愛犬がクッシング症候群と診断されたらショックですよね。

 

老犬が特にクッシング症候群になりやすいのは、長生きの証拠だからなんて言われましたが。

それはどうなんだか。

 

まずはクッシング症候群とは何かわからない。

まずはクッシング症候群と診断されてからの寿命を言われました。

 

残念ですが、クッシング症候群になったら1年から3年の寿命だと思ってください。

そこで、うちの愛犬はじめて大変な病気にかかったんだと思たのです。

 

その時はすでに14歳です。

1年から3年の寿命と言えば、老衰と同じ位の年数。

 

ただし、クッシング症候群と言われたその日からの治療費は始まるのでした。

うちのぷぅちゃんのクッシング症候群にかかった治療費と経過は?

クッシング症候群の治療費は平均どのくらいかかるの?

クッシング症候群と言われたら、薬を処方されます。

その子によって微妙にクッシング症候群の薬は違うようです。

 

また、犬の大きさによってももちろん薬の大きさは異なり、値段も倍くらい違ってきます。

うちのぷぅちゃんはクッシング症候群と診断された時点では、4キロくらいだったのでまだ治療費は安かったほうです。

 

一か月のクッシング症候群にかかる治療費は2万円弱でした。

うちの子は小さいので、平均すると、クッシング症候群の治療費にかかるお金は3万円くらいはかかるようです。

 

老犬になり、大変だけど手作り食を作ってあげていた矢先のことです。

 

手作り食を与えると喜ぶので最近はカリカリ以外に

手作り食を食べさせていますと獣医さんに言いました。

 

それならカリウムが入っているので肝臓に負担がかかりますと言われてサプリを追加されました。

 

それはどうしても必要なのですか?

 

と聞いたのですが、手作りを与えるということは余計なカリウムやカルシウムが臓器に負担を与えます。

 

健康な若いワンちゃんなら問題はありません。

 

クッシング症候群と診断された時飼い主さんに出来ることとは?

クッシング症候群と診断された時、どんな病気なのか調べます。

あと何年に生きられるのか寿命まで言われたのですから。

 

1年から3年と言う差があるのなら、少しでも長く一緒にいたいですよね。

 

そして美味しいものを食べさせてあげたい。

 

ワンちゃんにはカリカリのドッグフードで良いと言うけれど、手作りのご飯を一度作ったらかなり美味しそうに食べるのです。

 

カリカリは完全栄養食。

でも手作りのご飯を食べたい気持ちがあるのがわかったなら、毎日作ってあげようと思いました。

 

でもそこには問題が!

 

クッシング症候群の病気を抱えているワンちゃんが手作り食を食べることにより、他の臓器に負担がかからるんですと獣医さんに言われたのだから考えてしまいます。

 

それでも、手作り食を食べると美味しそうに食べてくれて喜ぶんです。

 

 

臓器に負担のないように、手作り食にふりかけるサプリは与えることをすすめます。

 

そう獣医さんに言われたのです。

 

そのサプリは一か月6,000円でした。

そこでも、お金はかかりました。

 

クッシング症候群と診断された時に与えたいサプリ犬心

 

そのほかクッシングにはこのサプリしかない!

と言う情報が!

犬心

愛犬がクッシング症候群と診断された飼い主さんは、きっと「犬心」と言うサプリをご存知な人は多いと思います。

クッシング症候群になってからの経過と寿命

うちの子はクッシング症候群と診断されたされたときの見た目の症状は、全くわかりませんでした。

 

そのうち、お腹が膨れてきたような感じになりました。

 

クッシング症候群をネットで検索するとかなりお腹が膨らんでいるワンちゃんもいます。

 

酷くあると、お腹も相当まるくなってきて苦しくなってくるのだと思います。

 

また老犬になったせいなのか、手足の毛も薄くなって来ました。これはクッシング症候群が原因なのかどうか微妙なところです。

 

クッシング症候群になると、経過が少しずつ愛犬の症状に現れてきます。

悲しかな、見ていられません。

寿命も、予定通りやってきます。

 

犬心と言うサプリはクッシングのワンちゃんにはおススメなサプリなので、試してみてください。

少しでも、可愛い愛犬の症状を遅らせるために。

➡「犬心」ドッグフードの口コミとクッシングのワンちゃんの事