15歳老犬ポメのぷぅちゃん天国へ

このブログを書いて100記事。

 

うちの老犬ポメの体の参考にもなるかなと調べては書いていましたが、

 

6月15日の朝、15歳のポメラニアンのぷぅちゃんは亡くなりました。

 

朝7時に気が付いたときには、まだ温かかった。

 

でも看取ってあげられなかったんです。

 

後悔ばかり。

 

悲しみ、ペットロス。

 

うちのぷぅちゃんが亡くなって半日経ちましたが、悲しみは深まるばかりです。

 

今までの病気は、クッシング、変形性関節炎、腎臓、膿皮症、副腎に腫瘍、今回は肝臓。

 

最近は力がないようで、ぐでっとしてました。

 

獣医さんに聞くと、腎臓の数値もかなり高いので相当だるいと思いますよと。

 

生きていても辛かったのかな。

 

今は苦しみから解放されたのかな。

 

虹の橋に行って、何も辛くない、痛くない、若いころのように思いっきり走れる・・・

 

そんなところに行ってるのね。

 

天国に行く前に虹の橋があるそうです。

 

そこはお花畑で、ペットたちがどこも具合など悪くなく楽しく過ごしているそうです。

 

やがて飼い主がそこに来て、一緒に天国に行くのだとか。

 

ペットロスになってしまってるけど、何とかいつか立ち直るときが来るのかな。

悲しいけど、辛いけど、頑張ります。

 

晩年?

ぷぅちゃんが薄くなった手足の毛も生え目やにも出なくなって、続けよう!

と思ったサプリはこれでした。

 

きっと免疫を高めてくれたんですね!

もっと早くから飲ませておけば良かったと後悔してます。

➡キングアガリクス100 ペット用は口コミから判断!どんなワンちゃんに飲ませたい?

ペットロスから3か月半、克服はまだ

まだ辛いです。

涙は相変わらず出てきますね。

いつもでかける時には、写真もお骨も毛も一緒。

この寂しさは死ぬまで続くのかなと思ったり。

とうとう私は心療内科に行ってしまいました。

でもね、息を引き取った瞬間は看取れなかったけどその瞬間は一緒にいられたから!

そう思ってます。