シニア犬のダックス、ヘルニアにかかっても手術なしで長寿な秘訣とは?

ワンちゃんの中ではダックスフンドは、長生きだと言われています。

長寿な秘訣は?

 

でも注意点としてかかりやすい病気の一つがヘルニアですね。

 

知りあいのダックスのワンちゃんはほとんどヘルニアの手術をしています。

 

友人宅の愛犬は3匹ダックスを飼っているのですが、3匹ともヘルニアの手術をしたと話してました。

 

でもかなり長寿。

 

そして、友人の飼っているワンちゃんはヘルニアに何度か辛い思いをしたけど、その都度動物病院から薬をもらって、今も手術なしで老犬ですが元気です。

 

私のおススメしたサプリ「毎日散歩」を飲ませているのも一役買っているのかもしれません。

 

ヘルニアにかかりやすいダックスフンド!手術なしでも大丈夫?

知り合いのワンちゃんを飼っている人では、ダックスフンドがダントツに多いです。

 

大きなダックスもいれば最近はかなり小さなのダックスフンドを見かけることがあります。

長く愛犬と一緒にいられるって幸せですよね。

 

犬種によって、なりやすい病気ってありますがダックスフンドを飼っていてヘルニアになり、飼い主さんも心配した経験のある人は多いのではないでしょうか?

 

なんせ、私の知り合いのダックスを飼っていてヘルニアの手術をしないで知っているワンちゃんは一匹だけです。

 

でもやはりその兆候は何度かあり、その都度動物病院にかかってます。

 

薬を与えられて飲ませ、様子を見てください。

まだ痛そうだったら、すぐ来てくださいと言われてました。

 

とにかく食欲は無くなるは、足をひきずるわで辛そうでした。

足が痛いと言うことはここまで、元気が無くなってしまうのか?

 

愛犬はどんな状態になっても、長寿である秘訣は飼い主さん次第のところもあります。

 

もちろん、ワンちゃんの病気はどうしようもない場合もありますが、飼い主さんの対処の仕方一つで免疫が弱くなったり強くなったりします。

 

足の痛みでかなり食欲もなくなり、振り向きもしなくなりました。

 

でも獣医さんにその話をすると、やはりヘルニアでしたが軽いのでとりあえずお薬を処方して少しの間飲ませて様子を見ました。

 

薬が効いたのか、すっかり元気になったのです。

ヘルニアの再発?

そのワンちゃんは、シニア犬ですので、なるべく全身麻酔をした手術はしたくありません。

 

ヘルニアの再発と言うくくりにしてよいのかわかりませんが、また同じ症状になってしまいました。

 

全く同じく、歩くのも引きずるようにトイレだけ。

おしっこも足の痛みで間に合わなかったのか、その辺にしてしまったり。

 

まただわ!

と思い、以前と同じ動物病院へ。

 

薬を処方してもらいました。

今回痛みが取れなかったらもしかしたら手術になるかもしれませんと言われたそうです。

 

  • 手術、保険入っておけば良かった!
  • あぁ、やっぱりダックスフンドはヘルニアになったら手術は避けられないのかな。
  • 早く痛みをとってあげたいな。
  • 頼むから今回も薬で、手術は避けられますように!

 

私がよく遊びに行くお宅のワンちゃんなので、元気な時も知ってます。

まずは何も食べないというのが心配です。

 

老犬は食べないとどんどん弱ります。

「今回は手術になるかも!覚悟はしてるのよ!」

 

と、友人は言ってました。

 

私の愛犬が変形性関節炎になった時に、ずっと飲ませていた「毎日散歩」と言うサプリを教えてあげました。

 

半分神頼みです。

「このサプリを飲んで、私の犬は散歩も元気に行けるようになったよ!」

と、伝えました。

いろんな症状のワンちゃんの口コミの詳細も載ってます。

➡毎日散歩の口コミは信用できる?老犬の関節サプリの評判は?

 

サプリに出会ったのが良かったのか、ワンちゃんの体質なのか、薬で完治するくらいヘルニアは軽かったのかわかりません。

 

でもそのワンちゃん、あれからはずっと元気。

 

シニア犬のダックスだけど、一生ヘルニアの手術をしないで長寿でいてくれたらありがたいな!

と飼い主さんである私の友人は今は安心しています。

 

シニア犬のダックスがヘルニアになり、食欲もなくなったがその後回復!

私の近所のダックスフンドは8歳。

 

もうシニア犬です。

 

今から数か月前、急に歩けなくなり後ろ足を引きずるようになったと言いました。

 

何も食べない。

水も飲まない。

 

病院に連れていくレベルだけど、その前に私がうちの子が飲んでいたサプリ「キングアガリクス」を飲ませてみて!

 

と、話しました。

 

少し症状が治まったら、それで良し。

どちらにしてもその後は獣医師さんに見てもらったほういいわよ!

 

と、伝えました。

 

ダックスフンドやコーギーはヘルニアになりやすい

 

胴の長い犬はヘルニアになりやすいと言われています。

その飼い主さんは知らなかったようです。

 

他の友人はやはり、ほぼヘルニアの手術をしてます。

約30万円。

 

きっと、同じだと思うけどまずは食欲がないのは心配だから元気が出るように「キングアガリクス」をおすそわけ。

 

そして、ご主人が休みの時に動物病院に行きました。

消炎剤やほかの薬を数種類飲ませて、様子を見ることにしました。

 

薬やキングアガリクス効果もあったのか、食欲も出てきて脚の痛みも消えてきたようです。

 

1週間後動物病院へ行ったところ、手術はしないで大丈夫ですね。

 

手術は犬にとっても負担が大きいです。

 

まして、8歳。

 

老犬の仲間入りです。

 

シニア犬になったばかりですが、できれば全身麻酔は避けたいところですね。

現在はあの時の痛みは出ていません。

 

そして、キングアガリクス効果を信じた友人は、元気に長生きをしてもらいたいからずっと定期購入をしてます。

 

キングアガリクスを飲むとどんな効果が期待できるの?

 

キングアガリクスはうちの愛犬の場合は、神にすがる思いでした。

うちのワンちゃんは15歳を過ぎてましたから。

キングアガリクス命です。

病気、老犬で衰弱したワンちゃん。

 

元気がなくなってくると食欲が落ちてきます。

食欲がなくなると、犬に取っては即命にかかわります。

 

まずは、食べてくれること、お水を飲んでくれること。

本当に衰弱してしまった愛犬の飼い主さんはそんな思いでキングアガリクスを飲ませています。

 

➡キングアガリクス100 ペット用は口コミから判断!どんなワンちゃんに飲ませたい?

 

もちろん、ワンちゃんによって、いろんな体の不調は違います。

毎日の目やにが出て困って、目の周りを拭くのも飼い主さんにとってはかなり神経をつかます。

 

そんなワンちゃんの目やにが少なくなってきたり。

うちの子は、老犬になってからかなり手足の毛が少なくなってきて見てて可愛そうでした。

 

そんな手足の毛がフサフサになってきたのです。

体全体の毛量も増え、毛並みも艶々。

 

元気がなくなって、散歩を嫌がっていたワンちゃんもキングアガリクスを飲ませたらまた以前のように元気を取り戻したという感想もあります。

 

椎間板ヘルニアをひどくさせないために

 

今回は手術をしなくても良いということになりましたが、再発しないという保証はありません。

とにかく肥満をさせないこと。

 

また、散歩などで飼い主さんに合わせて激しい散歩をさせたり長時間の散歩も良くないのです。

この病気は、椎間板が脊椎の神経を圧迫。

 

そして、背中、腰などに痛みが走り、今回のように歩けなくなって食べることも出来なくなってしまいます。

 

おかしなと思ったら、飼い主さんとしては何が原因なのかわかりませんよね?

 

老犬だから、変形性関節炎かな?

と思ってしまいがちです。

 

でもダックスフンドは椎間板ヘルニアと言う病気になりやすい犬種だということを飼うときに知っておくといですね。

 

軽いうち、早く気が付けば手術しなくても今回のように注射や内服薬ですむこともあります。

老犬が吐く原因について!病気との見極め法

愛犬が吐いている、老犬なので心配でどうしたらいいか戸惑う場合がありますね。老犬が吐くときは、単なる空腹や消化不良で吐く場合と病気で吐く場合があります。

 

まず、嘔吐物を見てください。

 

匂いはありますか。

 

苦しそうにしていますか。

 

それとも元気ですか。

 

その時の症状でこのままにいておいたらまずいかも!と思ったら獣医さんにかかってくださいね。

老犬が吐く原因や心配な病気とは?

 

我が家の老犬が吐いた!

老化により消化機能が弱くなって吐く場合と病気によって吐く場合があります。

 

老犬になると、体の様々な機能に老化が見られます。

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

老犬が吐く心配な病気とは?

  • 急性胃炎

胃の粘膜に炎症が起きて繰り返し吐く病気です。胃の中が空っぽになると、胃液まで吐くので体に負担がかかり、脱水症状をおこすこともあるので注意してくださいね。

 

  • 胃捻転

大型の老犬に多い病気で、食べすぎて胃の中にガスが溜まって吐きたくても吐けずに苦しんでいます。

 

吐いたときは、茶色の嘔吐物が出て、異臭がし、よだれもかなりでています。すぐに獣医さんの診察を受けましょう。

 

  • 慢性胃炎

消化の悪い物を長く食べさている場合や、急性胃炎になって放っておいた場合に慢性胃炎になることがあります。慢性胃炎になるとお水をたくさん飲んで、げっぷが出てきます。

 

  • 巨大食道炎

食べてすぐに噴き出すように吐くようなら、巨大食道炎が疑われます。食道が巨大なので、胃に食べ物がいかず食べるたびに吐くので、次第に衰弱してしまいます。

 

  • 胃潰瘍

腫瘍や腎不全が原因で胃潰瘍になります。吐いたものに血や異物が混じっていたら要注意です。度々嘔吐を繰り返すので、身体がすぐに衰弱します。

 

  • 胃拡張

食事をした後に、急に調子が悪くなって嘔吐します。

 

  • 溶血性貧血

身体を守る免疫が赤血球を攻撃して破壊する怖い病気です。元気がなくなり、食欲がなく急に吐きます。

 

  • フィラリア症

フィラリアという虫が住み着き嘔吐と咳を伴い、呼吸困難になります。

 

  • 気管支炎

急性の場合はウイルスなどの感染やアレルギー、ほこりなどが原因の気管支炎、寄生虫による気管支炎などがあります。慢性気管支炎になると、2カ月以上咳が出て嘔吐する場合もあります。

 

  • 肺炎

肺炎になると、咳が頻繁に出て嘔吐し、元気がなくなります。呼吸が早くなる場合は、肺炎かもしれません。

老犬が黄色いものを吐いたとき

 

白い泡と一緒につんとは何来る刺激臭があり、黄色い泡が出てくるときがあります。黄色い泡は胆汁です。

 

胆汁は肝臓で作られて普通は十二指腸へ出されますが、胆汁が胃液と混じって嘔吐する場合があるんですね。これは、正式には胆汁嘔吐症候群と呼ばれていて空腹のときにそうなります。

 

食べた後に吐く場合は消化不良で、胃液や胆汁と一緒に吐くことがあります。老犬になると、内臓の働きが悪くなるので吐くことが増えてくるのです。

老犬が白い泡を吐いたとき

 

空腹で胃に何も入ってなくて胃酸を吐く場合に白い泡となります。犬の胃は胃酸が多いので、空腹で胃酸過多の状態になると白い泡を吐き出します。

 

また高齢になると、人間でも食道と胃の境目の括約筋が衰えて逆流性食道炎が多いですが、老犬も一緒です。

 

あまり空腹すぎて、胃酸を吐いてしまうんですね。でも、そのときは、吐いた後もいつもと変わらない様子のことが多いです。

老犬が吐いても様子をみても大丈夫な場合とは?

散歩のときに、犬は草を食べたがります。

 

草を食べて草を食べて吐くときは心配はいりませんが、草には中毒性がある草や尿がかかった草があるので、雑草はあまり食べさせない方がいいですよ。

 

もし、食べたがる場合は市販の燕麦と言う犬用の草を食べさせてみて様子を見るのも良いですね。安全な草なので心配はないです。ペットショップやホームセンターに売ってますよ。

 

空腹のために吐く場合は、白い泡や黄色い泡が出る場合が良く見られ、その後は元気にしていることが多いです。

 

消化不良や食べ過ぎで吐く場合は、吐いてからまた食べたがります。そのときは様子を見て大丈夫です。

消化機能の衰えた老犬におススメのドッグフード!

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?

ただ、異物を飲んでつまって吐くこともあります。何度も吐く場合は異物がまだ胃の中に詰まっている恐れがあります。

 

すぐに病院に行って、処置をしないと命取りになる場合もあるので注意が必要です。

老犬が吐いたときの対処法(食事の仕方や水など)

 

白い泡や黄色い泡を吐いたあと、元気で、すぐにフードを食べたがるときは空腹で吐いたものなので、いつもと変わらない食事で構わないです。

 

ただ、食べすぎると吐く可能性があるので、量を少し減らして与える方が胃に負担がかかりません。病院で胃酸の薬を処方してもらうと嘔吐がおさまりますよ。

 

食欲がない時は、老犬だと半日ほど水と食事を与えないで様子を見て、少しずつ水を飲ませます。水を吐かないようであれば消化の良いフードを少し与えてみます。

 

フードを与えて吐かないようであれば、数回に分けて与えます。食べすぎると吐く可能性があるので、量を加減しましょう。

 

数日、吐かなければ、いつもと変わらないようにフードを与えて大丈夫です。

普段から腸が弱くて、下痢や便秘をしているワンちゃんには乳酸菌を摂って善玉菌を増やしたいですよね!

「犬康食ワン」プレミアムをおすすめする理由!こんなワンちゃんにこそ飲んでもらいたいサプリ

嘔吐と同時に下痢の症状もあるなら、老犬は衰弱が早く、脱水になるといけないので水分を飲ませて、暴飲で獣医さんの診察を受けてくださいね。

 

衰弱してしまうと危険なので点滴で、水分補給と栄養補給をしないといけない場合もあります。

 

まとめ

老犬は内臓の働きや筋力が低下しているので吐きやすくなります。草を食べた場合や空腹の場合は白い泡や黄色い泡を吐きます。

 

吐いた後、元気にけろっとしているのなら心配はいりません。

 

でも、何回も吐いたり、下痢もしていたり、血が混じっている場合など苦しそうにしている場合は脱水を起こし、病気の可能性もあるので早めに獣医さんに診せてくださいね。

シニア犬は何歳から?老犬の兆候と健康管理について

シニア犬は何歳から?

犬種、ワンちゃんの大きさによってシニア犬になる年齢が違います。小型犬と中型犬は大体7歳くらいから。大型犬は5歳くらいからシニア犬と呼んでいます。

 

でも実際はそこまで老犬には見えないですよね。でも着実に年々衰えていくんです。老犬になったかなと思う兆候は必ずやってきます。

 

シニア犬、高齢犬の健康管理次第でワンちゃんの健康にも差が出てきます。

老犬になった時の兆候と見た目

 

シニア犬と言われる年齢になると、見た目でわかるようになって来ます。

何もしなくても「あ、このワンちゃんけっこう高齢かも!」

そう感じるのは、毛、目、体系。

 

毛は薄くなっていき、白髪もわかるワンちゃんもいますね。フサフサだった毛量が貧弱になって、かなり毛が抜け落ちたのを感じ取れます。

老犬のもう一つの悩み、皮膚疾患どうしてますか?

アヴァンス犬用化粧水を皮膚疾患におススメする理由

目は白くなり、白内障になっていきます。

体形は前かがみ、頭、首が垂れてきます。

歩くと、トボトボ。

歯周病が進んで歯石がたまっている

老犬が歯周病になったら?

老犬が歯周病になった時の症状は?歯石取りの治療のリスクと費用について

老犬の兆候

老犬の兆候は見た目以外でもわかっています。

  • 散歩の時の歩き方
  • 後ろ足の衰え
  • 食欲
  • 寝てばかり
  • チャイムの音に反応しない
  • 粗相が多くなる

飼い主さんもショックなら、ワンちゃんもなんで今までのように出来なくなったんだろうと悲しいんですよね。

 

もしも粗相をしたり、食べ散らかしても叱らないでください。内臓機能も衰えていますので、食欲もなくなって来ます。

老犬の健康管理

シニア犬になり、老犬の兆候が表れたら今まで以上に愛犬の健康管理をしなくてはどんどん衰えていきます。

 

食欲がなくなって今までよりもドッグフードを食べなくなったら栄養が足りなくなりますね。そうなると、体重も減り筋肉も落ち骨も弱くなります。

愛犬がご飯を食べなくなった?

老犬は手作りごはんだけでいいの?14歳のぷぅちゃんはこれを食べて元気!

そして身体全体の臓器の機能も衰え始めてきます。ここで免疫を高めてあげないと、一気に体調が悪くなってくるんですよね。

 

昨日まで元気だったのに、急に立てなくなった!

急の下痢や寝たきりに・・・

 

老犬だからしょうがないと開き直るのか、まだ元気でいてもらいたいと思うのか?シニア期には飼い主さんの心がけ一つでワンちゃんの健康管理もうまくいきますよね。

  • 食欲がなくなったら、食欲が出る工夫をする
  • 今までのドッグフードの見直しも大事を与える
  • ワンちゃんの体調に応じたサプリメント

老犬の兆候が見られたら

 

今よりも来年は4歳もまた年をとるワンちゃん。来年の今頃も元気でいてほしいですよね。頻尿になっているワンちゃんは、加齢だけではないかもしれないので動物病院へ。

 

腎臓、肝臓、心臓の各臓器の機能も弱っている高齢犬は飼い主さんが見て愛犬が元気であっても半年に1回は動物病院で定期健診をおすすめします。

 

糖尿、血圧、ホルモン過多など目に見えていない老化や病気が隠れているかもしれません。早めの発見で投薬などの治療をすれば重要にならなくてすむこともあります。

シニア犬の愛犬がこんな症状が表れたら?

シニア犬になり、老犬ならではのいろんな症状が見られたら飼い主さんはできることはしてあげたいですよね。

 

足が弱くなり散歩がおぼつかなくなったワンちゃんの工夫

滑らないように部屋の床を工夫

 

寝たきりになったらまたその都度対処する必要もありますが、シニア犬の兆候が見られたら愛犬の今後のことなど健康管理はとても大事ですね。

 

抗酸化作用など健康を考えたドッグフードは老犬にこそ与えたい!

モグワンはヨボヨボになる前に老犬にこそ与えたい!みんなの口コミはどうなの?