犬の肝臓癌の初期症状と治療法、気になるお金と寿命はどのくらい?

ワンちゃんも人間同様癌になります。やはり私の知り合いのワンちゃんも癌になり、短命だったということを後から聞かされました。

 

いろんな癌がありますが肝臓癌は人間もワンちゃんも初期症状が出にくいため、症状が出始めた頃には末期状態が多いといわれています。

 

そのため早期発見が命を救う可能性を広げます。飼い主さんはしっかりと愛犬を病気や怪我から守る対策をしましょう。

 

老犬になるとやはり免疫が落ち癌などいろんな病気になりやすいと言われます。

 

愛犬が癌になったらどのくらいお金がかかるんだろう?寿命はどうなのか、今回はワンちゃんの肝臓癌についての治療法なども含め調べてみました。

 

犬の肝臓癌の初期症状/痛い?苦しいの?

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど、初期症状はほとんどなく、末期になって確実な症状が出てきます。そのため気付いたときには肝臓癌へと着実に残念なことに進んでいってしまうんですよね。

 

中期になると、なんとなく元気がなかったり、なんとなく食欲が減ったりと徐々に変化が出始めます。

 

それは肝臓機能が低下することで、代謝が落ちる・解毒が遅れることで倦怠感を感じるからです。しかし”なんとなく”なので、経過観察をするくらいで済ませてしまう方が多いです。

ワンちゃんがご飯を食べなくなるのは慢性肝炎の場合も!

老犬がご飯を食べないのはもう死期が近いからなの?それとも病気なの?

犬の肝臓癌の治療法と料金

 

肝臓癌は大きく2つに分類されます。

 

1.原発性の肝臓癌-肝臓内で発病したもの。

 

2.転移性の肝臓癌-ほかの臓器で発病した癌が肝臓へと転移したもの。肝臓は多くの血管が通っているため、その分癌が転移しやすいのです。

 

この分類によって検査・治療方法と料金が変わってくるので、まず始めに知るべき情報はワンちゃんがどちらにあてはまるのかということからですね。

 

〈治療方法〉

治療方法は大きく3つで分かれます。

手術による癌細胞の除去、抗がん剤治療、放射線治療です。金額は病院や治療薬、日数によって異なるので目安としてお考えください。

 

手術による癌細胞の除去は、

この3つの中でも1番短時間かつ、1番効果が期待できる治療方法です。手術が成功すれば、癌の再発も可能性が低くなります。

 

しかし癌細胞の転移が進んでいたり、転移性の肝臓癌の場合は、効果が出にくい治療方法です。

金額:10万〜20万(入院費込み)

 

抗がん剤治療は、

通院治療が可能なため、飼い主さんと生活しながら病気と闘えるのでワンちゃんからすると安心できる治療方法です。

 

悪性のリンパ腫などの転移の場合は、効果が1番期待できます。しかし、人間でも抗がん剤の副作用として吐き気や抜け毛などの症状が現れるので、それを承知の上での治療となります。

金額:2万〜4万/1回

 

放射線治療は、

地元の小さな動物病院では受けられない可能性が高いです。治療を始めるとなると、設備のある大学病院で受けることになります。

 

手術と比べると、開腹などもないのでワンちゃんへのダメージは少ないですが、放射線障害が起こる可能性もあります。

金額:1万〜5万/1回

 

治療方法にはそれぞれメリットやデメリットがあります。ワンちゃんに合った治療方法を獣医さんとしっかりと話し合いましょう。

 

犬の肝臓癌の寿命と末期までの経過

 

肝臓癌末期の細かい症状としては、

 

・身体の痛み

肝臓周辺に痛みを感じます。また癌の特有の症状として、患部とは関係のない場所に痛みが生じることも。

 

・出血が起こりやすくなる

止血作用のある血小板が破壊されていき、ちょっとした傷でも血がなかなか止まらなくなります。さらにちょっとした衝撃で内出血も起こりやすくなります。ひどくなると、吐血や下血の症状に。

 

・黄疸

身体が黄色っぽくみえる、白目の部分が黄色っぽい色になる症状です。肝臓癌末期になったときには肝内胆管が完全に塞がれていたり、肝細胞が破壊されることで、この黄疸が目立つようになります。

 

・腹水が貯まる

大量の腹水が貯まり、腹部がパンパンに張ります。そのためお腹の張りで少し動くだけでも苦しい状態が続きます。さらに、動かない+お腹の張りによって食欲もなくなってきます。

 

飼い主さんからも見てわかる症状なのでワンちゃん本人も飼い主さんも辛い闘病生活になってしまいます。

お互いの愛情が通じ合い、少しでも苦痛のない生活が遅れることを願います。

癌を摘出した猫ちゃん、足腰の悪いワンちゃん、元気がなかったワンちゃんの口コミをチェック!

➡・キングアガリクス100 ペット用は口コミから判断!どんなワンちゃんに飲ませたい?

まとめ

さいごに、

肝臓癌は完治が難しい病気でワンちゃん本人も飼い主さんも何度も苦しいと思う機会があるでしょう。

 

初期症状がほとんどでない肝臓癌を防ぐためには、早期発見が1番の治療となります。ですから、飼い主さんはしっかりとワンちゃんとコミュニケーションを取ることが大事です。

 

またそれとは別に、肝臓癌の進行が進んでしまっても、癌の進行を抑え、共存という道を選んで長生きしたワンちゃんがいることも事実です。

 

ワンちゃんと飼い主さんとの暮らしを守るためにも定期健診を行なっていきましょう。

大型犬ラブラドール・レトリーバーが股関節形成不全と診断されて!毎日の過ごし方や対策について

比較的まだ若いワンちゃんがなる股関節形成不全。大型犬に発症しやすいこの病気はちょっとした愛犬の歩き方の変化でおかしいことに気が付きはじめます。

 

愛犬のこゆきちゃんはラブラドール・レトリーバーの女の子。 遊ぶ事が大好きで、週に何度かはドッグランへ連れて行っては楽しそうに走り回っていました。

 

しかしある日、左の後ろ足をはうように、ひょこひょこと歩くようになったことから不安になり動物病院へ行って検査した結果、股関節形成不全と診断されたのです。

 

今回はそんな股関節形成不全と診断されたラブラドール・レトリーバーの女の子のお話をもとに今後の治療法やこれからの過ごし方について触れてみます。

 

股関節形成不全と診断・治療方法は?

少し捻ったのかな?とも思いましたが、運動後には毎回のように足を庇うようになったので病院へと連れていくことにしました。

こゆきちゃんは、股関節形成不全でした。

 

以下、小雪ちゃんの飼い主さんの体験談をもとに文章を書こうと思います。

 

股関節形成不全は、遺伝的なものが多く、さらには大型犬に発症することが多いそうです。
症状が出始めるのは骨格形成が終わる2歳頃の場合が多く、こゆきはその時1歳半になった頃でした。

症状が重度でお薬の効果が見られないような場合には手術をする必要があるとのこと。
こゆきは痛みを緩和するための鎮痛剤を処方していただきました。

 

ただ一度この病気を発症すると、変形は治るものではありませんのでひどくなった場合はどうしても外科的手術が避けられないこともあるんです。

 

ひどくなり変形性骨関節症になってしまうと、根治的治療が望ましいので全股関節置換術で人口の関節に取り替える手術を勧められることがあります。

 

でも合併症も10%あるので、デメリットもあるということなんですよね。

股関節形成不全を悪化させないための過ごし方と対策

足を痛めてもこゆき自身は今まで通り走りたがるし、階段を嫌がるなんて事は無いし、全然気にしていないのです。

 

だからといって股関節形成不全であることは事実です。

 

まず階段を使う事、過度な運動をさせることをやめました。完全に運動をさせないとなると、それが大きなストレスとなってしまいます。

 

精神的にも負荷をかけてしまう事になりますし、それに筋肉が固まってしまうので返って良くないのだそうです。

 

なので今は短時間(30分以内)のお散歩を1日に2回程度、ドッグランでは今までのように走り回るのではなく、飼い主と一緒にゆっくりジョギングをするようなペースで走らせるようにしています。

 

特に、「ジャンプをさせる」「後ろ足2本だけで立つような姿勢」は、股関節に負担がかかりやすいので当然させないようにしています。

 

ご飯の際にピョンピョンと跳ねて喜ぶワンちゃんは多いと思いますが、やめさせた方が良いかもしれませんね。

 

次に、フローリングなど硬い場所で寝かせないようになりました。ハウスにはクッションを敷き、できる限り足に負担がかからないようにしています。

股関節形成不全になった犬へのおすすめサプリ

股関節形成不全 になったワンちゃんに出来る対策はいくつかありますが、まずは体重管理です。

 

こゆきが足を痛めてからは体重管理にとても気を使うようになりました。当然ですが、体重が重ければ重いほど、足にかかる負担は増えていきます。

 

ラブラドール・レトリーバーはとても食いしん坊な子が多いですし、更には今までよりも運動量を減らしているので今まで以上に体重管理をしっかりしてあげなければいけません。

 

肥満は足だけではなく心臓や色々な臓器への負担となるので、どのワンちゃんでも気をつけるべきですね。

 

そんなとき見つけたのが、獣医師がすすめるワンちゃん用サプリメントです。

 

こゆきは股関節形成不全と診断され、今までのように走り回ったりする事は出来なくなってしまいました。

 

当然ショックは受けましたが、そこまで重く受け止めることは無いのかなと思います。
たとえ走り回れなくても、ワンちゃんの日常を楽しいものにしてあげることはじゅうぶん可能です。

 

あまり深刻に悩んでしまうと、それはワンちゃんにも伝わってしまいます。
獣医さんや、プロのトレーナーさんに相談するのも良いですね。

 

明るく前向きに、足を悪くしてしまったワンちゃんでも楽しめる事を見つけてあげる事が大切だと思います。

 

愛犬の歩き方や元気がないなどの症状に気が付き、早めの対策で重症化しないよう事が大事なことですね。

老犬の目やにがひどい時はどうする?飼い主さんがすべきケアと治療法は?

ワンちゃんの加齢と共に目やにの量が増えて心配されている飼主さんも多いのではないでしょうか。

 

愛犬も年老いてから目やにが酷くなります。

 

だんだんと白内障にかかり少しずつ目が見えなくなってしまうことは飼い主さんも通る道なんですよね。

 

老犬は目の病気にかかりやすく、放っておくと失明や取り返しのつかない事態になる可能性もあります。

 

目やににはワンちゃんの健康状態や病気に関わる情報が潜んでいます。

 

老犬の目やにがひどい原因、老化や病気について

 

 

飼主さんがしっかり観察し、早めにケアしてあげることで最悪の事態を食い止めないと大変です。

 

早めだったら未然に防ぐことも出来ます。

 

我が家と同じような辛い思いをせずに済むよう対策をして頂けたらと思います。

 

では、異変に気付いたらどうすれば良いのでしょうか。

 

目やにに関して知っておくと役立つ情報をご紹介します。

 

目やにとは、新陳代謝で結膜などから出る粘液の成分にゴミや老廃物が混ざったものです。

 

いらないものだから体外へ出ていって良いのですが、若いうちは新陳代謝も良かったので目やにもあまり出なかったんですよね。

 

人と同じように犬も老化するにつれ、身体機能の衰えや免疫低下するため病気にかかりやすくなります。全体的な臓器が衰えてくるので、目も同じなんです。

 

特に目は細菌に感染しやすく、目線の低い犬は散歩中や他の犬との接触などで外傷を受け感染してしまうこともあります。

 

目やには色により、正常なものから病気の可能性が考えられる症状まで判別することができます。

 

白、茶、黒、灰色… 少量のものであれば特に心配はいりませんが、蓄積されると悪影響を及ぼす可能性もあるので、取ってあげることをお勧めします。

 

透明、白(大量)… 結膜炎、角膜炎、流涙症など、アレルギーや外傷、異物の影響から炎症が起きていることが考えられます。病院へ行きましょう。

 

黄、緑…膿状になっていることが多くウイルス感染、緑内障、ぶどう膜炎など重病にかかっていることが考えられるためすぐ病院で診てもらってください。

老犬の目やにの早期発見

 

症状が現れると目の違和感や痛みからワンちゃんが自分でいじってしまうケース。

 

また、食欲不振、運動を嫌がることもあるので、普段から注意深く観察して早期発見がとても重要です。

 

早期発見する方法としてお勧めしたいのが“朝一点検”です!

 

目やには普段、瞬きや涙によって処理されています。眠っている間は目を動かすことが少なく目やにが溜まりやすくなっています。

 

そのため朝は一番目やにの状況が確認しやすく、これを続けることで変化に早く異変に気付くことができます。

 

また、寝起きで動きが鈍いワンちゃんもいるので、抵抗も和らぎお手入れしやすいかもしれません。

 

ワンちゃんの目のチェック項目

・色や量はどうか

・瞬きの回数は多くないか

・目元の毛は変色していないか

・白目は充血や黄色くなっていないか

・目をこすったりする様子はないか

・眩しそうに目をチカチカしていないか

・黒目は白く濁っていないか  

目やにを優しく取る方法

手を目に近づけると嫌がってしまうワンちゃんに手を焼いている飼主さんもいると思います。普段からマズルトレーニングや顔を触って慣れさせておくことも大事です。

 

マズルトレーニングとは、噛み癖や吠え癖などしつけの部分を犬にトレーニングで信頼を作ることです。

 

目の周りはデリーケートな場所なので慎重に手早くケアし、ワンちゃんを褒めていい印象を付けるようにしましょう。

 

・コットン

 獣医師に教えてもらった方法です。

 

通常は水でコットンを濡らして優しく拭いてあげると取れますが、

 

目やにが固まっている場合は、お湯で濡らしすぐに擦らずふやけるまで待って柔らかくなってからふき取ってください。

 

この時にお湯もいいのですが、アヴァンス犬用化粧水を使ってみるととっても良いですよ。

 

無理やり取ろうとすると傷つけてしまうこともあるので注意しましょう!

 

この時にぜひ使いたいのがアヴァンス犬用化粧水です。

涙やけで悩んでいる飼い主さんも納得した使い心地

アヴァンス犬用化粧水を皮膚疾患におススメする理由

・コームやブラシ

毛足が長い犬種や目やにが溜まりやすいワンちゃんには、とかしてあげるのも有効です。

 

ただし直接目に入ってしまったり、ワンちゃんが動いて目を傷つけてしまわないように柔らかい素材のものを使用するのがお勧めです。

 

100円均一で売っている人間用の洗顔ブラシやマスカラ用のものでも代用できるそうですよ!

・柔らかいタオル

コットンの代わりにハンドタオルやフェイスタオルも使いやすいと思います。

 

うちのワンちゃんは朝一番に目やにをとってあげることから1日が始まります。

 

最後に仕上げとして乾いたタオルで濡れた部分を優しく拭いてあげると、

濡れた部分が固まらずに済みます。

 

目は口ほどにものを言うということわざのように、言葉を持たないワンちゃんたちは数少ないサインを送っています。

 

それを見逃さず、元気に長生きできるよう知識を身に着け健康管理をしてあげましょう。

大切な命を守るのは私たち飼主の使命です。

老犬の関節炎の初期症状と変形性関節炎についての治療法と診断とは?

老犬の関節炎の初期症状は飼い主さんがある日、

「あれ?後ろ足なんだかおかしい」「引きづっているようだ」

そんなところから症状として表れてきます。

 

そのほかにもいろんな症状が出てきて、やがて何もしないと痛みも出てきて重症化してしまいます。

 

うちのポメのぷぅちゃんも関節炎と思われる初期症状はちょっとした変化でした。おそるおそる動物病院に行くと、変形性関節炎の診断を受けたのでした。

 

老犬の老化の一つである関節炎の治療法はあるのでしょうか?

老犬の関節炎初期症状とは?

 

飼い主さんによって、愛犬の足の老化現象に気づく内容は違うかもしれません。

うちのぷぅちゃんは歩き方がトボトボからの始まりでした。

関節炎の初期症状

  • 散歩に行っても座り込んだり、立ち止まったりするようになった
  • 歩き方がおかしい
  • 今までソファなどピョンと乗ってたのが急に出来なくなった
  • 寝ている時間が多くなった
  • ごはんを食べるのに、座って食べるようになった

関節炎の老犬ポメラニアンのぷぅちゃんにはマッサージと温湿布の毎日

老犬の弱った脚にはマッサージと温湿布とストレッチで悪化させない

変形性関節炎について

うちのぷぅちゃんは変形性関節炎と診断されましたが、この子の場合は老化からのものですと言われました。

 

そのほか変形性関節炎は様々な関節に起こることがあるそうです。また一概に老化現象ともいえないようです。

 

レントゲンで一目瞭然でした・・・

 

痛みがあるかどうかわかりませんが、

獣医師からの処方はこうでした。

消炎剤を1週間出します。

もしもその消炎剤を飲んで歩き方に良い変化が表れたのなら、痛みがあったということですね。

そうなった場合、しばらく消炎剤を飲んで様子を見ましょう。

 

ところが、1週間消炎剤を飲んでも足のフラフラは変わりませんでした。

変形性関節炎は治らないとはっきりと獣医師に言われました。

関節炎を治すための方法

 

犬の15歳近くは人間でいうと80歳くらいなので、足の関節炎が起こっても不思議ではないですよと言われて安心してよいものだかどうなんだか。

 

でもこれ以上関節炎は悪くならないで欲しいですよね。ドッグフードやサプリメントで関節炎の症状を抑えるのも一つですよと言われました。

 

ここまで来たらわらをもつかむ思いです。煮干しを食べさせ、筋肉を増やすために手作りフードにお肉を入れタンパク質強化です。

 

それと、今回は初めてうちの愛犬に犬のサプリを買ってみました。

このサプリがなかったら今頃もっと足の様態は悪くなってたかもしれません。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

やっぱり年をとると人間も犬も体の形成や不調にサプリは必要になってくるんですね。また、関節炎がひどくならないよう股関節を柔らかくするようにマッサージは欠かせないようにしています。