「犬心」ドッグフードの口コミとクッシングのワンちゃんの事

犬のクッシングドッグフードを探している飼い主さんへ

犬のクッシング症候群になると、元気に散歩に行かなくなり他の病気を併発します。そこで、おすすめするフードが犬心ドッグフードです。

 

愛犬がクッシング症候群だと診断され、犬の余命を告げられた飼い主さんも少なくないと思います。

 

犬心ドッグフードは、クッシング症候群などの病気に効果があるという口コミが多数あり、とても評判の良いサプリメントだということがわかります。

 

犬心のドッグフードがワンちゃんにいいとされる理由やどの病気にきくかなどで、ぜひその病気になっているワンちゃんはチェックしてくださいね。

犬心の公式ページはこちら➡ナチュラル療法食

犬心ドッグフードの口コミを読んで感じたこと

 

犬心ドッグフードの口コミでは、犬心を食べるようになって、クッシング症候群や甲状腺機能低下症を発症しつつ、食事管理ができるようになりました。

 

元気に散歩に行き、食事もたべるようになり、体重が増えてきたという口コミから犬心ドッグフードがクッシング症候群などの病気になった犬に効果があるということがわかります。

 

ダックスフンド 雄6歳

 

5歳のときにクッシング症候群を発症。1か月後に糖尿病の併発。そんなところへ犬心があることを知り、試したところ機嫌が良くなリ、口にも体にもあっているようです。

ボストンテリア 雄8歳

8歳のときにクッシング症候群を発症。その上、甲状腺機能低下症も併発。犬心によって食事療法ができるようになり、助かっています。調子が良い時は散歩に行き、活発に動いています。

 

ラブラドールレトリバー メス8歳

甲状腺機能低下症を発症し、これから病気とずっと付き合っていくために、犬心が高脂血対応のフードとしり、食事管理をするようになりました。この病気とずっと戦っていかなくてはならないため、犬心が支えになっています。

 

プードル メス7歳

慢性膵炎と炎症性腸疾患を持病に持っていて、発症後は食欲がなく、下痢を繰り返していました。体重がすぐに減っていき、大好きな散歩もいかなくなりました。犬心を少しずつ食べるようになり、体重が戻ってきて散歩が増えてきています。

犬心ドッグフードがクッシングのワンちゃんにおススメな理由 

口コミからわかるように、犬心ドッグフードはクッシング症候群を患ったワンちゃんには飲ませたいサプリです。

 

クッシング症候群とは、副腎皮質ホルモン「コルチゾール」が過剰に分泌したことにより発症します。クッシング症候群になると、つぎの症状がでてきます。

 

①血糖値が高くなる

クッシング症候群になると、コルチゾールが増えてきます。コルチゾールは血糖量を増やすホルモンなので、高血糖になります。

 

②高脂血

過剰なコルチゾールがでると、脂肪の代謝異常のために高脂血があります。クッシング症候群の犬の8割が高脂血をもっています。

 

③皮膚、筋肉のタンパク質分解

コルチゾールはタンパク質を分解し、皮膚や筋肉のタンパク質が壊れ、深刻な問題が生じます。

 

④免疫力低下

免疫力を抑制することもコルチゾールの特徴で、感染症のリスクを伴います。

犬心は、このようなトラブルを解決するために、獣医や5大学、栄養学の専門家、70年の歴史研究、開発メーカーと10年共同で開発した100匹のワンちゃんの協力を得て出来上がったドッグフードです。

愛犬の命に係わる7疾患に対応する犬心ドッグフードとは?

命に係る7疾患とは、クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高脂血症、糖尿病、メタボ肥満、脂質代謝異常症です。犬心は自然の素材で、この疾病にきく療養食を作り出しました。

 

①血糖コントロール

血糖値がアップしないように、消化されやすい糖質を制限し、糖の吸収をブロックする食物繊維バランスを徹底研究して作られています。

 

②低脂肪で勝つ良質な脂肪

脂肪分は良質な生肉や生魚から取られた「オメガ3/6脂肪酸」を中心に配合して、低温手づくり製法で脂肪の酸化を防いでいます。

 

③タンパク質を約25%

低カロリーで、栄養バランスがいい。高消化性たんぱく質、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、アミノ酸など7疾患に対してバランスよくたもっています。

 

④腸の健康+免疫力をアップ

腸には、免疫力を高める免疫細胞が70%も集まっています。犬の善玉菌をあげるために、犬心は難消化性炭水化物、発酵性食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌などの善玉菌をアップ!

 

βグルカンによる免疫力を維持し、免疫成分の「βグルカン」も配合して腸の健康を高めます。

 

犬心は愛犬の命に係る7疾患に対応するための成分を吟味して作られている国産の無添加療養食なのです。

まとめ

犬心は、クッシング症候群や、膵炎、甲状腺機能低下症、高脂血症などの命に係る7疾患に対応している特別療養食で、子犬から老犬まで対応しているフードです。

 

ベースは、生の牛、鶏、馬、魚肉で、1日当たりの価格は130円となっています。7疾患のワンちゃんが元気になったという口コミから、

 

このフードが10年の研究や大学、栄養学の専門家などによって研究に研究を重ねてきたドッグフードであるということがわかりますね。

   犬心

老犬がおやつしか食べない!腎臓が危険老犬の安全なおやつの見極め方と与え方

わんちゃんがおやつしか食べない!

そんな悩みを持ってませんか?

 

うちの近所の飼い主さんは、なんとおやつしか食べないからもうドッグフードはあげていないのだそうです。おやつオンリー。

 

あまりワンちゃんのことを考えると、良くないですよ!寿命にも関係してきますよ!と、言いたかったんですが、少し話したところで「良いの良いの。喜んでおやつを食べている姿を見ているのが私は好きなの」

 

と言ってました。

そうなんです。

 

おやつはワンちゃんが好きな味付けになっているんです。安心なおやつがあるなら、それもいいのですが。

 

おやつしか食べなくて、完全栄養食であるドッグフードを食べないのはわんちゃんにとってとっても危険なんです。

 

それどころか、腎臓を悪くしてしまいます。そうなったら血圧も高くなり薬漬けになってしまうのです。

老犬がおやつしか食べなくなった時の理由と対処法

 

 

おやつは食べやすく食いつきを良くしてありますよね。そうなるとおやつしか食べなくなることがあります。

 

老犬にとっておやつは楽しみの一つなので、フードを上手に食べさせておやつも上げたいのはやまやまです。

 

もしも愛犬に与えるなら安全なおやつが安心ですよね。安全なおやつを選ぶ方法と老犬へおやつの与え方をまとめていますので参考にしてくださいね。

 

老犬がおやつしか食べなくなった理由は、おやつは柔らかい物が多く、歯が弱ってきた老犬にとって食べやすいと言うのも理由の一つです。

 

カリカリは今までよりも食べにくくなっているのは確かです。おやつは栄養があまりないので、おやつしか食べないと栄養不足になります。

 

固いドライフードを食べないのは歯周病や歯槽膿漏になっていることも考えられます。ドライフードにウエットフードを混ぜるとドラフードが柔らかくなり食べやすくなりますよ。

 

匂いが感じにくくなるので、ウエットフードを少し温めて混ぜると匂いが強くなるので食いつきがよくなります。

 

また、ドッグフードを変えてみると食べだす場合があります。老犬には栄養価が高い食事が必要なので、食事を主に考えて、おやつはあくまでも楽しみに与えてあげましょう。

老犬の安全なおやつの見極め方と与え方の基本

 

安全なおやつとは?

おやつのラベルを見ると原材料が書かれています。ドッグフードは人間が食べる食品のように安全基準は設けられていませんね。

 

ラベルに記載されている最初の3つが主な原材料なので、その原材料が肉類の物が安心です。肉骨粉が含んでいるものは安いですが健康的によくありません。

 

畜産副産物が原材料の場合は、内臓や皮、血液などが含まれています。そのため、病気の畜産物かもしれず、健康的に安心できません。穀類が含まれている物は、消化に悪く、犬にはあまり沢山与えない方がいいんです。

 

添加物が入っている犬のおやつは、安全基準がないため、危険なものが含まれている場合があります。

 

ジャーキーに含まれている亜硝酸ナトリウムは発がん性物質があると言われています。青色〇号、赤色〇号などと書かれた着色料などは、人間もあまり良くないと言われているので動物もたべない方がいいです。

 

安全なおやつとは、天然素材で作られていて無添加(保存料、着色料、香料を含まない)のおやつです。

 

缶詰や半生タイプのおやつは食品添加物が多いので要注意です。原材料をみて無添加の物が安心です。また、動物性たんぱく質の牛肉、豚肉、馬肉、魚などの動物性たんぱく質をベースにした食事がいいですね。

 

塩が入っているおやつは犬においしいです。でもおやつの与えすぎで腎疾患になる可能性もあります。

おやつを与えるのは少量!ドッグフードで足りている

 

 

おやつは食いつきを良くして、ご褒美やストレス解消に与えます。ドッグフードより高カロリーの物が多く、食べすぎは肥満の原因になります。

 

ドッグフードをしっかりと食べている老犬であれば、おやつは食べさせなくても大丈夫です。栄養はドッグフードで十分足りているので、おやつは欲しがっても少量にしましょう。

 

■ドッグフードで寿命は決まる?!

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

おやつの種類を変えて楽しみを与える

 

同じおやつばかりでなく、その日によって変えるとか、ご褒美は大好きなおやつ、コミュニケーションのときは別のおやつなど、老犬が楽しめるようにおやつを与えてあげるといいですね。

 

犬も食べる楽しみがあると生活に彩りが与えられます。老犬だからこそ食べる楽しみを与えてあげたいですね。

 

まとめ

おやつばかりを食べさせるのは実はとっても危険。腎臓の数値、血圧も高くなり危険な状態になります。

ワンちゃんの体調が不安の飼い主さんへ

キングアガリクス100 ペット用は口コミから判断!どんなワンちゃんに飲ませたい?

老犬がおやつしか食べなくなったときは、ドライフードにウエットフードを混ぜて柔らかくして食べさせるとか、老犬用の別のドッグフードに変えると食べるようになります。

 

おやつは無添加の動物性たんぱく質のものが安心です。おやつは高カロリーなので老犬には楽しみ程度に与えましょう。

老犬は手作りごはんだけでいいの?14歳のぷぅちゃんはこれを食べて元気!

老犬になってくると、手作りごはんに切り替える飼い主さんが多いですね。カリカリを食べなくなってきたし。

 

周りのシニア期に入ったワンちゃんも手作りフードに変えてきているから!でも老犬に手作りのごはんだけで本当に大丈夫なのでしょうか?

 

手作りごはんで老犬に栄養は足りているのでしょうか?

 

カリカリは全く食べなくなったけど、手作りごはんなら食べてくれるという老犬はけっこういますね。

 

ただ心配なのは、万能栄養食であるカリカリから手作りフードに替えて栄養のバランスがどうなのか悩むところでもあります。

 

そこでうちのもうすぐ15歳になるポメラニアンのぷぅちゃんの栄養を考えた手作りごはんのご紹介をします。

老犬は手作りごはんだけでいいの?

 

うちの子、カリカリ食べなくなったのよ。

一度手作りごはんを作ったら、味をしめたらしくカリカリのドッグフードは食べなくなったのよ。

でも喜んでいるし、手作りのほうが安心だしと思ってもうドッグフードはあげてないわ。

そんな飼い主さんが多いんです。

 

カリカリを食べなくなった老犬に手作りごはんを与えてるけどそれだけで栄養のバランスは良いのか心配ですよね。

 

手作りごはんは良いのですが、それだけじゃ犬に大切な栄養素が足りません。

それを補ってくれる栄養バランスの整ったのがモグワンドッグフード。

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

老犬の手作りごはんのデメリット

老犬に手作りごはんをあげると、喜んで食べてくれるしそこそこの栄養を考えてご飯を作っているし。。。

 

栄養を考えた手作りごはんなら安心ですよね。でも万能どうか?シニア気になると、免疫が落ちてきます。いろんな臓器に支障が出てきます。

 

消化の良い材料を使っているかどうか?免疫強化の材料が手作りごはんに入っているかどうか?高齢犬になって悩みの種が足腰の関節炎。筋肉や骨も弱くなって来ます。

手作りごはんでは補えない栄養がある

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

これらは手作りごはんだけで補って行くのは至難の業です。寝たきりになる前に、体の強化はかなり大切ですね。

 

優秀なカリカリは免疫強化や骨を丈夫にしたり消化の良い材料を使っているので、できれば食べさせてあげたい!

 

カリカリをお湯にふやかしたり工夫をして、手作りごはん以外のものも与えるとワンちゃんの体調管理に安心ですね。

14歳のぷぅちゃんの手作りごはんレシピ

 

老犬になった愛犬に手作りごはんを頑張っている飼い主さんはたくさんいると思います。手作りごはんは作るのが大変でも、愛犬がおいしそうに食いついて食べてくれるのを見ると作ったかいがありますよね。

 

でも毎日となると、忙しい飼い主さんは老犬に手作りごはんを作るのも大変。カリカリだけだったときは何て楽だったんだろうてね。

 

だから私は老犬になった14歳のポメのぷぅちゃんにはシンプルな手作りごはんを作ってます。

老犬の簡単手作りごはん

14歳、もうすぐ15歳の老犬ポメのぷぅちゃんはこれを食べて元気!野菜とお肉をゆでるだけ簡単メニュー。

野菜はその時の気分で品を変えます。前回と1種類野菜の種類を変えてみるとかね。

野菜

大根

ニンジン

白菜

キャベツ

ブロッコリー

サツマイモ

かぼちゃ

大体これらをローテーションします。

その中で必ず入れるのがニンジンです。

豚肉

鶏肉

肉の種類

細切れ

バラ肉

ひき肉

これらもローテーション。時々、豆腐を入れたりしています。毎日の豆腐はあまりよろしくないから。

タンパク質がないなと思ったときは、買い置きのツナ缶。水煮がよろしいかと思います。オイル漬けの場合はお湯で洗います。お豆腐とツナはほかのタンパク質がない時だけの補充

魚は結構注意が必要な場合があるようでして、面倒なので思いっきりはあげてません。タラの煮たもの、焼いたものはあげてます。青魚はちょっと難しい面もあるようなので、与えるとしても少しだけ。

 

魚と言ったら、ペット用の煮干しをあげてます。大好きなので、おやつに常備してます。

老犬がごはんを食べないときの工夫

カリカリは食べなくなった老犬。飼い主さんは困ります。とても心配。だから手作りごはんを作ってみると、食べるんですよね。

それでも食べない?

少し温めると匂いにつられて食べてくれます。今まで好きだった食べ物も食べなくなった場合は、加齢だけではなく病気かもしれないですね。

高齢犬はすぐに栄養失調になりますので、動物病院へ。

まとめ

老犬がカリカリを食べなくなったら手作りごはんで工夫してとにかく食べてもらうこと。でもカリカリは栄養があるのでお湯にふやかすなどの工夫もして食べてくれたら飼い主さんも安心ですよね。

カリカリのドッグフードも負担がなく、消化吸収が良いものを選んであげたい!

完全に寝たきりになるのを少しでも遅らせるために。