われました。

関節炎を治すための方法

 

犬の15歳近くは人間でいうと80歳くらいなので、足の関節炎が起こっても不思議ではないですよと言われて安心してよいものだかどうなんだか。

 

でもこれ以上関節炎は悪くならないで欲しいですよね。ドッグフードやサプリメントで関節炎の症状を抑えるのも一つですよと言われました。

 

ここまで来たらわらをもつかむ思いです。煮干しを食べさせ、筋肉を増やすために手作りフードにお肉を入れタンパク質強化です。

 

それと、今回は初めてうちの愛犬に犬のサプリを買ってみました。

このサプリがなかったら今頃もっと足の様態は悪くなってたかもしれません。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

やっぱり年をとると人間も犬も体の形成や不調にサプリは必要になってくるんですね。また、関節炎がひどくならないよう股関節を柔らかくするようにマッサージは欠かせないようにしています。

 

毎日散歩は本当に犬の関節におススメなサプリなのか検証してみた!

毎日散歩と言うサプリは知っている飼い主さんも多いと思います。特に老犬を飼っている飼い主さんは毎日散歩の口コミや評判をきっと調べ済みですね!

 

老犬になると後ろ足の関節から衰えが見えることが多いですよね。ある日愛犬の足に変化が見えた!そう感じたらみるみる弱っていく老犬の足。

 

飼い主さんとしたらそんな愛犬を見ていると、不憫でしょうがないです。

 

何とかして弱った足をサプリで強くしてあげたい!

 

と思いますよね。私は関節炎に効果があるサプリはないだろうかと探しているうちに毎日散歩にたどり着きました。

 

そして弱った関節に本当に効き目があるのだろうか、老犬の関節炎におススメなサプリなのか実際にもうすぐ15歳になるポメのぷぅちゃんに与えて検証してみました。

毎日散歩のサプリは本当に効果があるのか検証してみた

 

日に日に弱っていくうちのポメのぷぅちゃんの後ろ足。ドッグフードは以前から安全なものを与えていますが、それだけじゃ不安です。

 

何かうちの子の関節炎に良いサプリメントはないだろうかと探してみました。それは毎日散歩と言う関節炎におススメなサプリでした。公式ページを見るとお客様の声を実際に載せてありますのでぜひチェックしてください。

 

毎日散歩って本当に犬の関節炎に効果あるの?!

 

そりゃ最初は半信半疑です。人間も細胞が入れ替わるのに3か月かかります。サプリの効果も細胞が入れ替わるのに3か月を要すると聞いたことがあります。

 

3か月もサプリの効果を待つのは長いなぁと思ってましたが、とりあえず毎日散歩が届いたその日の夜に与えてみました。

 

毎日散歩は見た目が薬のようなのでそれも心配でした。飲まなかったらどうしよう!と思いましたが、どうやらワンちゃん好みの味にしてあるようでペロッと食べましたので安心。

 

毎日散歩を飲ませた次の日の朝、早速違う!うそでしょ?

 

そんなに早くサプリの効き目が出るわけない!これは気のせいかもしれません。でも前日までのヨロヨロ歩きがしっかりとした様子で歩き始めたのです。

 

そしていつものように散歩に行きました。やっぱり違う!でもはっきり言ってそんなに早く効き目は出ないと思いますので、おそらく気のせい。

 

気のせいでもいい!これから毎日散歩はきっとうちの子の関節を強くするはず!あれから10日間毎日散歩のサプリメントを与えていますが、いい感じです。

 

公式ページに書いてあるお客様の声は嘘じゃなかったんだと実感しています。

毎日散歩はいつまで続けたら老犬の関節は良くなるの?

さて犬のサプリと言えども、お金は毎月かかってきます。可愛い愛犬とはいえ、痛い出費です。ずっと永遠にこのサプリは飲み続けるのかが気になる所ですよね。

 

動物病院の獣医師にも関節炎にはサプリを与えたり、関節に良い材料が入っているドッグフードに切り替えてみるのも効果的だと思いますと言われました。

 

老犬のごはんも良いものにして、サプリも与えてとなるとお財布事情が!!でも月にランチを2回分で愛犬の足が良くなっていけば安いもんだ!

 

いまのところ、うちの老犬のぷぅちゃんの変形性関節炎のサプリは毎日散歩を与えていますが、いつまで続けるか未定です。

 

もしかしたらこの先は関節炎に良い材料が入っているドッグフードだけでい状態になっていくかもしれないし?

 

でもこの毎日散歩は続けているとすこぶる足の調子が良くなっているなら、寿命を全うするまで与え続けてもいいかなと思ってます。

 

この毎日散歩は関節だけではなく、認知症などにも効き目があると言う書き込みを先日ネットで発見してしまいました。

 

超高齢犬になる事を想定しても毎日散歩は愛犬のために与え続けようと思います。

 

毎日散歩の特徴

まずは毎日散歩のパッケージの裏を見てみました。合成着色料や保存料は一切ないことがわかります。老犬だけではなく、犬の関節専用サプリとして人気な毎日散歩ですがどんな特徴があるのでしょうか?

 

毎日散歩を購入した飼い主さんの口コミにもあるように、このサプリを与えて2~3日で目覚ましく元気になりジャンプやグイグイ引っ張りが復活したり、うちのぷぅちゃんと同じく相当な速さでサプリの効き目を実感したようです。

 

抗酸化作用もある材料を使っているため、老化を遅らせる、疲労回復、運動機能の上昇、生活習慣病の予防等など関節炎だけにとどまらず犬の全身の健康管理にも役立つサプリなんです。

 

毎日散歩のお得な購入方法

ワンちゃんの関節サプリ毎日散歩はいくつか購入方法があります。

■お試し一か月(60粒入り30日分小型犬の場合)

 2,776円⇒半額の1,383円で買えます。

 1世帯3袋まで。

■定期購入その1

 一か月に1袋届くコース

 2,776円⇒初回980円(65%オフ)

 二か月目以降10%オフ

 2,776円⇒2,498円

■おまとめ定期プラン(3か月ごと3袋を定期購入)

 8,328円⇒初回2,940円

 2回目以降20%オフ

 8,328円⇒6,661円

私はこのおまとめ定期コースにしました。

長い目で見れば一番お得です。

何と言っても定期購入の縛りがないのが良いですね。またもしもワンちゃんの口に合わなくて食べなかったら、返金保証が付いています。いつでも解約・休止・再開可能です。

 

支払方法はクレジット払いでもコンビニ後払いでもOKなのですが、私は代引きにしています。そのほうが面倒じゃないし、代引き手数料もかかりません。

 

毎日散歩のまとめ

  1. 今ならキャンペーン中でどの購入方法も初回がとってもお得!
  2. 送料無料
  3. ワンちゃんが万が一食べなくても30日間返品ok!
  4. 定期縛りがないので、もういいやと思ったら次回の10日前までに連絡すればいつでも解約・休止・再開が出来る
  5. 関節に良いだけじゃなく、老化を遅らせたり運動機能を上昇させたりそのほかいろいろと犬にとっての全身管理が出来る
  6. 口コミに書いてあることは本当なんだ!と実感した

 

骨など関節のみならず、筋肉も丈夫にしてくれる毎日散歩はこれからもうちの愛犬に欠かせないサプリになりそうです。

 

お散歩の後または、食後に与えると消化吸収が良いのでその時間を見計らってうちのぷぅちゃんに食べてもらうことに決めました。

 

手作りごはんや一般的なドッグフードでは栄養が足りないので、こういった毎日散歩のようなサプリで慢性的に不足する栄養素を補ってあげたいですよね!

 
 
 
 
 
 
 
返金保証付きほか詳細については公式サイトでチェックしてくださいね!
 
愛犬の関節炎におススメ人気のサプリ
 

→毎日散歩公式サイトこちら・・・ 愛犬用関節サプリメント【毎日散歩】

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

老犬になると衰えはまず足に出ます。

 

後ろ足がおかしい!

 

散歩の時にはゆっくり歩いたり、途中で立ち止まったりするようになり飼い主さんはそんな愛犬を見て老化を感じるようになります。

 

後ろ足に変化が出たら、加齢による関節炎と診断される場合が多いです。

何とかして関節炎の進行を遅らせたい!

 

飼い主さんがワンちゃんにしてあげられることは?

高齢犬になって衰えた後ろ足の関節炎に何か良いサプリはあるのでしょうか?

後ろ足が関節炎になった時のおススメサプリメント

 

老犬の後ろ足が関節炎と診断されたとき、または獣医さんにまだ診せてなくても、「あ~、きっと加齢で骨が変形したのかな、筋肉が弱ったのかな?」

 

と飼い主さんはきっと感じると思います。

 

動物病院に行く前に、骨を強化するサプリメントはないだろうか、どんなサプリメントがうちの子に合うんだろうか?

 

市販でもサプリや骨強化のドッグフードは売っているようだけど、どれを選んでよいかわからない!きっとそう思って言う飼い主さんは多いと思います。

関節炎のおススメサプリメントのポイント

  • 軟骨をサポートする成分が入っているかどうか
  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • アミノ酸、ミネラル、ビタミン類
  • ある程度名前が知られている
  • 公式ページに信用できる内容が書いてあるかどうか
  • 続けられる金額である
愛犬の関節炎に悩んだら!
 

→毎日散歩公式サイトを見てみる・・・愛犬用関節サプリメント【毎日散歩】

老犬の後ろ足がフラフラになったら?

愛犬がシニア期に入ったと感じるのが、後ろ足の衰えです。

老犬の後ろ足の変化に気が付いたら、食事以外にも健康管理は大切です。

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

飼い主としてはどうしたら良いか・・・このまま悪化していくのだろうか?動物病院にとりあえずは行ってください。

 

レントゲンを撮って診断を仰ぐようになると思います。「あ、やっぱり変形性関節炎になっているね」と言われることがほとんどだと思います。

 

うちの老犬はもうぐ15歳のポメラニアン。やはり後ろ足がフラフラしてきました。どうしたら良いのか、悪化させないためには?うちの子は数か月前クッシングと診断されています。

 

ついでに?弱った足の事をと聞くと、「ターミナルケアに入るということです」私はそういわれました。ターミナルケアと言うと、人生の終末期ですよね。悲しいけど受け止めなくてはなりません。

 

そして家では滑らないように床を工夫してくださいとも言われると思います。そんなこと言われなくても、もう床の工夫はやってますが。

 

コルクだったり、ゴムのようなものだったり1枚が50センチ四方のものを部屋中、ワン子が歩くところへ敷き詰めています。

関節炎の老犬の散歩はどうする?

 

 

歩けるのであれば散歩は行ったほうが良いのです。

 

筋肉は付けないとどんどん減っていきます。座り込んだり、立ち止まったら無理はさせないでいいのです!

 

またナックリングと言って足の甲で歩くことがあります。足の骨や筋肉が若いころのように丈夫ではなくなっているので、どうして足の甲を使って歩くようになります。

 

足の甲が汚れてたり擦れていたり毛が薄くなったら、足の老化はかなり来ているということかもしれないです。

まとめ

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になっても散歩は筋肉を弱らせないため、そして外の景色を見せて刺激を与えるためにも散歩は無理のない程度に連れていってください。

 

後ろ足が今以上に弱くなって歩けなくなって来たら、胴衣付きのハーネスで補助してあげることも良いですね。

 

サプリも愛犬の関節の強化のためにも必要かなと思います。また免疫を強くすることも老犬にとっては必要です。ドッグフードにも良質のタンパク質が入ったものをぜひ選んでくださいね。