老犬(シニア犬)の衰えた足にマッサージをしてあげるといろんな効果があるのを知ってましたか?

 

人間もマッサージは気持ちいいですよね。犬も気持ち良いんです。それだけで免疫は高まりますし固くなった筋肉もほぐれます。弱った老犬の足だけではなく顔や首・肉球にもマッサージ!

 

老犬へのマッサージはどんな良いことがあるのでしょうか?またどのようなやり方がワンちゃんにとって心地よいのでしょうか?

 

老犬のふらついた後ろ足にマッサージをしよう!

なぜマッサージが良いかと言うと、血行が良くなって血の巡りも良くなり固くなった筋肉もほぐれ足に柔軟性が出るためです。

温湿布やストレッチも老犬にはおすすめです

老犬の弱った脚にはマッサージと温湿布とストレッチで悪化させない

マッサージの仕方は難しいんじゃない?

 

犬のマッサージの本が売っているようですが、買うほどのこともないのでは?とにかく、ワンちゃんを気持ちよくマッサージすること。

 

マッサージをして筋肉が柔らかくなれば、ワンちゃんも心地いいんですよね。

 

手足を屈伸させたり凝っていそうな部分をクルクルまわすイメージでOKです。マッサージをして筋肉が固まらないようにすることが大事ですね。

 

何となくイメージができますよね。特に難しく考えなくていいと思います。さする、圧をかける、マッサージをするイメージですね。強すぎない圧をかけて行うと良いようです。

老犬の足がふらついたら自宅ケアは大事です。

老犬の弱った足腰には関節サポートのサプリと自宅ケア

いつマッサージをしたら良いの?

マッサージは気が付いたときでも良いのですが、特に朝や寝起きは筋肉や関節が固くなりがち。ですので一日の始まりにワンちゃんにマッサージをしてあげると良い一日の始まりになりそうですね。

マッサージのついでにストレッチも

ストレッチをすると、柔軟性も高まります。うちのぷぅちゃんには後ろ足を特に気にかけてやってます。関節の可動域も狭くなっている老犬にとってストレッチはとてもいいですね。伸ばしたり縮めたり簡単なことしかやってません。

 

マッサージやストレッチの場所

後ろ足のほかに、肉球のあたりもやると良いのだそうです。足の指もすべて軽くつかんで伸ばしたり元に戻したりして屈伸させます。

 

肉球をぷにゅぷにゅするのがうちのぷぅちゃんは大好き。朝一の散歩から帰ってくると、まずは手足を洗い綺麗に水分を拭き取った後ワセリンを塗ります。

 

ワセリンを塗るときについでに肉球マッサージとストレッチ。

 

そのほか老犬はお尻も小さくなって来ます。これは筋肉量が減ったためですね。のの字を描くようにさすってあげるだけでもいいと思います。

 

首も垂れてきます。いつの間にか下を向いて歩くようになってませんか?頭の位置がもう少し高い位置にあったはずなのに。

 

首の筋肉も減って肩・首こりも老犬には出てきます。そのあたりも優しくマッサージをして筋肉をほぐしてあげるとワンちゃんはきっと気持ちいですよ。

 

顔の筋肉も凝ってます。人間も老化により顔の筋肉が凝ります。疲れても顔の筋肉はぎゅっと固くなります。見た目はわからないのですが、首・肩・顔・耳周りも優しくマッサージをして血行促進してあげると老化は遅らせることができます。

老犬へのマッサージの効果

老犬のクリニックでもリハビリの一つにマッサージをするところもあります。マッサージによって筋肉が緩み体を動かしやすくなる効果があるのだそうです。筋肉が硬縮してしまうと足腰に自由が利かなくなり、だんだんとワンちゃんも歩きたがらなくなります。

 

そうならないためには筋肉をいつも柔らかい状態でいることが大切なんです。筋肉は固くなり疲れているのでマッサージやストレッチで少しでも老化を遅らせてあげたいですね。