ペットロスになるのが怖い!亡くなる前から辛い症状が出ているのは鬱?

ペットロスになる人が最近とても多く、朝日新聞の一面にもペットロス特集が出たほどです。

 

飼うときは、愛くるしいワンちゃんが病気になったり老犬になってやがて弱ってなくなるなんて思いません。

 

でも、生き物を飼うと必ずいつか亡くなるのです。

飼い主さんよりも早く亡くなって幸せなのです。

 

そう思うことが、自分に納得する一番の答えなのです。

 

ペットが亡くなる前からペットロスになる飼い主

まだ生きているうちから、ペットロス状態になっている飼い主さんも多いの知ってますか?

亡くなる前から、飼い主さんがペットロスになり鬱状態になってしまうのです。

 

ペットロスになってしまうんじゃないかと怖いのです。

➡老犬になった愛犬を看取る覚悟はいつ頃からしてますか?

 

私もそうでした。

老犬になり、脚は弱くなり臓器もいろいろと問題が出てきます。

 

老衰で亡くなるというワンちゃんがいるというけど、老衰と言うことは細胞が衰えて様々な臓器が生きていくのに耐えられなくなってきた証拠。

 

色んな薬を飲んで、4か月に人間でいえば1歳年とっていく老犬。

見ていてたまりません。

 

あんなに元気よく走り回って、大好きだった散歩。

道に愛犬を置いて散歩させようとしても歩こうとしません。

 

しんどいのかな?

脚が痛いのかな?

 

そこからはもう抱っこで散歩。

 

それだけでもワンちゃんは気がまぎれます。

でも飼い主さんは、覚悟をするころ。

 

そうなると、愛犬が生きていても亡くなっていないのにペットロス状態。

本当に亡くなってしまったら、私は耐えられるだろうか?

 

そう思っていました。

 

老犬が亡くなる兆候と、覚悟は半年前くらいから

うちのわんちゃんは14歳ちょっと前位までものすごく元気でした。

でも、動物ってわからないですよね。

 

保険に入らなくて良かったわぁと思ったのもつかの間。

14歳を過ぎ、半年たったころからいろんな変化が出てきていたのです。

 

健康診断で、臓器の数値がわかります。

目に見えて飼い主さんはわからなくても数値には悪い変化はもう出ていたのです。

 

そこで、「クッシング症候群」という病気が判明しました。

余命を告げられました。

 

  • 何もしなければ1年。
  • 薬を飲んで2年。
  • 腫瘍もあるので、手術を併用すれば3年。(ただし、手術の成功率は半分以下)

 

もうすでに14歳です。

どちらにしても寿命の年齢に行きつく年になります。

 

だからと言って何もしないことは飼い主としてほっておけません。

薬を飲ませる選択をしました。

 

ほかのワンちゃんも亡くなる半年前からいろんな病気が出てきたと聞いてます。

 

ペットが亡くなって、ペットロスになる飼い主の心境

私の愛犬は、15歳と3ヶ月で愛犬は虹の橋へと逝ってしまいました。

ちょうどその半年前から、1週間に1~3回くらい動物病院へ通ってました。

 

辛い状態で、亡くなるまで半年頑張ってくれたんです。

ある日の朝、リビングで亡くなってました。

 

まだ温かい。

愛くるしい顔をしてました。

 

まだ鮮明に覚えています。

亡くなる時期はそろそろだなと覚悟はしてても、相当辛いです。

 

15歳と言えば、人間でいえば高校3年生です。

ずっと一緒にいて、意思疎通も出来て自分のこと人間だと思って・・・

 

こんなに私を信頼しきって、目を見てまるでいつも笑っているようでした。

それがプツリと途切れてしまたのです。

 

その日から私は、食欲なしです。

あれから1年と3ヶ月。

 

忘れたことは一度もありません。

 

もう一度フワフワで柔らかい体を抱きしめてあげたい!

 

夢で見ました。

うちのワンちゃんが目の前にいたのです。

 

良かった!

死んでなかったんだ!

 

目が覚めました。

現実に戻り、私の目は真っ赤っか。

 

毎日食欲がない状態になった私。

可愛かった愛犬がいなくなってしまった!

 

耐えることが辛すぎて、朝から何も食べれません。

これでは、倒れてしまうと思い無理に口に物を入れてました。

 

もはや食事を楽しんだというものではありません。

1年3ヶ月で10キロ痩せた私。

朝目覚めると、心臓がドキドキ。

 

悲しみのあまり、自分が死んでしまうんじゃないかなと思うくらい。

これじゃダメだと思い、心療内科に行きました。

 

朝方、どきどきして夕方良くなるのは「鬱症状」になっている可能性があります。

と言われました。

 

あれから1年以上、少しずつ最近は体重が増えてきました。

食事も普通に食べられるようになってきたからです。

 

よくここまで、克服で来たなという感じです。

とは言っても、食欲が戻ったというだけで愛犬のいなくなった悲しみは変わりません。

 

ペットロスの克服法なんてないです。

時間と共に、自分の気持ちの変化が少しずつ上向きになるのを待つだけです。

 

可愛いかったね!

今でも大好きだよ!

忘れないよずっと!

 

ペットロスは自分で、時間と共に克服していくものだと思いました。

同じペットロスを経験した人と話すのも、気持ちが楽になると言います。

➡ペットロス寂しい気持ちはいつ克服するの?うつ病になりそう!

 

それはいっときだけ。

ペットロスは飼い主さんの心の変化を時間が解決するものだと、思いました。

老犬になったうちのポメがクッシング症候群と言われた!寿命の覚悟と注意点とは?

愛犬が年を取るにつれて心配なことは病気です。

あまり聞きなれない名前を言われたりしたら、どうしたらよいのかわからないかもしれませんよね。

 

老犬にはそれほど珍しくない「クッシング症候群」になってしまったうちの愛犬ぷぅちゃん。

 

うちのポメのぷぅちゃんは2017年の年末ある数値が以上に高く、精密検査をしましょうということになりました。

 

その時点でエコーととレントゲンを撮って腫瘍があることが判明したのです。そして「クッシング症候群」の可能性がありますと。

 

「クッシング症候群」は何となく耳に聞き覚えがある病名でしたが、そこまで重篤な病気だとは思いもしませんでした。

 

それから検査結果が後日わかった時に、「クッシング症候群にかかった時の寿命おお伝えします」と言われたのです。

 

クッシング症候群の治療や合併症、普段の生活で注意すること、また覚悟しておく寿命について、まとめていきたいと思います。 

老犬がクッシング症候群と言われたら覚悟する寿命の事

 

8歳以上の高齢犬に多く、予防のできないのがこの病気です。長生きしているからこそかかりやすい病気だとどこかで聞きました。

 

昨年14歳半でポメのぷぅちゃんはクッシング症候群と言われましたから、やはり老犬になったワンちゃんがかかりやすいのかな、とも思いました。

 

合併症のおそれがあり難しい病気ですが、適切な治療を受ければすぐに寿命の覚悟しなければならないということはないんです。

 

クッシング症候群はホルモンが過剰分泌されたせいで、様々な病気を併発してしまいます。直接的にクッシング症候群になったから亡くなるということではないんですよね。

 

あまりにも悲観的に受け止めてストレスを感じてしまうと、犬は飼い主さんのストレスを受けてしまうので悲しむのはやめようと思いました。

 

治療はクッシングの種類によっても違います。薬による内科療法、手術して腫瘍を取る外科療法、放射線治療などがあると獣医さんから聞きました。

クッシング症候群の治療費と検査代

 

気になるのがクッシング症候群になった時の治療費や検査代です。もしも腫瘍の摘出手術をしたら10万円前後から30万円位。

 

手術はしないで、定期的な検査と薬代になりますが薬代が約8千円。ポメラニアンなのでその金額で済んでます。

 

大型犬なら倍以上かかるでしょうね。

 

うちのぷぅちゃんは腫瘍が2センチくらいあるということ。これは良性か悪性か外からだとわからないそうです。

 

腫瘍を取る手術をする場合は、場所や状態によって変わってきます。腫瘍が小さく、薬の効き目が良い場合は、3年生存率が70%程度と言われています。

 

良性のものなら完治もあります。悪性、つまりガンの場合は完治が難しく、余命が短いことも多いようです。でもよくわからないのが、腫瘍はあるということと、ホルモン場異常に出ているということ。

 

この二つがあってクッシング症候群だと言われるのか?!獣医さんに聞いても良く分かりませんでした。

 

内科治療は完治をめざすというより、生涯薬を続けていき、ホルモン分泌をコントロールすることになります。実際、薬のおかげで調子が良いという犬が多くいます。

 

「犬心」はクッシングのワンちゃんの飼い主さんは注目してます。

クッシングは合併症が怖いです。

ワンちゃんがクッシングになった場合、頼みの綱のサプリ「犬心」

・➡犬心ドッグフードの口コミとクッシングのワンちゃんの事

 

腫瘍を取ったらもう過剰なホルモンは出なくなって心配ないのか?!

 

うちのぷぅちゃんに獣医さんはこういいました。

「手術をして腫瘍を取ることを勧めます」

全身麻酔を14歳半の子に?

「ただし、成功すれば3年の寿命。成功率は6割です」

そんな馬鹿な!

ですよね。

その他の治療の選択はありませんか?

と聞きましたら、内科的治療つまり薬を毎日飲ませるということです。

そうすれば2年は生きる可能性があります。と。

 

ちょっとショックですが、もうすでに14歳半です。どちらにしても頑張っている年齢。手術して痛い思いしてリスクをとるよりも内科的治療で断然良いと判断したのです。

 

クッシング症候群の合併症で怖いのは?

 

クッシング症候群は、副腎という臓器からのホルモンが異常にたくさん分泌されてしまう病気です、合併症が怖いとの話を獣医師に聞きました。

 

そのコルチゾールというホルモンは、炎症の抑制、代謝など生命活動に大きく影響するホルモンです。

 

クッシング症候群を放置すると、糖尿病、膀胱炎、皮膚炎、甲状腺機能低下症など合併症を引きおこします。

 

最も重い症状のものは肺血栓症で激しい呼吸困難が見られ、苦しくなるというを聞き、何とかしてそれだけは逃れたいです。

 

糖尿病も体調管理が大変で辛抱強く治療しなければならないので、そうならないよう見守っていきたいです。

 

老犬になって体力が落ち、免疫力が下がるときに発症するので、どんな病気でも早期に発見し、治療することが一番です。

 

クッシング症候群と診断されたときの普段の過ごし方や注意点とは?

 

クッシング症候群では食事に気をつけることが大切なので、ドッグフードには神経を使ったほうがいですね。

 

高たんぱく質・低脂肪の食事をあげるということを13歳位に知りました。

 

もっと早く健康的なドッグフードの存在に気が付いて入れば良かった!

 

ドッグフードを利用するときはその成分をよく見て、保存料や添加物にも配慮してあげてください。症状として水をよく飲むようになりますが、制限せずたっぷりと水をあげた方が良いそうです。

 

ストレスをためないように、負担にならない適度な運動をさせることも大切です。散歩は外の空気や臭いを感じる時間で、血行もよくなります。何より犬が大好きなことですね。

 

大好きな飼い主さんと一緒に気持ちの良い場所へ出かけ、リフレッシュさせてあげてください。

 

老犬になったら寿命はみんな気になることです。そして、いつかは迎えることですよね。わかっているのですが、クッシング症候群と言う病気になった事実はやはり辛いです。

 

検査もしょっちゅうですが、合併症にならないよう飼い主としてできるだけのことはしてあげたいと思う毎日です。

老犬のおもらしが始まった原因と対策とは?!トイレシートでしなくなったのはなぜ?

うちの老犬ポメのぷぅちゃんはもうすぐ15歳。もしかしたら平均寿命ちょうど位、下手したら超えてます。

 

いろんな体の不調が出て気て不思議ではないですよね。そこで今困ったことが!

 

それは老犬のおもらし。

 

いいえ、老衰の始まり。

うちのぷぅちゃんは今まで、ちゃんとトイレにおしっこをしてました。

老犬がおしっこシートでしなくなった原因は老衰?

うちの愛犬ポメラニアンはある日を境に、部屋のあっちこっちにするようになったのです。

 

  • 原因は、トイレシートまで間に合わないから?
  • 床が滑ってしまうから、そこらへんにしたほうが楽だから?
  • 歩くのがだるいから?

 

全てです。

長生きゆえの病気もあります。

 

クッシングと言う病気もあり、肝臓の数値も高い。

そして副腎に2センチの腫瘍があるとなれば、相当体はだるいと思いますよ!

 

と、獣医師に言われました。

トイレシートまで到達できないのも、そんな体調も原因なんですよね。

 

老犬になるとおもらしをするのはなぜ?

 

今までのようにいつもと同じ場所でおしっこをしなくなって粗相が増えたこと。トイレシートを敷いてある決まった場所でおしっこをしなくなったのは老化のせいでしょうか?

 

認知症が始まったのでしょうか?

 

以前飼っていた猫も高齢になった時に同じ粗相をしてました。部屋のあっちこっちに。そのほか老犬のおもらしの原因は?

 

これまた人間と同じで、年をとると膀胱や尿道の筋肉の力が弱くなって来ます。決まったトイレにいくまで間に合わなくて漏らしてしまうんですよね。

 

そして老犬になると頻尿になることも多いです。尿取パッドを人間でも付けるようになりますが、たくさんの量のおしっこをためておくことができないから漏らしてしまう・・・

 

トイレまで行けないうちにおしっこ出ちゃう!

足の関節が弱くなってるから、楽な姿勢でその辺に出しちゃう!

 

老犬の足が弱ってきているのを見るのは飼い主として、辛いです。

私はこちらのサプリ「毎日散歩」を3カ月コースで頼んでました。

後ろ足が衰えてきたら?

老犬が後ろ足の衰えで関節炎になった時におススメのサプリとは?

 

飼い主としては参ってしまいます。トイレシートを交換するだけで今までは済んでいたのに、あっちこっちに粗相をするからもう大変です。

 

でも叱らない。叱ったってわからないから。むしろ、ワンちゃん自身も頻尿が辛いんですよね。トイレまでも行くのがしんどい。

老犬のおもらしが始まった時の対策

おもらしもどこにしているかによって対策も違います。寝ていてもその場でおしっこをしてしまう場合は、完全におもらしの始まり。おむつを履く時期がやってきたかもしれないですね。

 

そうしないと飼い主さんはかなり大変です。犬とは言えおしっこまみれの寝床の交換は非常に大変。

 

うちの14歳のポメのぷぅちゃんは決まったところでおしっこをする時と、困ったちゃんの時があります。

 

まだ寝床で寝ながらおしっこをもらすところまで行ってませんが、対策はしないと部屋中おしっこの臭いが充満してしまいます。

 

もうしょうがないから朝一番で散歩です。散歩に行くと、必ずおしっこをします。少しずつ何回もするので、夜中のだいぶ膀胱にたまったおしっこは排出できているんじゃないかなと思います。

老犬のおもらしが病気の場合の症状

 

大量に水を飲む病気もありますので、そこでワンちゃんに何か病気を疑うことも出てくると思います。水をたくさん飲めばその分おしっこはたくさんたまってますし、老犬であればおもらしもあり得ますよね。

 

水をたくさん飲む病気にはクッシング症候群や糖尿病があります。うちの14歳のポメのぷぅちゃんもそうです。

 

クッシング症候群のワンちゃんはたくさんの水を欲しがり、おしっこもたくさんでています。

老犬のおもらしの考えられる病気

膀胱炎

前立腺肥大

腫瘍

結石

神経の圧迫

その他、老犬になると精神的ストレスでおもらしをすることもあります。老犬のおもらしは飼い主さんは大変だけど、なかなか治るものではないですよね。

 

うちの場合はおもらしおどこにしても良いようにあっちこっちにトイレシートを敷いてみたのですが、足が弱っているので滑ってしまうのでまたほかに対策を考えなくてはと思っています。

 

各家庭、シニア期に入った老犬のおもらし対策はそれぞれですが、叱らないで高齢期に入った愛犬にたくさんの愛情を与えてあげたいですよね。