老犬 足が立たない!寝たきりになるのも時間の問題!

 

残念なことに老犬は後ろ足の弱った姿を飼い主さんが気が付いたころには、かなり愛犬は脚に負担が来ているということです。

 

足が立たないのは老化。

変形性関節炎など、老化に伴う骨の変形。

 

またうちの愛犬はほかの脚の病名も言われました。

 

そのうちに前足も弱って来ます。

いずれ寝たきりになるでしょう。

時間の問題です。

そう獣医さんに言われたのです。

 

後ろ足に力が入らない!

その時は14歳も終わりのころ。

少し前まで元気に走り回って散歩もしていたのです。

後ろ足に力が入らなくなったのは、急になのです。

 

そう言えば、抱っこをして玄関に出て下においてもすぐに走りださないような気はしてました。

レントゲンを見れば一目瞭然。

 

ちゃんと骨の状態が変形しているのが私の目でもわかります。

明らかに老化です。

 

可愛そうでなりません。

今はまだ少しでも歩けていても、前足までダメになれば完全に散歩はできなくなります。

 

 

 

かと言って散歩はなるべくしてくださいとのこと。

筋肉と骨の強化は必要とのこと。

 

動物病院で薬だか、サプリだか高いいろんなのを処方してもらいました。

2万円くらい。

 

検査だって大変。

超音波や、レントゲン。

 

でも良くなれば良いけど、所詮検査です。

検査したからって治るものではない。

 

原因を探るもの。

完全に足の骨が変形してますね。

 

日に日に脚が弱っていくのがわかります。

藁をもすがる気持ちで何とかならないかネットで調べまくりでした。

寝たきりになることを何としてでも防ぎたい!

後ろ足の次は前足が動かなくなります。

その次は寝たきりです。

 

やがて衰弱し、老衰で亡くなるでしょう。

15歳にもなれば平均てきな寿命だとわかっています。

 

でも苦しませたくないです。

痛みもあるのかどうかわからないのですが、散歩しても進まないのでおそらく前に歩く気力や痛みも多少あるのでしょう。

 

痛みも少しあるかもしれませんが、筋肉を付け骨の強化を考えると少しでも弱らせたくないため多少は歩かせました。

痛いだろうからと、全く歩かせないとやがて前足も弱る一方です。

 

寝たきりになるのもきっと早いでしょう。

筋肉、骨強化の毎日散歩のサプリを探して飲ませて歩けるように!

いろんなサプリの評価を見て、試しました。

その中でもまさかこんなに早く変化が現れるなんて!

 

その中で評価の高いピンと来たサプリがありました。

それは毎日散歩というサプリです。

●毎日散歩の口コミは信用できる?老犬の関節サプリの評判は?

 

あまり値段の高いサプリは私のお財布も続きません。

 

その点、毎日散歩は続けやすい金額でしかもうちのワンちゃんも大好きな味でペロッと食べてしまいます。

 

高いサプリと何がどう違うのか?

 

きっと売れているので、安く提供できるのでしょうね。

 

だいぶ助かりました。ワンちゃんの脚が弱っている飼い主さんで毎日散歩を与えている人はきっと多いと思います。

 

もちろんサプリだけに頼らず、出来るだけ散歩に行き歩きたくない時は抱っこをして気分転換をさせます。

 

マッサージしたり背中をなでなでしたりと、スキンシップも老犬になればなるほど今まで以上に愛しくなりやってあげたくなります。

 

何とかしてこれ以上前足も弱らせたくありません。

 

寝たきりもワンちゃん同様飼い主さんも辛いですから。

 

生きているうちからペットロスで状態だったような気がします。

 

先手先手を打って早めに脚のためのサプリでワンちゃんの健康を保ってあげたいです。

絶対におすすめです。

↓↓↓

➡毎日散歩は本当に犬の関節におススメなサプリなのか検証してみた!

老犬のストレス解消のために何をしたあげたら長生きするの?

犬も人間もストレスが寿命に大きく係わって来ます。

ガンだって、ストレスによって免疫が落ちかかりやすいと言われてます。

 

大切な犬はストレスがかかっているかどうか、飼い主さんも中々判断は付きにくいですよね。

 

吠えている?

寝てばかり?

おしっこをいつものところでしない?

歩かない?

 

ストレスかなと思った症状やサインに気が付いたら、飼い主さんのすることとは?

 

これってストレスから来ているの?

後ろ足から徐々に前足も弱ってくる老犬

なんでこんなに急に足が思うように前に出なくなったり、滑るようになったんだろう?

 

ワンちゃんはそう思っているのです。

人間と違うので、原因はわからない。

ただただ、おかしいな今まではちゃんと前に進んで歩けていたのに。

 

そんな思いで歯がゆさを犬なりに感じています。

悲しい気持ちで涙しているかもしれません。

 

 

そんな時はマッサージをしてくださいね!

人間でもさすってくれると、なぜか安心感を覚えます。

 

 

そっとマッサージをするだけでもワンちゃんは安堵感を感じるんです。

ちょっとしたことでストレスも解消します。

 

何と言っても飼い主さんの愛情はストレスの軽減に大いに関係あります。

愛犬が不調を抱えていても・・・

 

例えば、まずは後ろ足から滑りだしてきます。

トイレシートの上でさえ、やがては滑ってしまいます。

 

さらにはトイレまでいけなくなり、途中で粗相をしてしまいます。

歩けるならまだ良い。

 

そのうち、前足が弱って来ます。

そうなってくると寝たきりも早いのです。

 

マッサージとともに内面から!!

 

私の場合は、後ろ足がおかしいなと思った時にネットで調べ「これだ!」

と思うサプリに出会うことが出来ました。

↓↓↓

➡毎日散歩の口コミは信用できる?老犬の関節サプリの評判は?

 

たぶんこのサプリに出会うことがなかったら、前足もとっくに弱っていたと思います。

 

案の定、変形性関節炎でした。

ずっと毎日散歩を飲んでたから酷くはならなかたのだと思います。

 

散歩で歩けなくなった老犬はストレスが貯まっている?

散歩に行くと、後ろ足がおかしいことに気が付きました。

痛そうなのか、あまり歩きたくないのか?

 

今までだったら、一目散に走って行ったのに・・・

これは明らかに足の問題アリだと思いました。

 

脚を触ってみると、広がりが悪いのがわかりました。

股関節が固まっているような気がしたのです。

 

これは足の骨か、筋肉が老化している証拠だと思い、動物病院に近々行かなくてはと思ったものです。

 

とは言うものの、散歩することは気分転換になります。

全く外に連れ出さないのはストレスが貯まります。

 

最初から散歩に行かないワンちゃんは慣れているので、かえって外に行くことを恐れているそうです。

 

うちの場合は一日1回又は2回は散歩に行ってたので、外の景色を見るのがとても気分が良いといぬなりに思っていると思います。

 

あまり歩くのが辛そうになってからは、途中から抱っこになりました。

 

抱っこしてでも外に連れ出してみるだけでストレスは軽減!

そして、老犬のせいか体も思うように仰向けになれないこともわかりました。

全体的に体が固くなっているのです。

 

散歩もあまり長時間は歩けなくなりました。

走って散歩も以前よりもかなり少なくなりました。

 

疲れているのか、脚に負担を感じているのか・・・

 

同じような月齢のワンちゃんの飼い主さんに聞くと、やはり後ろ足から弱ってきているそうです。

 

ネットで検索しても後ろ足から弱り、だんだんと全体的に弱っていくんですよね。

飼い主としてはとても辛いです。

 

少しでも楽になるには、筋肉強化と骨の強化が大切です。

そして、お散歩も無理しない程度に歩かせることも必要です。

 

帰って来たら、必ず肉球のお手入れは忘れずに。

私はワセリン。

エヴァンス。

老犬になったら目やにもすごいので、目薬で綺麗にしてました。

 

こちらの記事も、ワンちゃんの足が心配になったら是非お読みくださいね!↓

➡老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

老犬になると衰えはまず足に出ます。

 

後ろ足がおかしい!

 

散歩の時にはゆっくり歩いたり、途中で立ち止まったりするようになり飼い主さんはそんな愛犬を見て老化を感じるようになります。

 

後ろ足に変化が出たら、加齢による関節炎と診断される場合が多いです。

何とかして関節炎の進行を遅らせたい!

 

飼い主さんがワンちゃんにしてあげられることは?

高齢犬になって衰えた後ろ足の関節炎に何か良いサプリはあるのでしょうか?

後ろ足が関節炎になった時のおススメサプリメント

 

老犬の後ろ足が関節炎と診断されたとき、または獣医さんにまだ診せてなくても、「あ~、きっと加齢で骨が変形したのかな、筋肉が弱ったのかな?」

 

と飼い主さんはきっと感じると思います。

 

動物病院に行く前に、骨を強化するサプリメントはないだろうか、どんなサプリメントがうちの子に合うんだろうか?

 

市販でもサプリや骨強化のドッグフードは売っているようだけど、どれを選んでよいかわからない!きっとそう思って言う飼い主さんは多いと思います。

関節炎のおススメサプリメントのポイント

  • 軟骨をサポートする成分が入っているかどうか
  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • アミノ酸、ミネラル、ビタミン類
  • ある程度名前が知られている
  • 公式ページに信用できる内容が書いてあるかどうか
  • 続けられる金額である
愛犬の関節炎に悩んだら!
 

→毎日散歩公式サイトを見てみる・・・愛犬用関節サプリメント【毎日散歩】

老犬の後ろ足がフラフラになったら?

愛犬がシニア期に入ったと感じるのが、後ろ足の衰えです。

老犬の後ろ足の変化に気が付いたら、食事以外にも健康管理は大切です。

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

飼い主としてはどうしたら良いか・・・このまま悪化していくのだろうか?動物病院にとりあえずは行ってください。

 

レントゲンを撮って診断を仰ぐようになると思います。「あ、やっぱり変形性関節炎になっているね」と言われることがほとんどだと思います。

 

うちの老犬はもうぐ15歳のポメラニアン。やはり後ろ足がフラフラしてきました。どうしたら良いのか、悪化させないためには?うちの子は数か月前クッシングと診断されています。

 

ついでに?弱った足の事をと聞くと、「ターミナルケアに入るということです」私はそういわれました。ターミナルケアと言うと、人生の終末期ですよね。悲しいけど受け止めなくてはなりません。

 

そして家では滑らないように床を工夫してくださいとも言われると思います。そんなこと言われなくても、もう床の工夫はやってますが。

 

コルクだったり、ゴムのようなものだったり1枚が50センチ四方のものを部屋中、ワン子が歩くところへ敷き詰めています。

関節炎の老犬の散歩はどうする?

 

 

歩けるのであれば散歩は行ったほうが良いのです。

 

筋肉は付けないとどんどん減っていきます。座り込んだり、立ち止まったら無理はさせないでいいのです!

 

またナックリングと言って足の甲で歩くことがあります。足の骨や筋肉が若いころのように丈夫ではなくなっているので、どうして足の甲を使って歩くようになります。

 

足の甲が汚れてたり擦れていたり毛が薄くなったら、足の老化はかなり来ているということかもしれないです。

まとめ

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になっても散歩は筋肉を弱らせないため、そして外の景色を見せて刺激を与えるためにも散歩は無理のない程度に連れていってください。

 

後ろ足が今以上に弱くなって歩けなくなって来たら、胴衣付きのハーネスで補助してあげることも良いですね。

 

サプリも愛犬の関節の強化のためにも必要かなと思います。また免疫を強くすることも老犬にとっては必要です。ドッグフードにも良質のタンパク質が入ったものをぜひ選んでくださいね。