老犬の涙が大量に出る流涙症と言う病気とは?放置でも治る?

歳を取った愛犬を見た時に目に涙が溜まっていたり、

異常に涙の量が多くて不安に感じてしまったことはありませんか。

 

愛犬の涙を見た時に思わず「悲しい」思いをしているのではないか、

何かつらい事があったのではないかと想像する人もいるかと思います。

 

実は、愛犬の涙が大量に出ている場合は危険なサインとも言われています。

 

今回は流涙症と言う目の病気について書いていきますね。

 

愛犬が歳を取ると気をつけなければいけない

涙の問題と予防について解説します。

 

老犬の涙が大量に出る流涙症の原因は?

最近愛犬がよく泣いているように見える、

涙が大量に出ているといった病気があるんです。

 

それは「流涙症」と言う目の病気。

 

常に目の周辺に涙があふれている状態になってしまう病気なんですよね。

 

流涙症と言う病気は涙の過剰分泌が異常だったり、

涙の排水システムの目詰まりによることが原因です。

 

流涙症になったワンちゃんのきっかけ

  • アレルギー(花粉症も含む)
  • 目にゴミが入った
  • 目に犬本人の被毛が入った
  • 食べ物が原因

 

目に異物が入る➡目やにの量が増える➡目やにを放置

➡目やにが固くなり、取れない取らない涙やけになる

➡もっと涙の量が増える

 

普段愛犬が食べているフードも合わなくなって、

流涙症になることもあるそうですよ。

 

目やに、涙やけで悩ます飼い主さんへ必見ドッグフードはこちら!

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

 

放置をしてしまうと犬のストレスにもなってしまうだけではなく、

目やにや涙やけの原因にもなってしまいます。

 

 

ワンちゃんの涙の量が最近特に多いなと思ったら動物病院へ。

 

老犬の涙が大量に出る流涙症の治療

 

流涙症の治療の方法は?

 

異物の除去、基礎疾患への治療、涙小管洗浄、涙小管洗浄、

手術といったやり方で治療をすることができます。

 

異物の除去や点眼治療については自宅でも行うことができますので、

炎症が起こったりひどくならないうちに動物病院へ

 

老犬の涙が大量に出る流涙症の予防

できるだけ流涙症にならないようにするためにも、

日頃から流涙症に対する予防をしておくことが大切です。

 

私の場合、目やにが気になったらすぐに動物病院へ行き目薬をもらってます。

 

流涙症はドッグフードが合わない事で引き起こされる場合がありますが、

免疫が弱った老犬ほどこの病気にかかりやすいです。

 

体の弱ったワンちゃんへ、免疫のサポートサプリ

「犬康食ワン」プレミアムをおすすめする理由!こんなワンちゃんにこそ飲んでもらいたいサプリ

 

老犬になって体調が不安定になったらドッグフードを見直したり、

常日頃から運動をさせて免疫力アップを!

 

また、普段の散歩の時間が短い場合はストレスが溜まり、

それが原因で流涙症になってしまうという事も考えられます。

 

老犬が楽しく毎日を過ごせるよう散歩の時間を増やしたりと、

流涙症にならないための予防は実に様々あります。

 

まとめ

 

流涙症は放置をしてしまうとより酷くなってしまいます。

 

涙が多いだけで気にしない!

 

と思って長い間放置しておくと治るまでに時間もかかってしまいます。

 

犬のストレスにもなってしまうため、涙の量が前より多くなったと感じたら

まずは獣医さんに診せてくださいね。

 

私は普段、ポメの老犬ぷぅちゃんには毎日の散歩帰りの

日課の一つで目やに取りがあります。

 

涙も目やにも多くなった老犬ぷぅちゃん。

 

毎朝目やにを拭き、目の周りも最後にコットンに

アヴァンス犬用化粧水を含ませ拭いています。

 

目の周りだけではなく、皮膚、毛のトラブルに

無くてはならないスプレーです。