犬の肝臓癌の初期症状と治療法、気になるお金と寿命はどのくらい?

ワンちゃんも人間同様癌になります。やはり私の知り合いのワンちゃんも癌になり、短命だったということを後から聞かされました。

 

いろんな癌がありますが肝臓癌は人間もワンちゃんも初期症状が出にくいため、症状が出始めた頃には末期状態が多いといわれています。

 

そのため早期発見が命を救う可能性を広げます。飼い主さんはしっかりと愛犬を病気や怪我から守る対策をしましょう。

 

老犬になるとやはり免疫が落ち癌などいろんな病気になりやすいと言われます。

 

愛犬が癌になったらどのくらいお金がかかるんだろう?寿命はどうなのか、今回はワンちゃんの肝臓癌についての治療法なども含め調べてみました。

 

犬の肝臓癌の初期症状/痛い?苦しいの?

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど、初期症状はほとんどなく、末期になって確実な症状が出てきます。そのため気付いたときには肝臓癌へと着実に残念なことに進んでいってしまうんですよね。

 

中期になると、なんとなく元気がなかったり、なんとなく食欲が減ったりと徐々に変化が出始めます。

 

それは肝臓機能が低下することで、代謝が落ちる・解毒が遅れることで倦怠感を感じるからです。しかし”なんとなく”なので、経過観察をするくらいで済ませてしまう方が多いです。

ワンちゃんがご飯を食べなくなるのは慢性肝炎の場合も!

老犬がご飯を食べないのはもう死期が近いからなの?それとも病気なの?

犬の肝臓癌の治療法と料金

 

肝臓癌は大きく2つに分類されます。

 

1.原発性の肝臓癌-肝臓内で発病したもの。

 

2.転移性の肝臓癌-ほかの臓器で発病した癌が肝臓へと転移したもの。肝臓は多くの血管が通っているため、その分癌が転移しやすいのです。

 

この分類によって検査・治療方法と料金が変わってくるので、まず始めに知るべき情報はワンちゃんがどちらにあてはまるのかということからですね。

 

〈治療方法〉

治療方法は大きく3つで分かれます。

手術による癌細胞の除去、抗がん剤治療、放射線治療です。金額は病院や治療薬、日数によって異なるので目安としてお考えください。

 

手術による癌細胞の除去は、

この3つの中でも1番短時間かつ、1番効果が期待できる治療方法です。手術が成功すれば、癌の再発も可能性が低くなります。

 

しかし癌細胞の転移が進んでいたり、転移性の肝臓癌の場合は、効果が出にくい治療方法です。

金額:10万〜20万(入院費込み)

 

抗がん剤治療は、

通院治療が可能なため、飼い主さんと生活しながら病気と闘えるのでワンちゃんからすると安心できる治療方法です。

 

悪性のリンパ腫などの転移の場合は、効果が1番期待できます。しかし、人間でも抗がん剤の副作用として吐き気や抜け毛などの症状が現れるので、それを承知の上での治療となります。

金額:2万〜4万/1回

 

放射線治療は、

地元の小さな動物病院では受けられない可能性が高いです。治療を始めるとなると、設備のある大学病院で受けることになります。

 

手術と比べると、開腹などもないのでワンちゃんへのダメージは少ないですが、放射線障害が起こる可能性もあります。

金額:1万〜5万/1回

 

治療方法にはそれぞれメリットやデメリットがあります。ワンちゃんに合った治療方法を獣医さんとしっかりと話し合いましょう。

 

犬の肝臓癌の寿命と末期までの経過

 

肝臓癌末期の細かい症状としては、

 

・身体の痛み

肝臓周辺に痛みを感じます。また癌の特有の症状として、患部とは関係のない場所に痛みが生じることも。

 

・出血が起こりやすくなる

止血作用のある血小板が破壊されていき、ちょっとした傷でも血がなかなか止まらなくなります。さらにちょっとした衝撃で内出血も起こりやすくなります。ひどくなると、吐血や下血の症状に。

 

・黄疸

身体が黄色っぽくみえる、白目の部分が黄色っぽい色になる症状です。肝臓癌末期になったときには肝内胆管が完全に塞がれていたり、肝細胞が破壊されることで、この黄疸が目立つようになります。

 

・腹水が貯まる

大量の腹水が貯まり、腹部がパンパンに張ります。そのためお腹の張りで少し動くだけでも苦しい状態が続きます。さらに、動かない+お腹の張りによって食欲もなくなってきます。

 

飼い主さんからも見てわかる症状なのでワンちゃん本人も飼い主さんも辛い闘病生活になってしまいます。

お互いの愛情が通じ合い、少しでも苦痛のない生活が遅れることを願います。

癌を摘出した猫ちゃん、足腰の悪いワンちゃん、元気がなかったワンちゃんの口コミをチェック!

➡・キングアガリクス100 ペット用は口コミから判断!どんなワンちゃんに飲ませたい?

まとめ

さいごに、

肝臓癌は完治が難しい病気でワンちゃん本人も飼い主さんも何度も苦しいと思う機会があるでしょう。

 

初期症状がほとんどでない肝臓癌を防ぐためには、早期発見が1番の治療となります。ですから、飼い主さんはしっかりとワンちゃんとコミュニケーションを取ることが大事です。

 

またそれとは別に、肝臓癌の進行が進んでしまっても、癌の進行を抑え、共存という道を選んで長生きしたワンちゃんがいることも事実です。

 

ワンちゃんと飼い主さんとの暮らしを守るためにも定期健診を行なっていきましょう。

老犬の足腰が立たない?!症状をチェックと寝たきりになるまでの過程

老犬とは、一般的に小型犬・中型犬では11~12歳くらいから、大型犬では8歳~9歳くらいから老犬です。

 

老犬になると、とっても悲しいことにみるみる筋力が弱り、足腰が弱くなるんですよね。

 

どんな症状をたどって寝たきりになっていくのか、辛いけど飼い主として知っていたほうが良いかもしれません。

 

高齢期になったワンちゃんはやがて食欲がなくなり、寝ている時間が長くなります。

 

老犬になると変形性関節炎にもなりやすいです。老犬が最期を迎えるまでの過程をおってみます。

老犬の足腰が立たなくなる原因

 

うちのぷぅちゃんはもうすぐ15歳。足腰が立たなくなるのもそう遠くはないかもしれません。もうすでに歩くのがふらついてます。

シニア犬は意外と早いうちにやってくる!その時飼い主さんがやってあげられることとは?

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

筋力の衰え

 

老犬の足腰が立たなくなる原因の1つには、病気の場合と加齢による筋力の衰えがみられます。老犬になると、細胞が少しずつ死んでいきます。

 

活性化している細胞が少なくなるので、筋力だけでなく脳の機能の方も働きが低下し、意欲もなくなります。動くことが少なくなるので、ますます体の筋力が衰えてきます。

 

老犬の変形性関節炎

 

うちのぷぅちゃんは変形性関節炎と数か月前に診断されました。

 

老犬の変形性関節炎になると、関節炎になっている部分が痛みや腫れが伴い、しきりになめていたり、歩き方がおかしくなったり、足を引きずって歩いたりしています。

 

痛みを伴う場合は、関節に触れると嫌がります。痛いので、動きたがらず、ますます寝ていることが多くなり、食欲もなくなります。

ワンちゃんの寝たきりを少しでも遅らせるために!

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

認知症になる

 

老犬では認知症を発生し、意欲がなくなるため、寝ていることが多くなり、自分で立ち上がるという動作すらもしなくなり、寝たきりになる場合があります。

老犬の足腰が弱くなったときに見られる症状とは?

 

足腰が弱くなると、見てもわかるように歩き方が若い時と違ってきます。こんな症状が見られてきたら、足腰が弱ってきているのです。

歩くことが遅くなる

若い時と違い、老犬になると細胞が老化し、筋力も低下、そして意欲もなくなります。老犬になったばかりのときは、人間でいうと65歳くらいなのでまだまだ元気です。

 

次第に年を重ねていくと、大型犬では11歳くらいから、小型犬や中型犬では13歳くらいから歩き方が遅くなってきます。次第に歩き方がゆっくりになります。

元気がなく、ふらふらと歩く

まだまだ元気はあるぷぅちゃん。でも後ろ足のフラフラ歩きは隠せません。

 

若い時のように、はつらつとした元気さがなくなります。ボールを追いかける、走り回るなどの元気さがなくなり、歩き方もふらふら、ヨタヨタとしています。

 

小型犬は体が小さいので、筋肉の衰えの影響が少ないですが、大型犬は筋肉が衰えると歩き方の影響が大きいです。

 

すぐに息切れがする

散歩に外に出ても、息切れがするので家に戻りたがります。長時間の散歩は負担がかかるので、排尿や排便に合わせて、何回かに分けて短時間の散歩に出た方が犬の体の調子が良くなります。

雄犬が足をあげないでおしっこをする

 

足の筋力が弱ってくるので、雄犬が排尿のときに片足をあげてすることが出来なくなります。雄犬でも雌犬のように足をあげないでそのまま排尿するようになります。

立ち上がりができなくなる

 

衰えは後ろ脚からきます。後ろ足が弱ると、お尻をあげて立ち上がるという動作ができなくなります。お尻をひきずったまま歩いたり、お尻を持ち上げてやるとふらふらしながら歩いたりします。

足が震えている

 

加齢のため、足が震えて立っていることが難しくなります。震えながら歩くと、すこしのものにつまずいて転ぶことがあります。石ころが少ない平坦な道を散歩してあげるといいでしょう。

老犬が立てなくなり、寝たきりになるまでの過程

 

①立てなくなる

足腰が弱ると、次第に立ち上がりができなくなります。後ろ足が弱るので前足を立てても後ろ足がたたなくなるため、お尻を引きずるような動きが見られます。

 

②耳が聞こえにくくなる

名前を近くで呼んでも振りむかなくなります。すぐそばで大きな声で呼ぶと初めて気が付きます。耳元で手をたたいたり、カスタネットのようなものを鳴らしたりして、振り向くかどうか確かめてみましょう。

 

③目が見えにくくなる

加齢になると白内障や核硬化症になりやすいです。目が見えにくいのでエサの匂いがわからず、食欲もわかなくなり、食事量が減ってきます。

 

④寝ている時間が多くなる

ほとんど寝ていて、目を開けても立てないので、泣き方も弱弱しくなります。

 

⑤お漏らしをするようになる

寝ていることが多くて、排尿感覚がなくなります。そのため、膀胱の括約筋もしまりが悪くなるので、我慢ができずにお漏らししてしまうことが多くなってきます。

 

フラットシーツを寝ている所に何枚か広げておき、お漏らしをしたときの対策をしておかなくてはいけなくなります。

 

⑥食べなくなり、水も飲まなくなる

無理に食べさせると、吐いてしまい、誤嚥するようになります。水をスポイトなどで少しずつ水を飲ませてあげましょう。水を飲まないと脱水になる可能性があります。

 

⑦最期はけいれんが頻繁におきる

最期には排便や排尿があり、高熱が出ることもあります。人間と同じように最期にはけいれんが頻繁におこります。これが、愛犬の最期のときだとわかるので最期を一緒にいてあげたいですね。

まとめ

老犬になると足腰が弱り、お尻があがらなくなります。次第に、立ち上がりができなくなり、寝ている時間が長くなり最期は寝たきりになります。

 

最近は、寝てきりにならず、元気な生活が送れるように早めからサプリメントを補うことで、痛みを緩和し、栄養を補うことができると期待されます。健康診断も年に2回受けておくと、病気が早めにわかって安心です。

老犬の足の異常を感じたら早めのサプリで安心

毎日散歩は本当に犬の関節におススメなサプリなのか検証してみた!